2023年1月22日〜3月17日 高知県高岡郡四万十町 松葉川温泉を舞台とした『NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO〜食と自然と温泉に浸る、泊まれるアートフェア〜』

2023年1月22日〜3月17日 高知県高岡郡四万十町 松葉川温泉を舞台とした『NIGHTTIME ART FAIR,…

地域資源を最大限に活用し、経営・マーケティング支援を通して新しいカルチャーをつくる株式会社ニューソンアンドカンパニー(本社:京都府、 代表取締役:細川哲星)は、アートの企画・編集を行う合同会社田尾企画編集室(本社:東京都国分寺市、代表取締役:田尾圭一郎)、四万十の奥座敷「ホテル松葉川温泉」を運営する株式会社あぐり窪川(本社:高知県高岡郡四万十町、 代表取締役:森武士)と連携し、高知県高岡郡四万十町のホテル松葉川温泉にて、2023年1月22日(日曜日)〜2023年3月17日(金曜日)にナイトタイムを活用した「NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO〜食と自然と温泉に浸る、泊まれるアートフェア〜」 を開催いたします。

NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO

  • NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO概要
【企画背景】 
昨今、自分らしい生活やプライベートの充実を目的にアート作品の購入が注目され、東京や大阪、京都といった都市部を中心にアートフェアが開催されています。しかしその多くはアートコレクターや有識者向けに行われており、一般の生活者には参加しにくいものとなっています。本企画は、ホテル松葉川温泉の宿泊客を対象に夜間に開催される“泊まれるアートフェア”です。ゆったりと自分のペースで作品に向き合い、作品の魅力や背景を知り、そして地域の観光資源でもある四万十の食や森林散策、温泉を満喫しながら、愛着を感じる作品を購入していただく。そのために、リラックスできる夜間を中心に開催されます。 地域とアートの新しい体験をぜひお楽しみください。

【企画名】
NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO  〜食と自然と温泉に浸る、泊まれるアートフェア〜 

【期間】
1月22日(日)~3月17日(金) 10:30~22:00 
※20:00以降は宿泊者のみお楽しみいただけます

【場所】
ホテル松葉川温泉(高知県高岡郡四万十町日野地605-1)  

【出展】
AB salon / アトリエM / kadumi / KATHMI / 木村孝 / 黒岩悠史 / 三木 祐子+金崎 亮太 studio ART MANAGEMENT / 宮木玄酔 / Schkaaa / 山浦のどか など(現代アート、写真、デザイン、デジタル、民藝など12のギャラリー/アーティスト)

【レセプション (メディア向けイベント)】
日程:2023年1月22日(日)
16:00〜16:10:ご挨拶と企画概要の説明
16:10〜16:15:四万十町からご挨拶
16:15〜16:20:フォトセッション(四万十町、アーティスト、ギャラリー、ホテル運営、企画運営)
16:20〜17:00:アート作品のご紹介
17:00〜18:00:SHIMANTO Sauna 体験 / 温泉
18:30〜21:00:夕食
21:30〜22:30:NightTime MindFull Tral Tour
※最終バスが18:17松葉川温泉発(窪川行き)日帰りの方は乗り遅れないようお願いできれば幸いです。
※展示のご紹介の際に、地域の焼酎、ノンアルコールなど含めたおつまみのご提供を予定しております。
※ご宿泊をご希望される方は、お申し込み時にお知らせください。宿の宿泊状況の関係でお泊りいただけないことがあります。あらかじめご了承ください。

【チケット】
・ご予約はホテル松葉川温泉のWEBサイト( https://www.matsubakawa.jp/ )にてお願いいたします。
・日中は日帰り温泉をご利用の方、20:00以降はご宿泊のお客様(どのお部屋にお泊りいただいても本イベントにご参加いただけます)に限定させていただいております。
・期間中のイベントは下記WEBサイトよりお申し込みください。
【WEBサイト】https://nighttime-artfair.com/
【主催】NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO実行委員会
【運営】合同会社田尾企画編集室、株式会社あぐり窪川、株式会社ニューソンアンドカンパニー
【後援】四万十町役場
 
  • 参加ギャラリーやアーティスト

AB salon ダー・カシンスキ

AB salon ダー・カシンスキ
ダー・カシンスキと田尾圭一郎によるアートディーラー・ユニット。ダー・カシンスキーは、ベルギーのアントワープ大学でデザインを学んだ後、ベルギーでアートギャラリーを運営し、2018年に来日。様々なプロダクトを生み出すデザイン事務所「アントワープ合同会社」と、福岡の中心部にあるアートギャラリー・イベントスペースの代表を務めている。田尾圭一郎は、アートの企画や編集・コンサルタントを行う「田尾企画 編集室」代表。美術出版社「美術手帖」ユニットにて企業や自治体とのアートプロジェクトの企画、地域芸術祭の広報支援、雑誌・書籍の編集、展示企画などに携わる。2022年に独立し現在に至る。今回、AB salonは複数の分野と素材を同時に扱うデンマーク人アーティスト、レベッカ・ラズボシッツを招聘。プリント作品と、彼女の拠点でもあるコペンハーゲンにあるコミュニティスペース「アブサロン」のブランドブックを販売する。
 

山浦 のどか

山浦 のどか
1990年東京都生まれ。東京造形大学グラフィックデザイン専攻卒業。2020年に四国の徳島県へ移住し、現在アワガミファクトリー勤務/阿波手漉き和紙と藍染和紙の製造に携わっている。「心が動くものは、光に魅力が宿っている。」という持論の基、アーティスト活動中。数年前に和紙という素材に出会ったことで、“タイムレス”という言葉が気になっている今日この頃。空を見上げた時に出会う青と光の調和、日本の青と代表される藍色との融合。かけがえのない感情やひと時を過ごせますように。
 

 

木村 孝


木村 孝
愛媛県生まれ、在住。gallery176(大阪)メンバー。「泳ぐセミ」では、川で泳ぐセミを見た経験をモチーフに、感覚、知覚、認識、そして変遷について考えをめぐらせています。Uttarayan Art Foundation 滞在制作(インド、2018)、個展「ライフ・コレクション・イン・ニュータウン」(銀座・大阪ニコンサロン、2020)、第24回写真「1_WALL」展(Guardian Garden、2021)、第2回 PITCH GRANT 受賞(2022)、CTypeMag Open Call “Memory” ファイナリスト(タイ、2022)など。
 

三木 祐子+金崎 亮太 studio ART MANAGEMENT


三木 祐子+金崎 亮太 studio ART MANAGEMENT
三木 祐子(作曲家/ピアノ)と金崎 亮太(電子音響音楽家/コンピューター)により2011年に結成、2012年初演。
「ヒトが静寂から見つけ出した音楽は、どのような響きを持っているのだろう」という、一つの疑問に対し、ピアノとコンピューターという現代的な解釈と方法により演奏会やインスタレーション作品の発表をおこなっている。

初演以降、積極的に共同制作も展開し、美術作家、映像作家、照明美術者、身体表現者などとの作品も多数手がける。近年は、金崎がディレクターを務め、CGモデラーやプログラマーから構成されるstudio ART MANAGEMENTと連携して、ARやVRなどのメディアアート作品の発表もおこなう。
 

  • 期間中の開催イベント
アート作品の販売に加え、食・自然・温泉といった冬の四万十に癒されながら、トークイベントや星空鑑賞&森林散策、サウナなど冬の四万十を満喫する特別体験イベントにご参加いただけます。1月22日から予約を開始いたします。2日前までにHPにて事前予約にて参加可能です。イベント開催日程は以下です。

 2月:2/19(日)、2/20(月)、2/21(火)、2/24(金)、2/26(日)
 3月:3/12(日)、3/13(月)、3/14(火)、3/17(金)
 

  • 会場:ホテル松葉川温泉について
会場となるホテル松葉川温泉は、日本最後の清流「四万十川」の源流のひとつ、日野地川が流れる、高知県四万十町の山里にある温泉宿です。ヌルヌルとした泉質が特徴で、湯冷めしにくく効能の多さから、万病に効く霊泉といわれ、江戸時代にはすでにその名が知られていたという歴史があります。

山里の宿ですので、周囲には何もございません。しかし四季折々の表情豊かな山々、渓谷、そして何といっても都会の喧騒を忘れさせてくれる、美味しい空気と美しい夜空の星があります。そして、清流で育った「四万十鰻」「子持ち鮎」「仁井田米」など四万十ならではの食材を活用したお食事もご堪能いただけます。

四万十の奥座敷「ホテル松葉川温泉」で最良のひとときをお過ごしいただき、心も身体もリフレッシュしていただけますよう、従業員一同、気配り・心配りの気持ちを大切に、おもてなしの心でお待ち申し上げております。

日本最後の清流「四万十川」の源流のひとつ、日野地川を眺望できる温泉

  •  運営コメント

NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO実行委員 田尾圭一郎

都市部のアートフェアや百貨店を筆頭に、日本のアートマーケットが活気を見せています。企業による販売やレンタルのサービスも散見されるようになってきました。しかしそれでも、アートのコレクションがまだ一部の限られた人たちだけのもののような印象を拭えないのは私だけでしょうか。

西洋美術や現代美術を中心にアートは非日常体験を私たちに提供してくれますが、日本人にとって芸術は、日本美術や民藝のように四季を感じ生活を彩る、日常に愛でるべきものでもありました。「NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO」は、地域の豊かな自然や冬の味覚、温泉といった地域観光とアートのコレクションを結びつける体験です。地域芸術祭のような集客型イベントが課題を抱える今日に、日本人らしい地域×アートの新しいモデルを提案します。

田尾圭一郎
1984年千葉県生まれ。合同会社「田尾企画 編集室」代表。アートの企画・編集・コンサルティング/2006年、国際基督教大学卒業。博報堂を経たのち、美術出版社「美術手帖」ユニットにて企業や自治体とのアートプロジェクトの企画、地域芸術祭の広報支援、雑誌・書籍の編集、展示企画などに携わる。2022年に独立し現在に至る。主な著書に『スウェーデン/Sverige』。主な寄稿に『Localisession』『アートシーンを支える』『アート・イン・ビジネス』。
 

  • 2023年1月22日レセプションのお申し込みついて
以下お問い合わせフォームよりご連絡ください。

<お申し込みフォーム>
https://nighttime-artfair.com/#contact
お申し込み締め切り:1/22(日)12:00

お問合せ内容欄に「所属先企業」「発信媒体のURL」「現地参加・オンライン参加」「参加人数(ご本人も含む)」「カメラ(スチーム・ムービーの有無など)」「その他、ご質問事項やご確認事項」「滞在予定時間」などをご記載くださいませ。
 
  • NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO実行委員会
●企画/プロデュース:株式会社ニューソンアンドカンパニー、合同会社田尾企画編集室 
●会場運営:株式会社あぐり窪川
●後援:四万十町役場

【本リリースのお問い合わせ先】 
NIGHTTIME ART FAIR, SHIMANTO実行委員会
 TEL: 070-4455-8765
 E-mail: nighttimeartfair@gmail.com
https://nighttime-artfair.com/#contact
 営業時間10:30~19:00(土日祝、年末年始除く)

Source:
nighttime-artfair.com
商品詳細