なぜランエボ・ワゴンは海外で人気なのか?その魅力とは?

第三世代目のランサー・エボリューションにワゴンがあったのは皆様もご存知のことと思います。この異色の「ランエボ・ワゴン」、海外でも人気のようでネット上でも、時折取り上げられているのを目にすることがあります。ランエボやランエボ・ワゴンが外国人のクルマ好きから見ると「クール・ジャパン」の最たるものなのだとか。

性能、サイズと価格のバランスは、たしかにこの日本車でなければ成し得ないものはあるかもしれません。今回は改めて、第三世代のランエボにあった「ワゴン」の魅力とはどんなところにあったのか、そんなあたりに注目して書き進めてみたいと思います。

Chapter
ワゴンボディにしたことであらゆることが丸く収まる?
日常と、非日常の同居がたまらない?!
どことなく大人っぽい、そこも魅力

ワゴンボディにしたことであらゆることが丸く収まる?

CT9W型”エボワゴン”。この第三世代のランエボはワゴン追加の他にも、5段オートマチックの追加などユーザーの間口を広げるような施策が取られた世代。基礎的な性能はすでに折り紙つきでしたから、ランエボの更なる進化のカタチとしてイージードライブやユーティリティの確保など、それまでとは異なった方向性や可能性を追及されたのが、このモデルの特徴と言えるでしょう。

見た目は「ランサー・ワゴン」に酷似しているものの、骨格構造はエボ専用のものとされ、どちらかというとランサー・ワゴンをベースに作り上げられたというより、ランエボ「セダン」のシャシーや骨格にワゴンボディを溶接したような作りなのだとか。ワゴンボディから新規に開発するよりそちらのほうが早かったということなのでしょう。どこかこのあたり、R33スカイラインGT-R4ドア版にも、似た生い立ちのようにも見えます。

ワゴンボディはスポーツモデルとして車体剛性に劣るという定説はありますが、エボワゴンは上記のような構造を持つことに加えて、リアゲートへのスポット(溶接)増しなどにより十全な剛性を確保。また、元来フロントヘビーな構造だったことから、後方により荷重の嵩む構造体ができたことでむしろ重量バランスが改善され、ハンドリングにおいてはセダンより好ましいという声もあるほど。レースの世界では空力特性もセダンより良好で、直線スピードではこちらのほうが上という現象も。

あらゆる点で、ワゴンというボディを身につけたことで、ネガティブよりポジティブな面をより引き出したと言えるのが、このエボワゴンだったということのようです。

次ページ
欲張りなところ、そこがいい!