29万kmを2万kmに改ざんした会社役員ら逮捕!走行距離改ざん車や事故車を見分ける方法とは?

現車を見ないで買える故のトラブル

中古車

現在ではインターネットオークションでの売買が盛んで、現車を確認せずに購入するケースが増えています。それ故に、届いてから「なんだこれは?!」というトラブルも増えているそうです。

20万km以上走っている過走行車なら、現車確認で走行距離が2万kmではないことが各部のヤレ具合から分かるはずです。しかし、ネットの写真だけでは、プロでも判断ができないと言います。

まず、走行距離改ざん車両についての注意ですが、これに関しては2つのケースが想定できます。

1.事故や故障によるメーター交換等
2.意図的な改ざん(メーター戻し)

中古車で意外に多いのが、1番目です。出品者がメーカー交換ありという事実を伝えていれば何の問題はありません。メーター交換前で~km、現在のメーターで~km、ということを購入前に把握できれば良いのです。オートオークション会場に出る車両には、こうしたケースの場合、かならず出品票に記載があるものです。

ただし、そのクルマが人手に渡り、ネットオークション等に出品する際にその事実を隠してしまうと、次の購入者は知りえない情報になってしまいます。これは意図的改ざんと同様です。「事故歴・修復歴」に関しても同じ事がいえます。

では、どういった点をチェックすれば見分ける事ができるのでしょうか。

次ページ車検証や記録簿、車内の残置ステッカー類をチェック!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事