ISOFIX対応のチャイルドシートおすすめ6選!ISOFIXとシートベルト固定の取り付けの違いについても徹底解説!

チェイルドシート(ISO-FIX)

チャイルドシートには、車のシートベルトで固定する従来のタイプと、車(後席の背もたれと座面の間)に装備されたISOFIX金具に、チャイルドシート側の金具をガチャっとはめ込んで取り付けるタイプの2種類があります。また、ISOFIX専用タイプもありますが、ほとんどはISOFIXとシートベルトと両方で装着できるようになっています。ISOFIXか?シートベルト固定か?取り付け方法の違いによって、どんなことが違ってくるのかについて解説します。また、CarMe編集部が調査したISOFIX対応のチャイルドシートのおすすめ6選もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

文・加藤久美子


Chapter
ISOFIXは取り付けが簡単で確実。安全性なら断然ISOFIX!
ISOFIXが装着できる車と出来ない車はどこで見分ける?
注意!アメリカ製のISOFIXは使用不可
これから買うならISOFIX対応のチャイルドシートがおすすめ
CarMe編集部厳選!ISOFIXチャイルドシートのおすすめ6選
1.アップリカ「フラディア グロウ ISOFIX 360°セーフティー AB」
2.コンビ「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」
3.LETTAS「チャイルドシート 360°」
4.ジョイー「i-Arc360°」
5.レカロ「サリア」
6.エールベベ「クルット 6i グランス」

ISOFIXは取り付けが簡単で確実。安全性なら断然ISOFIX!

車のシートベルトを使って取り付けるチャイルドシートは大変面倒でガッチリつけるには力とコツが必要です。とくに、回転する機能やベッドにできる機能が付いたものは非常に煩雑で時間がかかります。

時間や手間がかかっても正しく装着されているチャイルドシートはごくわずかで、ベルト固定のチャイルドシートはほとんどがガタついたり、向きが違っていたり、誤った装着がされています。

一方、ISOFIXのチャイルドシートは、車に標準装備されているISOFIX金具(ISOFIXバー)に、チャイルドシートに装備されたISOFIXの金具をはめ込むだけで確実に装着が完了しますので、誰でも時間も手間も掛からずチャイルドシートの取り付けができます。

ISOFIXが装着できる車と出来ない車はどこで見分ける?

ISOFIXの金具は2012年7月以降に発売された新車であれば全車(後部座席)に標準装備されています。しかし、それ以前の車であっても金具がついている場合もあります。

国産車では、2009年頃に発売された乗用車やミニバンから、ISOFIX金具の標準装備が始まっていますので、取扱説明書を確認するか、ディーラーや自動車メーカーのお客様相談室に聞いてみることをお薦めします。また、チャイルドシートメーカーの公式サイトにて「車種適合」の確認ができますので、車検証を見ながら車名や年式、型式番号などを入れて確認してみてください。

ISOFIX金具が車に装備されていても、取り付けができない場合もあります。例えば、チャイルドシートのサポートレッグが車のシートレールに干渉したり、稀ではありますがチャイルドシート側のISOFIX金具が短くて、車側の金具に届かず取り付け付加になったり…。ベルト固定の場合も、必ず車種適合を確認しましょう。

<次のページに続く>
次ページ
注意!アメリカ製のISOFIXは使用不可

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部