クルマ好きの琴線に触れるテスラの新型EV

クルマ好きの琴線に触れるテスラの新型EV

アヘッド テスラ モデルS

「テスラ」とは、シリコンバレーが生んだ自動車メーカーのことだ。ロータスのシャーシを使い、パソコン用のバッテリーを床に敷き詰めたEVスポーツカー、「テスラ・ロードスター」を世に送り出し、注目を集めたベンチャー企業だ。

そのテスラが満を持して、全て自社開発し、自社工場で製造した初のフル5シーター(オプションで子ども用シート2座を装着可能)のセダンが、「テスラ・モデルS」である。主要部材は、ジュラルミンに近い硬度を持つアルミで制作、内装はカーボンファイバーとスウェード調アルカンタラを多用している。最強グレードは85kWhのバッテリー容量を持つ「P85+」と呼ばれるモデルだ。

同業者であるピーター・ライオン氏の友人、ダニエル氏から「LAに来るなら、納車されたばかりの『テスラS P85+』に乗らないか」と誘われていたのだ。すでに同型の車輌は日本に上陸済みなのだが、広報用車両の空きのタイミングが合わずに試乗できずにいた。思いがけず、ピーター氏と〝生まれ故郷〟での初試乗となった。

アヘッド テスラ モデルS

黒いボディ色にガンメタリックのホイールの黒ずくめが、いかにもアメリカンな出で立ち。「チャイルドシートは選んでいないが、それ以外はフルオプション仕様にしたほうが納期は早いんだ」とダニエル氏。

オトナ3名が乗り込むと、ただでさえ重い車重は2トンを越える。ところが、アクセルをひと踏みした瞬間、全員がヘッドレストに頭を打ち付けた。「何なんだこの瞬発力は!」 ダニエル氏だけは、そのパフォーマンスを知っているので、ひとりニヤけている。

私たちが〝衝撃〟に驚いているのを楽しんでいるのだ。カーガイであるダニエル氏によると、「P85+」の動力性能は、0-100km/hが4.4秒、最高速は200km/hで、航続距離は500kmもあるという。日本の使用状況であれば、さらに航続距離は延びるはずだという。

注目したいのは、ゼロスタートで頭を打ち付けたまま加速を続けると、最高速度に達するまで加速Gは衰えないという事実だ。変速によるパワーの途切れが無い分、文字通りシームレスなまま、2トン越えの車輌がワープするような勢いでブッ飛んで行く。

そしてブレーキもスーパーカーが採用するような大径ローターと剛性の高いキャリパーだから引き戻されるように止まる。前後の重量バランスと低重心の優れたシャーシによる操縦安定性や、操作に対して正確なハンドリング、そしてエアサスペンションを採用したことによる上質な乗り心地は、既存のセダンが顔色を失うだろう。

セレブたちは、自身が環境にも配慮しているのだとアピールしたい。だから、この街で「プリウス」は売れている。しかし今回、新たに登場したこのセダンが、ファミリーでも使える実用車でありながら「テスラ・ロードスター」と同じ以上のパフォーマンスを秘めていることを彼らは知っている。ビバリーヒルズで数多く見かけた理由は、そういうことだったのだ。

アヘッド テスラ モデルS

▶︎一から自社開発するにあたって、新たに自動車業界から人材を集めたという。EVベンチャーにとどまらないメーカーとしての意欲が、クルマ好きをもうならせる“クルマ”を創り上げたのだろう。

アジア唯一の直営店「TESLA AOYAMA(テスラ青山)」にて試乗も可能。
問い合わせ先:TEL.03(6890)7700

●テスラ モデルS
日本国内では、2014年春から納車開始。充電は家庭用のコンセントで可能。大電流対応の200Vのコンセントを使用した場合には、1時間あたり85kmの航続距離分を充電できる。

車両本体価格:未定 (参考:アメリカではUS$62,400〜) 
全長×全幅×全高(mm):4,978×1,964×1,435 駆動方式:後輪駆動
車両総重量:2,108kg
乗車定員:5人
最高速度:200km/h 
最大航続距離:約500km
www.teslamotors.com/jp

アヘッド ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事