GT-R R32やフェアレディZ Z32型はなぜ280PS?「自動車馬力規制」について振り返ってみました

280馬力規制は何故生まれた?

R32 Skyline GT-R

1970年代、オイルショックや排ガス規制といった問題に悩まされていた各メーカーは、エンジン馬力の向上を図ることは不可能な状況でした。

しかし、1980年代に入ると排ガス対策や燃費向上も一段落し、趣味性の高い自動車を開発する余裕が生まれてきます。各自動車メーカーが、こぞって馬力競争に走ることとなりました。

しかし、当時暴走族の存在などが問題となり、スポーツカーの存在はあまり認められるものではなかったのです。運輸省の顔色を伺い、メーカー同士の動向を探りながらの馬力競争。日産スカイラインRS(R30型)はその典型例!一気に馬力向上を図らず、DOHCで150馬力、DOHC+ターボで190馬力、DOHC+ターボ+インタークーラーで205馬力と、小出しにして徐々に馬力向上を行っていました。

馬力規制要請!そもそも何故”280ps”?

1980年代後半になると交通事故死者数が急増し、「第2次交通戦争」と呼ばれる社会問題となりました。1989年に発売された日産フェアレディZ(Z32型)・日産スカイラインGT-R(BNR32型)・インフィニティQ45(G50型)は日本の自動車メーカーの中で初めて300馬力に到達!

しかし、旧運輸省の行政指導により、やむなく280馬力に抑えることとなります。(輸出仕様は300馬力のまま)その後、日産フェアレディZ(Z32型)が当時の最高出力車だったので、その上限値280馬力を規制上限と設定したのです。

次ページ輸入車の影響で馬力規制撤廃へ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事