受け継がれた"86"という名前。トヨタ86とAE86に共通点はあるのか?

1.FRである点

トヨタ ハチロク

AE86の時期でカローラ&スプリンターファミリーはほぼFF化されたのだが、2ドアクーペのレビン&トレノだけは「スポーツ性の強いクルマにはコントロール幅の広いFRが向く」、「モータースポーツで初めから戦闘力を持つため、新開発された4A-GEエンジン以外は先代を継承した」という今になるとラッキーな偶然により、AE86はFRで生産され、今でも愛されている。

86&BRZにもFRである点は引き継がれ、もちろん現代は「FRならよくてFFはダメ」という時代ではないにせよ、FRのAE86、86&BRZはアクセルオンでのテールスライドに代表される広いコントロール幅を備え、リア駆動ならではの運転する楽しさを持っている。

2.チューニングのしやすさ

FRの要素を持つ楽しいクルマだけに両車販売台数もキープされ、販売がキープされればアフターマーケットの動きも活性化するという好循環で、量産車のような数のアフターパーツが発売され、今ではどんな仕様のクルマも作れるほどだ。

またFRのNA車という比較的シンプルなクルマだけに、86&BRZも現代のクルマとしてはお店などに任せずオーナーが本人や仲間と触りやすいというのも両車の共通点だ(一部で「86という車名のプライベーターも多いクルマで、プラグ交換も大変な水平対向エンジンなのはどうなの?」という意見があるのも分からなくはないが)。

3.モータースポーツでの活躍

そういったクルマだけに両車レース、ラリー、ジムカーナ、ドリフトなど、幅広い分野のモータースポーツで活躍している。

特にトヨタ86は時代の変化もありワンメイクレース、TGRラリーといったクローズドコース専用車ではないナンバー付車両を使ったモータースポーツへの間口を広げた点も大きな功績だ。

4.日常性の高さ

AE86、86&BRZともにスポーツカーではあるが、非現実的な価格ではなく、「クルマはこれ1台」というユーザーが多いクルマである。

そういったスポーツカーには一定の実用性があって欲しいが、AE86は意外に広いリアシートと広いラゲッジスペースを備えていたのと同様に、86&BRZもAE86ほどではないが使えるリアシートとラゲッジスペースを持ち、86&BRZはしばらくなら4人が乗れ、自車のタイヤが4本載るくらいの荷物も積める。

この点は日常だけでなく、意外に荷物が多くなるサーキット走行に行く際などにも非常に有難い。

またランニングコスト(クルマが走るための費用)も燃費は技術の進歩もあり両車ほぼ同等、タイヤ代は86&BRZの方が高いのは当然ながら、スタンダートなグレードの純正サイズであれば流通の多いものなので現代のスポーツモデルとしては安い部類に入り、ランニングコストが過度な負担にならない範囲なのも両車共通している。

そんなクルマだけに筆者は、AE86は当時の筆者には大きな修理代が掛かるトラブルがあり半年で処分してしまったが、86はすでに3年以上飽きずに乗っている。AE86も今になると当時の筆者に人並みのお金があったら、手を加えながらそれなりの期間乗っていた気もする。 

幸い現行モデルの成功で86&BRZは次期モデルもあるようなので、86&BRZには日本の自動車文化の持続のためにも末永く存続してもらい、86&BRZの1クラス下のリア駆動車の登場も願いたい。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives