ホンダ S600にS800そしてS2000…ホンダの走りの起源はここに!「Sシリーズ」を振り返る

ホンダ S600

今回はホンダスポーツカーの起源、Sシリーズについてのお話です。オートバイを製造していたホンダが、初めて世に送った乗用車はスポーツカーでした。それがSシリーズです。

本田宗一郎氏の「既存メーカーと競合するより新しい需要を開拓すること、日本の自動車産業を国際的に通用させるためにはレースによる早期育成が必要で、そのためにはスポーツカーがいる」との判断から生み出されたモデルでした。そんな歴史を持つSシリーズを、振り返りながら見てきましょう。

Chapter
ホンダの四輪はここから始まった
「エスロク」の愛称で知られるS600
ホンダのS シリーズの最終形!「S800」
およそ30年の時を経てSシリーズ復活 「S2000」
Sシリーズの中古車事情は?

ホンダの四輪はここから始まった

S360とS500(AS280型)は、1962年の全日本自動車ショーで公開されました。しかし、後に販売されたのはS500だけで、S360は幻の車となってしまいました。

本格的なライトスポーツであるS500は、デザイン性の高さと優れた性能から若者の心を鷲掴みにします。印象的なボディの赤色は、当時の法律で規制されていたところを、ホンダが独力で許可を取り付つけたカラーでした。それだけでも、人々の目を惹くクルマだったことが想像できます。

しかし、S500の販売期間はわずか1年のみ。その理由は、後継機であるS600が1964年に発売したからです。

そして、このS600がホンダの未来を変えることになります。

「エスロク」の愛称で知られるS600

S500の排気量をアップさせて、”さらなる高性能”を目指したのはS600(AS285型)です。短い期間で更新されたこの2台の、具体的な変化はどこにあるのでしょうか?

一番の違いはやはり排気量アップによるエンジンのスペックの差です。S500の最高出力が32.4kW(44PS)/8,000rpmだったところをS600では41.9kW(57PS)/8,500rpmnに、最大トルクは45.1Nm(4.6kgm)/4,500rpmから50.1Nm(5.2kgm)/5,500rpmへと正統なパワーアップが見られます。

エンジン型式は変わらず水冷直列4気筒のDOHCですが、高回転まで伸びるところに2輪開発出身のホンダらしさがあります。最高速度は145km/hと、S500からは15km/h以上も伸びています。この最高速度は、倍以上の排気量を持つエンジンを搭載した他の車の最高速度と同等でした。技術の高さがなせる技です。

 ボディサイズは全長3,300×全幅1,400×全高1,200mm、ホイールベースは2,000mmと全く変わっていませんが、S600からはクーペモデルが追加されました。

そして、この車はモータースポーツ界にも進出します。小型ながらも他の車を圧倒し、ホンダの名を4輪の世界にも轟かせることになります。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダのS シリーズの最終形!「S800」