日本はセンチュリー、では中国は?各国が代表するショーファードリブンカーを紹介

日本代表:トヨタ センチュリー

【東京モーターショー2017】トヨタ センチュリー

日本人なら誰しも一度は街中を走っているのを見たことがあるであろう、トヨタの誇るセンチュリー。官公庁が使用する公用車として使われているだけでなく、2005年からはセンチュリーをベースにしたセンチュリーロイヤルが御料車としても採用されています。

センチュリーは、1967年に製造を始めた息の長いモデルで、21年ぶりにフルモデルチェンジした現在の3代目では、V12エンジンが廃止されることでも話題を集めました。

ボディカラーの名前に「神威」「摩周」「瑞雲」「鸞鳳」という名称が使われ、標準装備のファブリックシートは「瑞響」と名付けられるなど、和語にこだわっているのもセンチュリーならでは。

車内の各スイッチパネルには「シートヒーター」「リフレッシング」「ドアガラス」、パワーウインドウスイッチにも「運転席」「助手席」「後席」など、アルファベットではなく日本語で表記されています。

助手席は秘書席と呼ばれ、ワンタッチでヘッドレストが前方に倒れるほか、背もたれ部分の真ん中が四角く倒れるので、リアシートに座った人が足をその四角い穴に通せばフットレストに変身。さらに助手席にはオプション装備でFAXを搭載することも可能です。

液晶ディスプレイはインストゥルメントパネルの中に埋め込まれているほか、リアシート向けの専用ディスプレイがセンターコンソールの中に用意されています。

ほかにも乗降をしやすくするよう足もとのフロアとサイドシルがフラットになっていたり、リアドアにイージークローズ機能を付けたりと、後席の居住性を徹底して追求しています。

ドイツ代表:メルセデス・マイバッハ

メルセデス・マイバッハ S600 2015

1930年代に燦然と輝いていたマイバッハの名を、21世紀に蘇らせたメルセデスの誇るショーファードリブンカー。2014年に登場したのが実質的な2代目モデルで、Sクラスをベースにホイールベースを20cm近くも延長することで室内空間を広くしています。

フットレストは座席の下から電動でせり上がってくるもので、バックレストを最大43.5度まで倒すことでファーストクラス並みの快適さを味わうことができます。

左右には大型液晶ディスプレイがそれぞれに用意され、センターコンソールにはシャンパンを冷やすための専用クーラーボックスだけでなく、マイバッハ専用のシャンパングラス(ROBBE&BERKING製)までが収められています。

イギリス代表:ロールス・ロイス ファントム

ロールスロイス ファントム 2017

世界中の王家や貴族、富裕層から愛され続けてきたショーファードリブンカーの代名詞的なブランドがこのロールス・ロイス。かつて天皇家でも御料車としてロールス・ロイスを使用していました。

そんなロールス・ロイスの中でも不動の地位を獲得するモデルが、1907年に製作されたシルバーゴーストで、その後継モデルとなるのがファントムです。現在はBMW傘下のもとで、21世紀版のロールス・ロイス ファントムが2003年にデビューし、2017年にはフルモデルチェンジを受け、新型ファントムへと生まれ変わりました。

およそ130kgもの遮音材と二重ガラスの採用により圧倒的な静粛性を達成した新型ファントム。タイヤも静音性を重視したサイレントシール構造のものを採用し、ファントムの名に相応しい仕上がりとなっています。

インストゥルメントパネルにはガラスパネルを使用し、あえてアナログ時計にするなどロール・ロイスらしいこだわりも満載。アームレストに内蔵されたコントローラーには、スピリット・オブ・エクスタシーが描かれています。

リアシートにはせり上がり式フットレストが内蔵され、フロントシート裏面のテーブルを引き出すと巨大な液晶ディプレイが出現。後席のアームレストにはシャンパンクーラーとグラスが内蔵され、ドアにはおなじみの専用アンブレラも備わるなど、装備の充実ぶりには驚かされます。

次ページアメリカ、そして気になる中国代表は…?

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives