欧州Dセグメントセダンが100万円台!? スズキ キザシで伝説、作る?

マニアックなレア車選びで最後にたどり着く「謎車」

キザシ

本来そうしたクルマを作るはずではないメーカーが、突然発売に踏み切ってしまったクルマ。それが「謎車」というものではないでしょうか。

そうしたクルマは数こそ多くはありませんが、レア車マニアや珍車発掘好きにはたまらなく魅力的です。

代表的な例として大衆車メーカーが凄まじい高級車を出して、顧客を困惑させる事があります。それがフォルクスワーゲン フェートンです。

VWグループの超高級車ブランド、ベントレーのコンチネンタル・フライングスパーと同じ6リッターW型12気筒エンジンを搭載。それなのに、外観は大きめのパサートにしか見えないので、「どう思う?」と友人に聞かれてもコメントに困るクルマです。

こうした謎車は、メーカーの身の丈によっても異なるもので、低価格車や軽自動車をメインにするメーカーだと、欧州Dセグメント(全長4,600~4,800mm、排気量2~3リッター)モデルでも十分に謎車の称号を手に入れることが可能です。

それがスズキ キザシというクルマでした。

なんの兆しも無く現れ、去って行ったキザシ

キザシ
キザシ
キザシ

キザシとはどんなクルマだったのか?

2007年9月、フランクフルトショーで初公開されて以来、同じ年の東京、さらに翌年のニューヨークとたて続けに、スタイルの異なる3台のコンセプトカーを発表。多くの関係者が、市場の反応を見ていると思いきや、2009年7月になんの兆しも無く、米国スズキから市販型が発表。日本では、同年の10月から販売が開始されました。

エンジンは、2.4リッターの直4 DOHC。ボディは、4ドアセダンのみで、サイズは全長4650mm×全幅1820mm×全高1480mm。

駆動方式は、FFまたは電子制御の“i-AWD”を採用した4WD。4WDモデルには、“i-AWD”と電動パワーステアリングを協調制御することで、クルマの挙動を安定させ姿勢変化を抑制する車両運動協調制御システムも備わっていました。

ライバルは、メルセデス・ベンツ CクラスやBMW 3シリーズ、フォルクスワーゲン パサート、アキュラ TSX(日本名アコード)など、欧州のDセグメント、米国ではミッドサイズと呼ばれるクラス。

そのため、キザシにはメモリー機能を装備した本革シート(フロントのみ)、9個のエアバッグ、フルオートエアコン、パドルシフト、自動防眩式ルームミラー、18インチアルミホイールなど、上級車種にふさわしい数々が標準装着されています。

国内向けはモノグレードで、新車価格はFFモデルが2,867,400円。4WDモデルが3,083,400円。この価格から見ても、十分に高級車の部類に入ります。

しかし、徹底的にエッジを排除したスタイリングは、威厳や大きさを感じさせず、写真で見る限りレクサス ISとほぼ同サイズだとは信じられません。

しかも、国内ではほとんど放置状態だったことや、没個性を狙ったとしか思えないコンサバなデザインなど「なるべく目立たないようにしよう」と考えていたふしがある不思議なクルマです。

Dセグメントセダン キザシなら良い中古車が100万円台!?

キザシ

なぜ発売したのか、どんな理由で販売が続けられたのか、まったく不明な「謎車日本代表」とも言えるキザシですが、Dセグメントの車格とボディサイズは、見栄を張るには最適です。

欧州Dセグメントを意識した走りの性能は、当時のインプレションではなかなかの高評価を得ています。

フロントセンターに誇らしげに配置されたSマークで、クルマ好きには素性がバレますが、クルマを知らない人にはそれなりに風格を感じさせてしまうかもしれません。ついでに「日本のクルマじゃないの?え、スズキ?軽自動車じゃないの?」と、モヤモヤさせことも可能です。

唯一の欠点は、クルマ好きな友人に見せたときの「お、おう(…でも、なぜキザシ?)」という反応ぐらいです。

実際に所有しているオーナーは「乗ればいいクルマなのは確か。すごくも無いけど不満も無い」と断言します。

もしもアナタがキザシを手に入れたら?「キザシの良さを実際に所有して確かめた人物」というだけで、友人の間では伝説になれるかもしれません。

そもそもの販売台数が少ないため中古車市場でも、流通数が少ないモデルです。しかし、走行距離5万kmに満たない程度の良さそうな個体でも、150万円以下で見つけることができます。

同じ年式で同程度のメルセデスCクラスクラスなら、200万円は下らないので、キザシの中古価格は十分にバーゲンプライスです。万がいち故障や不具合があっても、スズキのクルマですからディーラーはたくさんありますし、費用も一般的な国産車と変わらないでしょう。

良い車を長く、大事に。ブランドにもこだわらない。そんなアナタにとってキザシは、うってつけの1台となるはずです。

Source: www.pakwheels.com |

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事