メーカー 車種

追加
メーカー
車種

地域

追加
都道府県
市区町村

本体価格

ボディカラー

ボディタイプ

年式

定員

ミッション

走行距離

燃料種別

駆動方式

排気量

残車検

選択中
日産 セレナ
検索履歴
8,073
1 / 404ページ
掲載日
新しい
古い
価格
安い
高い
年式
新しい
古い
走行距離
短い
長い

【中古車情報】日産 セレナ ハイウェイスター Vセレクション 修復歴無し(走行距離:5.6万km、カラー:白真珠、販売地域:大阪府東大阪市)
保証付

日産
セレナ ハイウェイスター Vセレクション
本体価格
79.7万円
支払総額
-
年式
2010年
(H22)
走行距離
5.6
km
排気量
2000
cc
車検
'21/04
修復歴
なし

ワンオーナー 修復歴無し

カラー
白真珠
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ガリバーアウトレット外環石切店 大阪府 東大阪市
購入検討 & お問合せ
カーセンサー

【中古車情報】日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター 修復歴無し(走行距離:23.0万km、カラー:黒、販売地域:福岡県大野城市)

日産
セレナ 2.0 ハイウェイスター
本体価格
3.0万円
支払総額
19万円
年式
2008年
(H20)
走行距離
23.0
km
排気量
2000
cc
車検
'21/07
修復歴
なし

両側パワースライドドア

カラー
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
トレンディオート 福岡県 大野城市
購入検討 & お問合せ
カーセンサー

【中古車情報】日産 セレナ 20S 修復歴無し(走行距離:14.0万km、カラー:銀、販売地域:宮城県大崎市)
保証付

日産
セレナ 20S
本体価格
43.4万円
支払総額
-
年式
2009年
(H21)
走行距離
14.0
km
排気量
2000
cc
車検
'20/11
修復歴
なし

ワンオーナー 修復歴無し

カラー
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ガリバーアウトレット古川バイパス店 宮城県 大崎市
購入検討 & お問合せ
カーセンサー

【中古車情報】日産 セレナ ハイウェイスターVセレクションII 修復歴無し(走行距離:2.5万km、カラー:黒M、販売地域:埼玉県熊谷市)
保証付

日産
セレナ ハイウェイスターVセレクションII
本体価格
223.8万円
支払総額
-
年式
2019年
(R1)
走行距離
2.5
km
排気量
2000
cc
車検
車検整備無
修復歴
なし

修復歴無し

カラー
黒M
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ガリバーアウトレット熊谷店 埼玉県 熊谷市
購入検討 & お問合せ
カーセンサー

【中古車情報】日産 セレナ ハイウェイS G Sハイブリッド 修復歴無し(走行距離:5.9万km、カラー:白真珠、販売地域:愛媛県伊予市)
保証付

日産
セレナ ハイウェイS G Sハイブリッド
本体価格
159.8万円
支払総額
-
年式
2015年
(H27)
走行距離
5.9
km
排気量
2000
cc
車検
'20/12
修復歴
なし

修復歴無し

カラー
白真珠
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ガリバーアウトレット伊予松前店 愛媛県 伊予市
購入検討 & お問合せ
カーセンサー

【中古車情報】日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター 修復歴無し(走行距離:2.0万km、カラー:ブリリアントホワイトパール(3P)、販売地域:鹿児島県鹿児島市)
保証付

日産
セレナ 2.0 ハイウェイスター
本体価格
209.9万円
支払総額
-
年式
2019年
(H31)
走行距離
2.0
km
排気量
2000
cc
車検
'21/03
修復歴
なし

ハイウェイスター VセレクションII

カラー
ブリリアントホワイトパール(3P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
SUV LAND 鹿児島 鹿児島県 鹿児島市
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:4.9万km、カラー:インペリアルアンバー(P)、販売地域:愛知県名古屋市緑区)
保証付

日産
セレナ
本体価格
129.9万円
支払総額
-
年式
2015年
(H27)
走行距離
4.9
km
排気量
2000
cc
車検
車検整備無
修復歴
なし

ハイウェイスター Vエアロモード+セーフティS-HV

カラー
インペリアルアンバー(P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
SUV LAND 名古屋 愛知県 名古屋市緑区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:3.8万km、カラー:ブリリアントホワイトパール(3P)、販売地域:愛知県名古屋市緑区)
保証付

日産
セレナ
本体価格
149.9万円
支払総額
-
年式
2015年
(H27)
走行距離
3.8
km
排気量
2000
cc
車検
車検整備無
修復歴
なし

2.0HスターVセレ+Safety S-HYBRID A S

カラー
ブリリアントホワイトパール(3P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
SUV LAND 名古屋 愛知県 名古屋市緑区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:6.6万km、カラー:スーパーブラック、販売地域:岐阜県土岐市)
保証付

日産
セレナ
本体価格
79.9万円
支払総額
-
年式
2011年
(H23)
走行距離
6.6
km
排気量
2000
cc
車検
車検整備無
修復歴
なし

ハイウェイスター Jパッケージ

カラー
スーパーブラック
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ土岐多治見店 岐阜県 土岐市
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:5.6万km、カラー:タイガーアイブラウン(PM)、販売地域:岐阜県土岐市)
保証付

日産
セレナ
本体価格
139.9万円
支払総額
-
年式
2014年
(H26)
走行距離
5.6
km
排気量
2000
cc
車検
'21/10
修復歴
なし

ハイウェイスターG S-ハイブリッド

カラー
タイガーアイブラウン(PM)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ土岐多治見店 岐阜県 土岐市
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:3.1万km、カラー:ブリリアントホワイトパール(3P)、販売地域:静岡県富士市)
保証付

日産
セレナ
本体価格
169.9万円
支払総額
-
年式
2015年
(H27)
走行距離
3.1
km
排気量
2000
cc
車検
車検整備無
修復歴
なし

ハイウェイスター Vセレクション + セーフアドバンス

カラー
ブリリアントホワイトパール(3P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ富士店 静岡県 富士市
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:3.7万km、カラー:アズライトブルー(P)、販売地域:熊本県熊本市東区)
保証付

日産
セレナ
本体価格
199.9万円
支払総額
-
年式
2016年
(H28)
走行距離
3.7
km
排気量
2000
cc
車検
'21/09
修復歴
なし

ハイウェイスター

カラー
アズライトブルー(P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ熊本東店 熊本県 熊本市東区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【登録済未使用車情報】日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター 修復歴無し(走行距離:登録済未使用車(20km)、カラー:ブリリアントホワイトパール(3P)、販売地域:愛知県名古屋市緑区)
保証付

日産
セレナ 2.0 ハイウェイスター
本体価格
249.9万円
支払総額
-
年式
2019年
(H31)
走行距離
登録済未使用車(20km)
排気量
2000
cc
車検
'22/08
修復歴
なし

ハイウェイスターV

カラー
ブリリアントホワイトパール(3P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
SUV LAND 名古屋 愛知県 名古屋市緑区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:6.3万km、カラー:ブリリアントホワイトパール(3P)、販売地域:熊本県熊本市東区)
保証付

日産
セレナ
本体価格
129.9万円
支払総額
-
年式
2014年
(H26)
走行距離
6.3
km
排気量
2000
cc
車検
'21/10
修復歴
なし

ハイウェイスター Vセレクション+セーフティパッケージ

カラー
ブリリアントホワイトパール(3P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ熊本東店 熊本県 熊本市東区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【登録済未使用車情報】日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター 修復歴無し(走行距離:登録済未使用車(20km)、カラー:ダイヤモンドブラック(P)、販売地域:熊本県熊本市東区)
保証付

日産
セレナ 2.0 ハイウェイスター
本体価格
262.6万円
支払総額
-
年式
2019年
(H31)
走行距離
登録済未使用車(20km)
排気量
2000
cc
車検
'23/01
修復歴
なし

ハイウェイスターV

カラー
ダイヤモンドブラック(P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ熊本東店 熊本県 熊本市東区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 2.0 ライダー ブラックライン S-HYBRID 修復歴無し(走行距離:6.9万km、カラー:ブラック、販売地域:埼玉県さいたま市西区)
保証付

日産
セレナ 2.0 ライダー ブラックライン S-HYBRID
本体価格
154.8万円
支払総額
164.8万円
年式
2015年
(H27)
走行距離
6.9
km
排気量
1990
cc
車検
'22/01
修復歴
なし
カラー
ブラック
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
エスティーエス 2nd店 埼玉県 さいたま市西区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:2.2万km、カラー:ブリリアントホワイトパール(3P)、販売地域:岐阜県土岐市)
保証付

日産
セレナ
本体価格
209.9万円
支払総額
-
年式
2016年
(H28)
走行距離
2.2
km
排気量
2000
cc
車検
車検整備無
修復歴
なし

ハイウェイスター

カラー
ブリリアントホワイトパール(3P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ土岐多治見店 岐阜県 土岐市
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:3.8万km、カラー:タイガーアイブラウン(PM)、販売地域:宮城県仙台市泉区)
保証付

日産
セレナ
本体価格
144.8万円
支払総額
-
年式
2014年
(H26)
走行距離
3.8
km
排気量
2000
cc
車検
車検整備無
修復歴
なし

ハイウェイスター S-ハイブリッド

カラー
タイガーアイブラウン(PM)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ仙台泉店 宮城県 仙台市泉区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:2.5万km、カラー:ブリリアントホワイトパール(3P)、販売地域:熊本県熊本市東区)
保証付

日産
セレナ
本体価格
169.9万円
支払総額
-
年式
2014年
(H26)
走行距離
2.5
km
排気量
2000
cc
車検
'21/11
修復歴
なし

HS Vセレ+セーフティ SHVアドバンスドセーフティ

カラー
ブリリアントホワイトパール(3P)
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ熊本東店 熊本県 熊本市東区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

【中古車情報】日産 セレナ 修復歴無し(走行距離:7.3万km、カラー:スーパーブラック、販売地域:神奈川県横浜市戸塚区)
保証付

日産
セレナ
本体価格
66.9万円
支払総額
-
年式
2011年
(H23)
走行距離
7.3
km
排気量
2000
cc
車検
'20/11
修復歴
なし

ハイウェイスター

カラー
スーパーブラック
駆動
2WD
定員
8名
ドア数
5
取扱店
ネクステージ横浜戸塚店 神奈川県 横浜市戸塚区
購入検討 & お問合せ
車選び.com

セレナの専門家の評価・レビュー

萩原 文博|はぎはら ふみひろ |

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

■初代
1991年に登場した初代セレナは、「バネットセレナ」のネーミングで販売開始され、1994年5月のマイナーチェンジの際にセレナへと名称が変更されています。乗用モデルに加えて商用車もラインアップされていたのが特徴です。現在のミニバンのようにボンネットはありますが、エンジンの搭載位置は運転席下にレイアウトするキャブオーバータイプとなっています。注目は最上級グレードにはシルビアなどにも搭載されていたSR20型2Lエンジンを搭載していたことです。すでに生産終了から20年が経過しており、中古車の流通台数も一桁と絶滅寸前です。年式やコンディションを考えるといくら価格が安いといっても実用性はかなり低いのでオススメはできないです。

■2代目
現在のセレナと同じエンジンを運転席より前に搭載したFFレイアウトを採用が、1999年6月に登場した2代目セレナです。このモデルからは乗用車専用モデルとなり、低床のプラットフォームや乗用ミニバンとして両側スライドドアを初めて採用するなどライバル車をリードしているのが特徴です。当初はディーゼルエンジンも設定されていましたが、2001年のマイナーチェンジでガソリンエンジンのみとなっています。中古車の流通台数は50台に満たなくなり、走行距離が延び価格が安いクルマが主流となっています。次の車検まで乗れれば良いという人にはオススメですが、多くを希望することは止めた方がいい年式と走行距離の中古車となっています。

■3代目
セレナの中古車でオススメできるようになるのは、2005年に登場したこの3代目モデルからです。搭載するエンジンは2Lガソリンのみとなり、ミッションも全車CVTが組み合わされます。2006年に追加されたスポーティモデルのハイウェイスターはエアロパーツを装着し3ナンバーサイズとなるなど、現在のセレナの礎となったモデルと言えます。2007年にマイナーチェンジを行い、ハイウェイスターは専用サスペンションを採用するなど、主要グレードへと発展。快適装備の充実した特別仕様車もハイウェイスターベースとなります。中古車は1000台以上と豊富な上、価格帯もほとんどが100万円以下とリーズナブル。世代的に運転支援システムは期待できませんが、ナビゲーションなどの装着率は高いです。流通台数が多いハイウェイスターの中でもVセレクションならば、利便性の高い装備が充実しているのでオススメです。

■4代目
現在セレナの中古車で最も流通台数が多くメインモデルとなっているのが、2010年11月に登場した4代目セレナです。ボディサイズなどに大きな変更はありませんが、新型の2L直噴エンジンには ECOモーターと呼ばれる小型モーターが組み合わされています。2012年8月に一部改良でエンジンがスマートシンプルハイブリッドへと進化し、アイドリング時の再始動に加えて、モーターアシストを行う様になり、燃費性能が向上しています。2013年12月のマイナーチェンジ後の後期型では、衝突被害軽減ブレーキや踏み間違い防止機能など「運転支援システム」を搭載しています。現在、4代目セレナの中古車は3000台以上と非常に豊富で、そのうち約1400台は100万円以下で購入可能となっています。グレードは3ナンバーサイズのハイウェイスター系が中心です。4代目セレナの中古車を購入し、長期間の所有を考えているのであれば、2014年式以降の運転支援機能の付いた後期型がオススメです。流通台数の約半数は後期型なので、予算にあわせてじっくりと選べます。

■5代目
5代目となる現行型セレナは2016年8月に登場しました。同じカテゴリーで最後発のモデルということもあり、室内長はクラストップやガラス部分だけの開閉が可能なデュアルバックドアを採用するなど高い利便性と機能性が特徴です。また、オプションながら、高速道路などで同一車線における高度な運転支援を行うプロパイロットを採用するなど装備面でリードしています。ただ、デビュー当初はモーターアシスト機能の付いた2Lガソリンエンジンだけだったので、爆発的なヒットとなりませんでした。しかし、2018年2月にガソリンエンジンで発電し、モーターを駆動させて走行するe-POWERが登場すると、ミニバン販売台数No.1に輝きました。中古車の流通台数は2000台を超えて、価格帯も100万円を切るクルマも流通するなど注目度は抜群です。ただ、価格が安いのは2Lガソリン車で、e-POWERは最近になって相場が下がり始めたばかり。「現行型を安く乗りたい!」という人には2L車がオススメでしょう。人気のハイウェイスターでも驚くような価格で手に入ります。一方、e-POWERであれば、2019年8月に行われたマイナーチェンジ前のモデルが、かなりリーズナブルになっているのでオススメです。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ
閉じる
続きを見る

鈴木 ケンイチ |

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

■初代
日本市場における現在のようなミニバン人気に対して、そのジャンル誕生の初期に大きく貢献したのがセレナです。初代モデルの誕生は1991年。当時は、まだミニバンではなく1BOXワゴンと呼ばれており、どちらかといえば商用ワゴンを乗用車向けに流用したモデルという認識でした。そのため初代のセレナ(初期はバネット・セレナとの名称でした)も商用ワゴンと同じプラットフォームが使われていたため、エンジンは運転席の下で駆動は後輪という方式でした。ただし、セレナの走りは、当時の日産のセダンなどにも利用された、「後輪駆動+リヤマルチリンクサス+HICAS」で、ミニバンとしては非常に優れたハンドリングを実現。さらに、室内空間の広さと取り回しの良さも加わりセレナはヒットモデルとなります。このヒットがトヨタ・ノア/ヴォクシー、ホンダ・ステップワゴンというライバル誕生のきっかけとなったのです。

■2代目
1999年に生まれた第2世代のセレナ。初代は商用ワゴンの発展形という生まれでしたが、第2世代は最初から乗用向けとして開発されました。駆動方式はFFとなり、両側スライドドアが採用され前席のウォークスルーも実現。今に続くセレナの基礎となるレイアウトを採用しました。商用車ワゴンからの決別した、現在のセレナの基本モデルといえる存在です。2005年に3代目にバトンタッチするまでの6年間生産が続きました。現在から見れば多少古臭いところはあるでしょうけれど、基本的なレイアウトなどは最新のセレナとそれほどかわらないため、意外と日常的な利用も可能。価格と走行距離、内装のきれいさなどを見て、コスパが良いと感じれば買いでしょう

■3代目
先々代となる第3世代のセレナは2005年に誕生し、2010年まで販売されています。室内が広くて使い勝手がよく、街乗りでのスムーズで穏やかな走りはセレナの伝統です。しかし、ファミリーカーとしては、ちょっと地味といえば地味。そこに投入されたカスタムバージョンが「ライダー」と「ハイウェイスター」でした。つまり、このモデルは、「ライダー」と「ハイウェイスター」というカスタムバージョンを追加したことが特徴となります。「遊び心あふれるミニバンが欲しい!」というユーザーが殺到して、2007年から2009年まで3年連続国内販売ナンバー1を獲得しました。ただし今、購入するというのであれば、すでに10年以上前のクルマ。なるべく内装のきれいな個体を選ぶのがおすすめです。

■4代目
先代セレナの誕生は2010年11月。それまでのセレナの伝統である広い室内空間を追求しつつも、「アイドリングストップ機能」を採用。当時のクラストップとなる15.4㎞/lの低燃費性能を実現。さらに2013年12月のビッグマイナーチェンジで「衝突回避支援システム(エマージェンシーブレーキなど)」を搭載するなど、先進の安全装備をいち早く採用しました。こうしたこともあり、セレナは先代の2008年度から2013年度まで、6年連続でミニバン販売台数ナンバー1を守り続けています。先代モデルの特徴は、従来の箱型から、より洗練された滑らかなルックスにあります。伝統の実用性の高さをそのままに、モダンなイメージを備えていたのが魅力となりました。購入するのであればビッグマイナーチェンジ以降の衝突回避支援システムを装備しているモデルがおすすめでしょう。

■5代目
現行となる第5世代のセレナがデビューしたのは2016年8月。2018年3月にハイブリッドである「e-POWER」を追加。これにより、2018年と2019年の2年連続ミニバンNo.1の販売を獲得しています。現行モデルの特徴は、第一に室内の広さと使い勝手を追求しているところ、次に国内ミニバン初となる自動運転技術レベル2該当のプロパイロットの採用、そして最期がシリーズ・ハイブリッドの「e-POWER」という3つとなります。本来的にミニバンに求められる使い勝手の良さをベースに、最新の運転支援システムと「e-POWER」という分かりやすい魅力が2つもプラスされているのがヒットの理由でしょう。個人的にはエンジンは発電に徹して、駆動はモーターに任せるという「e-POWER」のフィーリングの良さが最大の魅力に思えます。

鈴木 ケンイチ
閉じる
続きを見る

工藤 貴宏|くどう たかひろ |

1976年生まれの自動車ライター。クルマ好きが高じて大学在学中から自動車雑誌編集部でアルバイトを開始。卒業後に自動車専門誌編集部や編集プロダクションを経て、フリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。心掛けているのは「そのクルマは誰を幸せにするのか?」だ。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジン搭載のマツダCX-5。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。

■初代
初代セレナは、商用車派生のワンボックスではなく「ミニバン」として初めて設計された。(1994年までの前期型は前身である「バネット」の延長で「バネットセレナ」という車名だった)。スタイルはボンネットを持つセミキャブオーバー。しかしながら、1列目(運転席&助手席)の下にエンジンを収めるパッケージングは昨今のミニバンとは異なるもので、2列目の足元スペースを狭くしている、1列目と2~3列目間のウォークスルーができないなど、のちに登場するミニバンとは実用性における大きな違いがある。スカイラインなどスポーツモデル用のアイテムである「スーパーハイキャス」と呼ぶ4輪操舵システムやアクティブダンパーを組み合わせたサスペンションなど凝った仕掛けまで用意していたのは今にして思えば驚きだし、いい時代だったなと思う。

■2代目
商用モデルを切り捨て、ワゴン専用モデルとして設計。それまでの後輪駆動から前輪駆動レイアウトとなり、エンジンをボンネット内に置くようになり、室内スペースが大幅に広くなったのが魅力だ。まず伝えておきたいのは、この広さを知るともう以前のセレナには戻れないということである。居住性が大幅にアップしたのに加え、床が低くなって乗り降りしやすくなったのも見逃せない進化。ファミリーカーとしてのポテンシャルは飛躍的に高まった。独断と偏見において個人的に注目したいのは、ガソリン2.5Lエンジン「QR25DE」の搭載。次期モデル以降は廃止されているので、力強い走りを求めるならイチオシだ。ディーゼルエンジンが選べるのもこの世代まで。

■3代目
セレナの人気を飛躍的に高めたモデルで、2007年以降は長きにわたりミニバン販売ランキングのトップとなる。人気の理由は同じ世代のライバルと比べると一目瞭然。いわゆる「5ナンバーボックス型ミニバン」のなかで、室内がもっとも広いのだ。特に3列目に座って比べてみれば、差がよくわかる。加えてライバルを超えたのが実用性。たとえば3列目の格納/展開は従来通りの左右はね上げ式だが、ライバルに先んじてアシスト機能を組み込んだことで女性でも片手で楽に操作できるようになったことに驚いた。「セレナを買っておけば間違いない」と自信を持って断言できる便利さが詰まったモデルだ。

■4代目
先代モデル比で300mmも伸びた室内長をはじめ、スライドドアは開口面積が増えただけでなくドアノブのボタンを押すだけで開閉できる「ワンタッチオートスライドドア」を採用するなど利便性が大幅向上。ミニバンとしての使い勝手の進化幅の大きさは驚きのレベルだ。そんな4代目セレナの最大の注目ポイントといえるのが、ハイブリッドシステムの採用。2012年8月にデビューし、その後は基本的にハイブリッドモデルを中心としたグレード構成となった。しかし、システムはベルト駆動のモーターを補助的に活用する仕掛けのいわゆるマイルドハイブリッドで、モーター出力は2.4ps。エンジンをアシストするタイプだ。なので一般的にイメージするようなハイブリッドの走行感覚はなく、純粋なエンジン車と変わらない乗り味だ。

■5代目
フルモデルチェンジでさらに居住スペースが拡大した。テールゲートは上部のガラス部分だけを開けられるようになって狭い駐車場でも気軽に使えるようになった。さらに、ドアの下で足を動かすのをきっかけとしてドアが電動開閉する仕掛けを量産車として世界ではじめて採用するなど、使い勝手の進化には驚くばかり。日産の気合をひしひしと感じる完成度だ。そのうえで、ライバルに差をつけるふたつの先進装備が見どころ。ひとつは「プロパイロット」と呼ぶ運転補助システム。高速道路において、前を走る車に合わせて速度を自動調整するとともに、車線の中央を維持するようにハンドルをアシストするのだ。ハンドルに手を添えているだけでハンドルが勝手に動く感覚は未来館抜群。初期モデルは若干の違和感があったが、時間がたつにつれてバージョンアップされて動きが自然になっている。もうひとつは「e-POWER」と呼ぶハイブリッドシステム。エンジンは発電に徹して駆動力はすべてモーターが生み出すので、加速感は電気自動車と同等なのが特徴だ。そして、その加速感は素晴らしく爽快である。

工藤 貴宏|くどう たかひろ
閉じる
続きを見る

エリアからセレナの中古車を探す

セレナの中古車情報をエリア(地域)からカンタンに車両検索できます。

年式からセレナの中古車を探す

セレナの中古車情報を年式からカンタンに車両検索できます。

走行距離からセレナの中古車を探す

セレナの中古車情報を走行距離からカンタンに車両検索できます。
セレナの買取価格を調べる