ベンツを語る上では外せない!メルセデス・ベンツ300SL

車名の由来

車名の「300」はエンジン排気量が3リッターであることを意味し、「SL」はドイツ語の「Sport Leight」という言葉から来ていて軽量スポーツカーの事を指します。
「300SL」という名前だけ聞くと何のことか分かりませんが、こうやって由来まで知るとどんな車なのかが見えてきますね。

元々はレーシングカーだった!

300SLは1954年に発表されましたが、当初はカーレースに向けて作られた車でした。
実際に、ル・マン24時間レースで優勝した車を一般車として販売したのです。
カーレース用に開発されたため、並みのスポーツカーとは比べ物になりません!

特筆すべきは、そのエンジンです!従来のスーパーチャージャーとは異なり、燃料噴射が採用されました。
これにより、キャブレター式よりも優れたレスポンスや馬力を引き出すことが可能です。

最近では、この技術が電子制御によって乗用車のエンジンにも使われるようになりましたが、ベンツはすでに60年前にそれを可能にしていたのです!

1957年以降はロードスターになりました。
ガルウィングは日常での使用を考慮して再設計。使いやすくなったようです。笑

それでは最後に動画で300SL ロードスターをご覧ください!

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事