三菱のデボネアをあのAMGがチューニングした理由とは?

三菱 デボネアってどんなクルマ?

三菱 デボネア1992

まずは三菱 デボネアについて、説明を進めていきましょう。

デボネアは、トヨタのクラウンや日産のセドリックと同じような高級セダンをコンセプトとして開発されました。生産は1964年から1999年まで。しかし、クラウンやセドリックのように、メジャーな高級セダンとしてのポジションを確立できたとは言い難く、最後まで三菱グループの重役専用車としての域をでることはありませんでした。

そんなデボネアですが、モデルチェンジを受けながら35年近く製造された歴史ある車種でした。特徴として、クラウンやセドリックは高級車のステータスのひとつであるFR駆動を採用していましたが、2代目以降のデボネアではFFの駆動方式が採用されているのです。

FFの特徴として車内空間を広く取れることが挙げられますが、同時に高級車には欠かせない”スペシャリティ”という要素を落としてしまったのも事実でした。

次ページデボネアAMGとは?

この記事をシェアする

最新記事