トヨタがセルシオというクルマを作った3つの理由とは?

急激な円高傾向で輸出競争力の強化を

80年代中盤から後半にかけて世界の経済事情から日本は円高による輸出産業における競争力低下の問題に直面していました。

それまで日本は輸出産業で堅調に経済成長を成し遂げ国を豊かにしてきた反面、特にアメリカからは貿易摩擦の解消を迫られ、簡単に言うと、出る杭が打たれたという格好となったわけです。

それまでの日本車は、安くて品質がよく壊れない、という評価の元アメリカを始めとして高い人気を築き上げていましたが、それも安さで勝負することが難しい時代に突入することが目に見えていたのです。

そこで、輸出競争力の強化策として、より収益力の高い高級乗用車の分野に参入を決めた、というのがセルシオ=レクサス誕生の背景の一つとして挙げられると思います。

しかし高級乗用車の分野にはすでに歴史と名声を築き上げているメルセデス・ベンツやBMW、ジャガーといった「老舗」が軒を連ねているという状態。そこに新参者のトヨタ=レクサスが割って入っていくことには大きな困難があると、トヨタ自身も認識していたはずです。

そこでトヨタはやはり日本車の本分たる、品質、静粛性、同時にライバルより廉価であるというところをコンセプトに、しかし妥協なき高級車像の追求という強い理念もと、セルシオ=レクサスLS400というクルマを世に送り出していくのです。

次ページ高級乗用車「セルシオ」を決定づけた「源流主義」とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事