トヨタ 4代目ハイラックスサーフ(GRN215W/TRN215W/TRN210W型)の長所(メリット)は?

トヨタ 4代目ハイラックスサーフ(GRN215W/TRN215W/TRN210W型)は、大きな荷台を持つ日本では珍しいデザインで高い人気を誇るトヨタ ハイラックスの派生車種です。

本格的な大型SUVということもあり、近年のSUVブームなどから現在でも人気の車種となっています。

そんなトヨタ ハイラックスサーフですが、クルマとしてどのような魅力を持っているのでしょうか。今回は、最終型となる4代目ハイラックスサーフの長所を紹介します。

Chapter
トヨタ 4代目ハイラックスサーフはリアシート(後席)でも快適!
トヨタ 4代目ハイラックスサーフには充実の安全機能が!
トヨタ 4代目ハイラックスサーフのラゲッジルーム(荷室)は大きく使い勝手が抜群!

トヨタ 4代目ハイラックスサーフはリアシート(後席)でも快適!

トヨタ 4代目ハイラックスサーフは室内が広く、リアシートでも高い居住性を誇っています。

4代目ハイラックスサーフのボディサイズを見てみると、全長が4,770〜4,805mm、全幅が1,875〜1,910mm、全高が1,790〜1,805mmです。日本車の中ではとても大きなボディサイズとなっています。ボディサイズが大きければ、その分リアシートのスペースも広く確保することができます。

ボディサイズの大きな4代目ハイラックスサーフは室内のサイズも広々で、先代である3代目よりも少し大きく、室内幅や足元のスペースも広くなっています。

その結果、肩まわりや頭上のスペースには十分なゆとりを確保。足元にも広々としたスペースがあるため、ゆったりと足を伸ばすことも可能です。成人男性でもゆったりと座ることができ、窮屈さを感じません。

トヨタ 4代目ハイラックスサーフには充実の安全機能が!

2つ目の長所は、優れた安全装備が備わっていることです。ハイラックスサーフは2009年に販売が終了しているので11年も前のクルマではありますが、充実した安全装備が備わっています。

車両前方には補助確認装置、室内後方にはリアサイドビューモニターがついています。補助確認装置では車両の直前部と助手席側面といった、前方の安全を確認することができます。リアサイドビューモニターでは発進時に影に隠れた人や車の察知が可能。安心して発進することができます。

ブレーキにはEBD(電子制動力配分制御)付ABSとブレーキアシストを採用。急制動時や滑りやすい路面での車両安定性と操縦性の確保だけでなく、走行状況に応じた適切な制動力を配分してくれます。

ブレーキアシストは、ブレーキを踏み込む速度と量で緊急ブレーキを判断。それに基づいた力強い制動力を発揮し、万が一の緊急回避に大きく貢献してくれます。

また、ボディには衝突安全ボディ“GOA”が採用。衝突時に受ける衝撃荷重をできる限り吸収してボディの骨格全体に拡散し、キャビンの変形を最小限に抑えることで客室空間をしっかり確保します。

フロントシート(前席)にはトヨタ独自のWILコンセプトを取り入れています。後方から衝突された際には、背中がシートに沈み込むことで頭と背中を同時に支えてくれます。

このように、トヨタ 4代目ハイラックスサーフには万一の際にも安心の充実した安全装備が備わっています。これらの安全装備により、安心して運転を楽しむことができるでしょう。

トヨタ 4代目ハイラックスサーフのラゲッジルーム(荷室)は大きく使い勝手が抜群!

広い室内空間が実現されているトヨタ 4代目ハイラックスサーフですが、ラゲッジルームも大容量となっています。

ラゲッジルームの奥行きは通常時でも990mmと、しっかりとした奥行きが確保されています。4代目ハイラックスサーフの室内は横幅もあるため、そのままでもスーツケースやゴルフバッグを複数載せることが可能です。

ラゲッジルームはリアシートを倒すことで拡大も可能。ゆとりのあるリアシートのスペースがラゲッジルームへと様変わりします。ラゲッジルームを拡大することによる段差もほとんどなく、ちょっとした段差に困ることもないでしょう。

また、ラゲッジルームにはスペースを2段に分割できるダブルデッキがあります。2段に分割することでより便利に、様々な用途で活用できます。この他にもラゲッジルームには便利な収納スペースも備わっており、とても使い勝手の良いものとなっています。

レジャーなどでの活躍も多い4代目ハイラックスサーフ。これだけ使い勝手の良いラゲッジルームが備わっていれば、レジャーはもちろん日常での買い物でも大活躍してくれるでしょう。

今回紹介したように、トヨタ 4代目ハイラックスサーフにはいくつもの魅力的なポイントがあります。

レジャーやアウトドアでの活躍を想定しているクルマなだけあり、安全装備やラゲッジルームの広さはとても魅力的です。また、広い室内空間が確保されておりリアシートの快適性が高いのも嬉しい点です。

今回紹介したのは4代目ハイラックスサーフの魅力の一部。まだまだ多くの魅力が詰まっている1台ですので、実際に触れることで更なる魅力に気づくことができるでしょう。

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK