昭和の名車!日産 サニーとはどんな車?燃費や中古相場は?

日産 サニーの長い歴史

日産 サニー

サニーは日産自動車が1966年〜2004年まで製造、販売をしており、基本モデルをセダン形として、高度経済成長期からバブル期までのベストセラーとなった車種です。初代サニーB10型系は1966年4月に発表され、全長3,820mmの小型のサイズのボディーを持つ、4ドアのセダン車で、エンジンは直列4気筒のA型エンジンを搭載していました。

日産 サニーは販売と同時にその経済性と安全性でグイグイと売り上げを伸ばし、2ドアクーペや2ドアアルトバンなどの様々なラインナップを順次発表。

CMも「ひろびろサニー」という耳に残るキャッチーなメロディーで人気を集めました。そして、1977年にサニーB310型系にモデルチェンジ。b310型系は4代目サニーとなり、新車価格で122万円〜186万円と購入しやすい車種として、国内登録累計300万台を達成しました。

しかし、小型セダン離れという時代の波に飲まれ、サニーの売り上げが低迷し、2004年に生産を終了。こうして、日産 サニーは約38年の歴史に幕を下ろしましたが、現代では日本の名車として雑誌に取り上げられたり、旧車イベントで稀に姿を現し、私たちをあ驚かせてくれます。

日産 サニーの燃費

日産 サニー

日産 サニーの燃費性能はカタログデータの記載によると、1990年-2004年のモデルの10・15モードで11.0km/L~20.0km/L。

この燃費は発売当時としてはもちろん良い方ですが、現在でもセダン車の中では高い燃費性能と言えるのではないでしょうか。

日産 サニーの中古車は安くて丈夫!中古価格について

日産 サニー

日産 サニーの中古相場については、中古平均価格は、19.0万円。古い年式の車種なだけに、かなり安い価格で販売されています。最安値は1998年のモデルで8万km走行で車体価格3.8万円。

安すぎるため少々不安が残りますが、サニーは壊れにくい方のモデルではないでしょうか。もちろん各車体の状態によりますが、まだまだある程度であれば走れる可能性も高い車種です。古い車体のため、ディーラーとの交渉次第で、高い値引きも期待できるでしょう。
(2017年2月時点)

日産 サニーまとめ

日産 サニー

日産 サニーは38年の歴史を持つ日本の名車で、その性能も高く、現在でも多くの人に愛されている車です。その乗り心地は体を包み込むような安心感があり、安全性にも優れています。

また、中古車はとても安い価格でまだまだ走るものがたくさんあるため、旧車が好きで、さらに安い価格で良質な車を購入したいという方にお勧めの車種です。

あなたも日産サニーの中古車に試乗し、その魅力を肌で感じてみてください。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事