ファストバック、ノッチバックとは?ハッチバックと何が違うの?

ファストバックとは

メルセデス CLSクラス 2017

ファストバックとは、クルマのルーフからトランク(リアデッキ)にかけてなだらかに傾斜したデザインを指します。

ファストバックスタイルが注目されるようになったのは、1965年に発売された「フォード マスタング ファストバック」といわれますが、前年に発表された「ポルシェ911」の存在も忘れてはならないでしょう。

最近では「ポルシェ パナメーラ」や「メルセデス・ベンツ CLA/CLSクラス」、2018年のジュネーブ・モーターショーで初公開された新型「プジョー 508」など、スポーティでスタイリッシュな4ドアのファストバックが欧州を中心に人気です。これらはセダンではなく、クーペに分類されます。

ノッチバックとは

BMW 5シリーズ

ノッチとは”折れ”や”段差”を意味し、ルーフパネルが水平でリアウインドウが比較的傾斜のある(折れている)デザインのことをノッチバックといいます。

エンジンルーム、キャビン、トランクルームの3つの区別がはっきりとした外観を持つスタイルのことで、リアピラーの角度やトランクの大きさ、ドアの数に決まりはありません。セダンであればノッチバックセダン、クーペであればノッチバッククーペと呼ばれます。”3ボックス”は、同じ意味です。

ノッチバックは落ちついたデザインで、フォーマルな印象を与えます。またリアウインドウが立っているため、後席のヘッドクリアランスやトランクリッドの開口面積を確保しやすいといった、実用面でのメリットもあります。

セダンの代表的なモデルは、BMWの3、5、7シリーズ。登場以来、典型的なノッチバックスタイルを継承しています。またクーペの代表車種といえば、日産 GT-R。

ほとんどのスポーツカーがファストバックであるのに対し、ノッチバックであるGT-Rのデザインは、落ち着いていてシャープな印象を与えます。スカイラインから継承された伝統のスタイルに、GT-Rのアイデンティティが加わり、他のスポーツカーとは違った魅力を、醸し出しています。

クルマのデザインの変遷とともに、ノッチバッククーペは少なくなりました。過去に登場したノッチバッククーペは、トヨタ ソアラやホンダ プレリュード、スバル アルシオーネなどが挙げられます。

次ページハッチバックとは何が違うの?

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives