ガラスコーティングの魅力とは?カーワックスよりも優れている?

艶出し カーワックス コーティング

艶のあるピカピカな愛車に乗りたい…。車を所有する多くの人が、そんな要望を共通してもっているかと思います。今回は、愛車を綺麗に艶出しする手段のひとつとして、ガラスコーティングを紹介しましょう。

ポリマー系、ガラス系コーティングを比較すると?

現在主流となっている車のコーティング剤は、大きく分けてポリマー系とガラス系の2種類があります。

ポリマー系コーティングは、1980年代から開発されて市販されている車のコーティング剤で、現在でも比較的安価で強い艶を出せるとして支持されています。欠点は耐久性が弱く傷がつきやすいということと、効果の持続期間が3~6ヶ月間程度と比較的短いということがあります。

その欠点を補う製品が、ガラスコーティングです。プロの手による本格的なガラスコーティングは、もっともグレードが高いコーティング手段で、傷も付きにくく、被膜が酸化しにくいことから、一度施工すれば1年以上効果が持続するといわれます。

ガラスコーティングのデメリットは?

価格がポリマー系よりも高くなることでしょう。1台あたり5〜10万円というレベルですから、ポリマーコーティングの3〜4倍になることもあるようです。

また施工期間も1日で終わるという手軽ものではなく、仕上げまでには数日かかります。専門店によっては代車が用意されていることもありますが、その間に愛車が使えないのもデメリットと言えるかもしれません。

しかし、ガラスコーティングの持続時間は長く、日常的な手入れも非常に楽になるという意味では、おすすめのコーティングと言えるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
自分でガラスコーティングをする際の注意
商品詳細