イタリア人に学ぶ!イタリア車との正しい付き合い方とは?

イタリア車はなんといっても個性的!

フェラーリ

イタリア車の魅力。

それはなんといっても個性的なデザイン!イタリア車といえばフェラーリ、フィアット、アルファロメオにランボルギーニなど個性的な車ばかりです。

日本車はどちらかというと白物家電のように使いやすさを重視した工業製品になっていますが、イタリア車は車自体の存在をアピールするデザインになっています。そこには古代ローマ時代から続く長いイタリアの歴史が深く関わっています。

イタリア車のデザインはよく「美しい」と表現されますが、その「美しさ」の中には彫刻的な美しさがあると言われています。ただ単に四角い、丸いといった外観だけのデザインではなく、芸術品などにみられる「内からみなぎってくる力」を感じることができます。

このイタリア車ならではの「内からみなぎってくる力」というのは、他の国が模倣しても真似することはできないオリジナルなものでイタリアの長い歴史を通して形作られてきたものです。これはイタリア人ならではの国民性とも深く関わっていて、「人生を楽しむ」というイタリア人の姿勢からも伺えるものなのです。

イタリア車には"遊びゴコロ"がある

個性的なデザインの話にも通じることですが、イタリア車とは「遊びゴコロ」がある車とも言い換えることができます。

一般的に車とは壊れにくくて安全で使いやすい移動手段の一つという意識を持っていますが、イタリア人は楽しくなければ車じゃない!という意識を持っています。なので多少壊れようが扱いにくくても、乗っていて見ていて走っていて楽しい車ならオッケーなわけです。

これは陽気で細かい事は気にせず、明るく人生を楽しんでいるイタリア人の国民性によるものですね。そんな「遊びゴコロ」があるところが世界に数多くのイタリア車愛好家がいる所以でもあります。

イタリア車は壊れやすい?でもそこがまた魅力!

イタリア車は壊れやすいというのは昔からよく言われてきたこと。最近では以前に比べて壊れやすいというわけでもなくなってきましたが、やはり日本車などと比べると多少世話がかかります。

しかし、壊れやすいと言っても致命的な故障というよりは部品の交換サイクルが短いなどということがほとんど。きちんと整備していれば普通に乗ることができます。

しかし本当に大事なことはそういうことではありません!一般的に考えると機械は壊れないものと考えるのが普通ですが、イタリア人からすると機械は壊れるものと思っているので細かい所は気にしません。

また、イタリア人から言わせるとお気に入りの愛車は付き合っている女性のようなもの。付き合っている女性の欠点をイチイチ探すのではなく、女性の良い所を探して褒める。
愛おしい女性の欠点も可愛らしさの一部なわけです。

細かいところを気にしないイタリア人、カッコイイです。

イタリア人にとって愛車は恋人

イタリア人にとって愛車であるイタリア車とは愛する恋人みたいなもの。

ただ単に移動手段の一つとしてみなすのではなく、人と同じように付き合う姿勢はさすがイタリア人です。イタリア車はそんなイタリア人のように扱うべき車なのです。少々扱いにくくても、多少世話がかかってもお気に入りならとことん付き合う。

そんな恋愛みたいな素晴らしい経験ができるのが、イタリア車の一番の魅力なのかもしれないですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事