スーパーチャージャーってなに?ターボとの違いとは?

スーパーチャージャー HR12DDRエンジン

スーパーチャージャーとは過給機の1つ。ターボチャージャーと共にエンジンのパワーを上げるためのエンジンの補機類になります。そもそも過給機ってなに?っていう人もいるのでそこから説明しましょう。

文・CarMe編集部

Chapter
過給機とは酸素をエンジンに押し込む装置
ターボとの違い
スーパーチャージャーのメリット・デメリット

過給機とは酸素をエンジンに押し込む装置

過給機は、文字通りエンジンに過剰に空気を供給する装置です。

一般的に自然吸気(NA)のエンジンは、空気の自然な流れを利用して、シリンダーに空気(混合気)を取り込んでいます。このときの混合気の量が増えれば、シリンダー内でより大きな爆発力を得ることができ、高出力になります。

しかし、空気の流れる速度には限界があり、NAエンジンではそれを超えてシリンダーに空気を取り込むことができません。そのことから、NAエンジンでは排気量によって、出せるパワーがある程度決まってしまいます。

つまり、NAエンジンで大パワーを求める場合は、排気量の増加を余儀なくされ、エンジン自体が大きく重くなり、車両の運動性能をスポイルすることになってしまいます。

そこで空気を圧縮することで、エンジン排気量をそのままにより多くの混合気をシリンダー内に送り込むための装置が考案されました。それが過給機というわけです。

クルマにおける過給機の歴史は古く、1908年にアメリカのレース(バンダービルトカップ)に、過給機を装着したマシンがエントリーしたという記録が残っています。

ターボとの違い

ひとくちに過給機といっても、大きくわけてターボチャージャースーパーチャージャーの2種類があります。これは過給方法の違いです。

ターボチャージャーは、排気の流れを使ってタービンを回し、その回転を利用してコンプレッサー(空気を圧縮する装置)を駆動させます。

それに対しスーパーチャージャーは、機械的にコンプレッサーを駆動する装置です。スーパーチャージャーには、クランクの回転を利用して駆動させるものと、モーターで駆動させる2つの方法があります。

<次のページに続く>
次ページ
スーパーチャージャーのメリット・デメリット