日本から撤退したサターン、その歴史や現在は?

かつて、日本に存在していたサターン。「ユーザー・ファースト」を武器に、一定の支持を得ましたが現在ではブランド自体が廃止、ほとんどその姿を見ることはありません。今回は、サターンの歴史や日本から撤退した理由について紹介します。

文・PBKK

Chapter
日本車に押されていた時代に登場
燃費や環境などに配慮し、手厚いサポートで支持を得ていく
日本から撤退、サターン自体も消滅

日本車に押されていた時代に登場

サターン1

1970年代以降、アメリカではオイルショックなどの問題から、より燃費性能の高いクルマが求められるようになり、その要望を満たす日本車に大きな注目が集まりました。燃費だけでなく使いやすい日本車は大きな人気を博し、アメリカ市場で大きなシェアを獲得しました。

そんな状況で、アメリカの自動車メーカーは、自分たちのクルマが売れにくい状況を打破すべく、日本車にも対抗できるようなクルマを作ろうと考えます。そして1985年、GM車が打開策として新ブランド「サターン」を設立します。

燃費や環境などに配慮し、手厚いサポートで支持を得ていく

サターン2

GM社は、アメリカ各地にサターン用のディーラーを新設しました。また、製造工場を本社のあるデトロイト州ではなくテネシー州の田舎に建設するなど、今までのGMとは一線を画す体制で販売網を築きました。

サターンブランドのクルマは燃費性能の高さに加え、ボディーに樹脂製素材を使用してヘコみ等の耐性を高めたりと、メンテナンスコストにも配慮した設計が特徴でした。また、サターンはその販売方法が大きな武器でした。

GM社は、サターン設立前に行った市場調査で「GM社のディーラーは高圧的で、女性が入りにくい」などの悪評が目立ったこと受け、ユーザーファーストを徹底し、「接客」を第一にします。

過度な声掛けをしないノンプレッシャー営業、値引き交渉せず公平に販売を行うワンプライス制など、当時の米国ディーラーでは類を見ない手法を続々と取り入れていきます。その結果、お客様に不快感を与えず満足してもらえる販売店作りが好評、市場で大きく成長していきました。

その後、日本でもサターン導入への声が高くなり、1997年からジェイアール東日本自動車販売やいすゞ自動車などがディーラーとして参加し、販売を開始します。燃費や環境などに配慮した作りや丁寧な接客スタイルは日本でも受けがよく、人気を得ました。

次ページ
日本から撤退、サターン自体も消滅