2016年にマイナーチェンジしたハスラーの3つの注目点とは!?

ハスラー画像0065

東京モーターショー2015にハスラー(Hustler)の特別仕様車
Jスタイル2(J-Style2)の発売が注目を集めていますが、標準モデルも
マイナーチェンジをする予定みたいですね。

ダイハツから発売された競合車のキャスト(CAST)が発売された事が
影響しているのかもしれませんが、マイナーチェンジをしてくれるのは、
嬉しいですよね。

まだ詳細までは明らかになっていませんが、私が教えて貰った範囲で
ハスラー(Hustler)のマイナーチェンジ2016の変更点・注目ポイントを紹介したいと思います。

※今回の変更点は、ディーラーさんなどから聞いた情報をまとめた情報です。
確定情報では無いので、予めご了承ください。

※2015年11月9日の記事です。

Chapter
注目点1:新しいカラーバリエーションの追加
注目点2:シートのデザインがオシャレに!?
シートの縁のステッチはそのまま!
注目点3:Sエネチャージ登載のターボ車が登場!?

注目点1:新しいカラーバリエーションの追加

今度行われるハスラー(Hustler)のマイナーチェンジ2016では、
新色が追加されるようです。

何色追加されるかは聞いていないのですが、東京モーターショー2015で
出展されていたこの明るいライトグリーンカラーは、新しいカラーとして
追加されるようです。

今回追加が噂されているライトグリーンは、競合車ダイハツのキャストにも
用意されているカラー。

ただ、ハスラー(Hustler)に追加されるライトグリーンを実際に見た幹事では、
キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)よりもメタリック感が無く、落ちついた
良いカラーだと思いました。

また、それ以外にも東京モーターショー2015では特別仕様車Jスタイル2モデル
として出展されていたイエローも追加されるようです。

実際にイエローカラーは、このようになっています。

こちらも濃いイエローでなかなか良いカラーだと思いました。

ちなみに、東京モーターショー2015にいたスズキのスタッフの話によると、
ハスラー(Hustler)の標準車のイエローでは、インパネのカラーもイエローに
なるようです。(コチラも噂ですが・・・)

今回の東京モーターショー2015では、このようにブラックとホワイトカラーの
インパネしかありませんでしたが、イエローの内装も楽しみですね。

ちなみに、東京モーターショー2015に展示してあったグリーンのハスラーの
内装色・インパネカラーは、このようにホワイトでした。

個人的はグリーンのインパネカラーも見たかったです・・・。

注目点2:シートのデザインがオシャレに!?

また、ハスラー(Hustler)の標準モデルのマイナーチェンジ2016では、
シートのデザインも大幅に変わるようです。

今回東京モーターショー2015で展示してあったハスラー(Hustler)の
標準モデルのシートは、このような感じ。

今までのシートと異なり迷彩柄ッぽいデザインになり、よりワイルドな感じに・・・
ちなみに、こちらが現在発売されているハスラー(Hustler)のシートのデザイン。

最初ハスラーの標準車を見た時シートのデザインのデザインが全く違ったので、
コレって発売予定のないコンセプトモデル!?と、思ってしまうくらい室内の
雰囲気が全く異なりました。

今度行われるマイナーチェンジ後のモデルの方がよりオシャレなデザインに
なっているように感じました。

両方のモデルを見た私個人の好みを言えば、マイナーチェンジ後のモデルの方が
シートデザインは、圧倒的に良いと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
シートの縁のステッチはそのまま!

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ