“アルファ4C”はデザイナー、マッコリーニの思い出がベース?

”アルファ4C” デザイナー、マッコリーニ氏の源流を探る

アルファロメオ 4C

2013年に市販化された『アルファロメオ 4C』

そのエレガンスなエクステリアをデザインしたのは、かの有名なイタリア人デザイナー、マッコリーニ氏です。

まずは、その斬新なデザインで人々を魅了し続けるマッコリー二氏に注目してみましょう。

父が乗る”アルフェッタ GTV” の影響

マッコリー二氏の父親は大のクルマ好きで、特にアルファロメオの大ファンだったそうです。

父が愛した『アルフェッタ GTV』を間近に見て育ったマッコリーニは、アルファロメオの洗練されたデザインに感銘を受けたとのこと。現在のデザインのルーツは幼少期の父のクルマだったんですね。

『アルファロメオ4C』にはマッコリーニ氏による多くのこだわりが組み込まれています。

風の流れを生み出す流線型のボディ、存在感のあるヘッドライト、スタイリッシュにまとめられたフロントマスク。何より車体全体が流動的で滑らかな印象を受けます。

アルファロメオはイタリア・ミラノのロンバルディア地方で生まれた自動車会社です。マッコリーニ氏にとって、『アルファロメオ4C』は非常に思い入れが強いクルマなのではないでしょうか。


ただただ見とれてしまうマッコリー二氏デザインの『4C』いかがでしたか?

昔流行ったクルマと新車のデザインを見て比べるのは非常に楽しいです!!

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事