ランエボの後継車?RVRエボリューションが2016年発売される?

ランサーエボリューション(通称:ランエボ)とは?

ランサーエボリューションⅠ

ランサーエボリューションは、三菱の乗用車ランサーをベースに、ターボ化されたハイパワーエンジンを搭載するとともに、外装や内装も更にスポーツ仕様とした特別なモデルです。基本的にはMTモデルしか存在しなかったことからもそのスパルタぶりが伺えます(ただし、後半のモデルにはATモデルも設定されました)。

このランエボは、WRC(世界ラリー選手権)での優勝を目指していたこともあり、全時代において駆動方式は4WD。1980年代よりラリー競技に力を入れていた三菱自動車だからこそ、ランエボのような4WD+ハイパワーエンジンといったモデルが企画されたことは言うまでもありません。

RVRとは?

初代RVR。バックス・バニーが可愛いですね。

折しものRVブーム真っ只中の1991年にデビュー。2列シート、片側スライドドアといったこれまでにない斬新なスタイルで話題となりました。

そのため、仕様によってはこのタイプでは珍しい4人乗りも存在します。特にこの4人乗りは、後席のロングスライドシートが特徴であり、大人でも足を楽に伸ばせるほど。バックス・バニーが宣伝したモデルと言えば思い出す人も多いのでは?

その後、RVRは三菱のリコール騒動の果てに…

2代目RVR

好評だった初代のコンセプトを引き継ぎ登場した2代目RVR。このRVRは要望の高かった両側スライドドアを設定するなど、初代と比べリファインされていました。

しかしながら、初代と比べるといささか目新しさが薄れていたところに、追い打ちをかけるかのように三菱自動車のリコール問題が発生。その煽りも受け、販売台数の減少が止まらず、2002年に生産中止となりました。

次ページRVR復活!新型はいつ?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事