ハスラーのインパネ|全4種類のパネルカラーを画像で比較

ハスラー画像0007

SUVテイストの軽自動車ハスラー(Hustler)は、街乗りにも
アクティブレジャーにもピッタリのクルマという事で、大ヒットしていますね。

このクルマの特徴と言えば、エクステリア・見た目だけではなく、
内装・インテリアもカラフルでオシャレなこと。

そして、ハスラー(Hustler)はボディカラーにあわせて全4色の内装・
インパネデザインを用意しています。

そんなハスラー(Hustler)のインパネのデザイン&カラーを紹介していきます。

※2015年102月9日の記事です。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ

標準車のインパネカラー その2:ホワイト

また、ハスラー(Hustler)の標準モデルでは、オレンジ色のインパネの他に
ホワイトのインパネも用意。

ハスラー(Hustler)の標準モデルのホワイトのインパネは、このような
デザインになっています。

また、ドアの内側パネルもこのようなデザインになっています。

オレンジ色のインパネに比べて、さわやかな雰囲気がありますね。

ちなみに、このホワイトカラーのインパネは、
標準モデルのオレンジ以外のカラー全部に採用されています。

なので、人気のサマーブルーメタリック×ホワイト2トーンルーフや、
フェニックスレッドパール×ブラック2トーンルーフなどを購入すると
このようなホワイトのインパネになります。

ホワイトカラーのインパネも実際に見るとキュートなだけでは無く、
飽きのこないデザインで良いのですが、個人的にはもう少しボディカラーに
マッチしたカラーを用意してもらいたかったです。

ハスラーのインパネのデザイン比較:特別仕様車編

また、2015年1月に発売されたハスラーの特別仕様車”J-STYLE(Jスタイル)”では、
標準モデルと異なるインパネのカラーを3種類用意。

それぞれのインパネカラーはこのようになっていました。

<次のページに続く>
次ページ
特別仕様車のインパネカラー その1:レッド
商品詳細