【試乗動画】e-BOXER搭載のスバル新型フォレスターアドバンスで首都高を走る

首都高速道路でスバル新型フォレスター アドバンスを試乗しました。首都高速道路では車のトータルバンランスが求められます。今回は、首都高速道路でのe-BOXERの使用感やアイサイトツーリングアシストの制御等を確認します。果たしてe-BOXER搭載のアドバンスはどんな走りをするのか!?是非ご覧ください。

Chapter
アイサイトツーリングアシストってなに?
ドライバーモニタリングシステムってなに?

アイサイトツーリングアシストってなに?

スバル フォレスター アドバンス

アイサイトツーリングアシストは0km/h~120km/hまでの幅広い車速域でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストします。道路上に引かれた区間線と先行車の両方を認識することで渋滞から高速巡航まで様々なシーンで運転負荷を大幅に軽減します。

車間距離が狭く区間線が認識しずらい状況下では先行車を認識して操舵を支援します。また、区間線が認識しずらい混雑時やカーブ等では区間線と先行車の状況を組み合わせて安定した制御を行います。さらに、高速巡航時等先行車がいない場合でも区間線を認識することで車線内中央付近を維持します。

ドライバーモニタリングシステムってなに?

このシステムは新型フォレスター アドバンスのみに搭載されている装備になります。ドライバーが車に乗り込むとインパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーを認識し、安全運転を支援するだけではなく、おもてなしも提供する先進機能です。

ドライバーが乗り込むとあらかじめ設定しておいたシートポジションやドアミラー角度を再現。前回イグニッションをOFFにした際のエアコンやディスプレイ表示を自動的に再現します。登録は最大5人まで設定することが可能で一人一人に合わせたおもてなしを提供できます。

また、この機能にはドライバーを見守る役割もあり、一定時間以上目を閉じていたり、わき見をするとドライバーに眠気や不注意があると認識し警告音や警告表示で注意喚起をします。車がドライバーを見守ることで安全運転を支援します。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報