ヒューズが飛んだ!そもそもヒューズとは?切れた時はどうすればいい?

ヒューズ

「ヒューズが飛ぶ」とはヒューズが切れることを意味します。そもそもヒューズは何のためにあるのでしょうか?切れる恐れがあるのなら、はじめからヒューズなんて採用しなければいいのでは?と思う方もいるかも知れませんが、ヒューズには電気回路を保護する重要な役割があるのです。ではヒューズが切れてしまったらどうすればいいのでしょうか?

Chapter
ヒューズとは?
ヒューズには決められた容量がある
ヒューズが切れてしまったら?
ヒューズの交換は難しくない

ヒューズとは?

車にはなぜ、ヒューズが存在するのでしょうか?切れたら交換が必要な余計なパーツと思っている人もいるかもしれませんが、ヒューズは電気回路や電装品を保護する重要なパーツです。

ヒューズとは決められた数値以上の電流が流れると切れるようになっており、通電を起こさないようになっているのです。つまりヒューズがない場合、規定以上の電流が流れてしまうと電装品自体のトラブルにつながるということです。

ヒューズがあれば、例え大きな電気が流れたとしても電装品までは電気が流れないので切れたヒューズの交換作業だけで済みます。小さいながらもなかなか侮れないパーツなのです。

ヒューズには決められた容量がある

一言にヒューズと言っても、低背ヒューズ、ミニ平型ヒューズ、平型ヒューズがあり、容量はここからさらに細かく分けられます。一般的な車に多いのは低背ヒューズという一番小さいタイプで、少し古いタイプの車であれば、ミニ平型ヒューズも見られます。平型ヒューズはこの3種類に中では一番大きく、やや古めのトラックなどに多く見れます。

電気回路はそれぞれ容量が決められており、それぞれの容量に合わせたヒューズを使用しなければなりません。容量の違いはヒューズのカラーで見分けることができます。(ヒューズ自体にも容量の記載はあります)

例えば、3Aなら紫色、5Aならオレンジ色となっており、ヒューズボックスを見たことがある人なら、様々な色のヒューズが使われているのをご存じだと思います。

<次のページに続く>
次ページ
ヒューズが切れてしまったら?