一台で何でもこなせる!サクシードバンの中古車がおすすめな理由とは?

サクシードバンってどんな車?

サクシード

商用車のイメージが強いサクシードバンですが、一般家庭でも違和感のない使用ができるカジュアルなアクセサリーが装備されたグレードも存在します。

余分な装備がないことから新車価格は150万円程度と安く、カスタムカーのベースとして人気があります。

広い荷室は車中泊にも適しており、キャンピングカーにカスタムされた車両もしばしば見かけます。

同社の「プロボックス」とは姉妹車に当たります。

サクシードバンの中古車価格・中古市場は?

高い実用性と価格の安さが魅力のサクシードバン。その中古相場はどうなのでしょうか?

最低価格は9万円、最高で121.8万円、平均で平均価格48.4万円となっています。(2016年6月26日現在)

中古購入時に気を付けたい点としては、年式の古さが挙げられます。初代モデルは発売が2002年という約14年前の車両になります。2014年8月以前の前期型と呼ばれるモデルは初代ヴィッツがベースになっていることもあり、価格はかなり安くなっています。

しかし、モデル末期の2014年8月まで販売されていたモデルと素人目には判断が難しい場合があります。年式や走行距離は確実にチェックを行い、あまり価格の安いモデルは内部の劣化が進んでいることもあるので注意が必要です。

平均価格の48.4万円をラインに市場を探せば、程度の良い物はそれなりに見つけられるでしょう。

価格自体もともと高いモデルではないので、中古車での大幅な値引きや交渉は、販売店から提案がなければ難しいかもしれません。それでも値引きを希望する場合は「月の支払いがいくらなら購入ができる」といった具体的な金額を提示した方が良いでしょう。

サクシードバンの燃費・維持費は?

トヨタ・サクシード(50系)

サクシードバンは価格も安く、実用的な点が高く評価されているのがお分かりいただけたと思います。
それでは燃費はどうでしょう?

  前期型FF 前期型4WD 後期型FF 後期型4WD
カタログ燃費 15.8 km/L 13.8 km/L 18.2 km/L 15.59 km/L


当然ですが車重の思い四輪駆動モデルが燃費が劣っています。雪が降らない地域であれば、悪路でも走行しない限りFF(前輪駆動)で十分でしょう。排気量はすべて1.5Lモデルなので自動車税は年間34,500円となります。初年度登録から13年以上経過している場合は15%上乗せとなるので、この点も中古で購入する場合は考慮したい点です。

とはいっても、総合的に見ればとても維持のしやすいモデルと言えます。

簡素な装備で、カスタムのベースに人気の高いサクシードバン。あなたならどんな一台に仕上げますか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事