デュアルバックドアは使いやすい!?【セレナの荷室インプレ】

今回のモデルは注目の機能・装備が盛りだくさんとなっております。

その注目の装備一つが、リアゲートのガラスエリア部分のみを開閉できるハーフバックドアを搭載した荷室”デュアルバックドア”です。

このデュアルバックドアの使い勝手はどうなのか?

そんなセレナ(SERENA)のデュアルバックドアの様子、また、注目の装備ハーフバックドアの使い勝手、メリット&デメリットなどを余すことなく紹介したいと思います。
2016/9/3

Chapter
C27型セレナ デュアルバックドア画像インプレ
C27型セレナのハーフバックドアの使い勝手は?
ハーフバックドアのメリットは開け閉めのしやすさ
ハーフバックドアを試して気が付いたデメリット
日産 セレナ 2016

C27型セレナ デュアルバックドア画像インプレ

セレナ(SERENA)に採用されている荷室”デュアルバックドア”は、このようなデザインになっています。


日産 セレナ 2016

そして、荷室”デュアルバックドア”を振るオープンすると、このような感じ。

日産 セレナ 2016

このように荷室開口部は広く、また、フラットな掃き出し口になっているので、荷物の積み下ろしは、とてもしやすそうです。

ただ、今回私が見る事ができたセレナ(SERENA)は全高が1,865mと競合車・ライバル車に比べ高い事もあり、持ち上がったリアゲートの位置が若干高いように感じました。

また、荷物の積み下ろしが不便と感じるレベルではありませんでしが、荷室フロアの高さ(荷室開口高)も競合車・ライバル車のトヨタのヴォクシー・ノアやホンダのステップワゴンよりも若干ですが、高くなっております。

リアゲートを開けた時の高さも荷室開口高もヴォクシー/ノア、ステップワゴンと比較すると、スグに気が付くレベルです。

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手にこだわる人にとっては、このリアゲートや荷室開口高の高さは、C27型セレナ(SERENA)の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

C27型セレナのハーフバックドアの使い勝手は?

このようにデュアルバックドアの開口部の高さが若干気になったC27型のセレナですが、このクルマの注目の機能の一つが、ガラスエリアの
部分のみを開ける事ができるハーフバックドア機能。

リアゲートの日産のエンブレム内にあるスイッチを押すと、このようにガラスエリアのみがスッと持ち上がります。

日産 セレナ 2016
日産 セレナ 2016

セレナ(SERENA)では、ハーフバック用のストラップ&取っ手(2個)も用意されており、開け閉めもとってもスムーズ。

日産 セレナ 2016

ハーフバックドアのみなので、フルオープン時よりもリアゲートは軽く開け閉めがしやすいのも、とても良いと思いました。

ハーフバックドアのメリットは開け閉めのしやすさ

セレナ(SERENA)の荷室・ラゲッジスペースの注目の装備”ハーフバックドア”はメリットも多く、使い勝手はかなり良さそうに感じました。

このC27型モデルに採用されているハーフバックドアのメリットの一つは、後方の張り出しが小さくなる事。


日産 セレナ 2016

ボックス型のミニバンの悩みの一つがバックドア開閉時の後方への大きな張り出しですよね。なので、ミニバンの荷室のバックドアを開けるためにクルマを少し前方に移動させる事もしばしば…。

しかし、セレナ(SERENA)のバックドアのガラスエリアのみを開け閉めできるハーフバックドアを使用すると、後方への張り出し幅は半分以下に…。

なので、バックドアを開けるためにわざわざクルマを前に移動する必要は限りなく少なくなるような感じがしました。

実際にこのC27型モデルのの荷室・ラゲッジスペースのフルオープン時とハーフバックドア使用時の張り出し幅を比較してみると、このような感じ。

■ハーフバックドア使用時

日産 セレナ 2016

■フルオープン時

日産 セレナ 2016

横から見比べると、バックドアの張り出しが全然違いますよね。

セレナ(SERENA)の荷室・ラゲッジゲートをフルオープンした時の張り出し幅は、グレードによって若干異なるのですが、約985mm~1,015mm。

一方、C27型モデルの注目の装備の一つでもあるハーブバックドアのみを開閉すると、張り出し幅は標準モデルで約510mm。そして、上位モデルのハイウェイスターで約480mmとなっているようです。

ディーラーさんの話によると、日本の一般的な駐車場の後方の広さは約550mmとなっているようなので、セレナ(SERENA)のハーフバックドアなら問題なく開ける事ができるようです。

私も車止めの後ろがスグ壁になっているディーラーさんの駐車場を使って、ハーフバックドアを確かめてみたのですが、後ろが狭い駐車場でも問題なく開閉する事ができました。

この狭い位置でも開け閉めできる新型セレナ(SERENA)のハーフバックドアは、狭い駐車場などで重宝する使い勝手の良い機能・装備だと思いました。

ハーフバックドアを試して気が付いたデメリット

このように後方空間が狭い駐車場で重宝するセレナ(SERENA)の注目機能“ハーフバックドア”ですが、実際に色々と試してみると気になる部分が…。

私が最初に気になったのは、荷物の積み下ろしのしにくさ。

セレナ(SERENA)のハーブバックドアの開口部の最下部の位置は、ちょうど胸ぐらいの高さ。なので、荷物を積み下ろしをする際は、荷物を胸の高さ位まで持ち上げないといけません。

日産 セレナ 2016

私がいつも持ち歩いているリュックサックを使ってハーフバックドアでの荷物の積み下ろしを確かめてみたのですが、かなり高くまで持ち上げないといけないので、やっぱり重たい感じが…。また床面に置いた荷物を取り出す時も、荷物を高く持ち上げないといけないので、ちょっと大変な感じが…。

ディーラーさんは、このハーフバックドアからベビーカーやスーツケースを積み下ろしする事が出来ますよ!と言っていましたが、ハーフバックドアを使ってのベビーカーやスーツケースなど重たい荷物の積み下ろしは、かなり大変だと思いました。

個人的にはこのセレナ(SERENA)のハーフバックドアを使ってラクに荷物の積み下ろしができるのは、普段使っているカバンやスーパーの
買い物袋くらいまでの重さなのかなと感じました。

もしこれからこのC27モデルを試乗される方はハーフバックドアの積み下ろしのしやすさもしっかりと確認してみてくださいね。

日産 セレナ 2016

日産のミニバン”C27型セレナ”の荷室”デュアルバックドア”と、注目の機能”ハーフバックドア”はこのような感じになっていました。

ハーフバックドアは積み下ろしできる荷物が限られてしまいますが、気軽にラゲッジスペース・荷室に置いた荷物を積み下ろしできるのでとても使い勝手は良いように感じました。

同じ5ナンバーサイズのミニバン”ホンダ ステップワゴン”では、一般的な縦開きだけではなく、横開きも可能な”わくわくゲート”を搭載していますが、個人的には新型セレナのハーフバックドアの方が使い勝手が良さそうな感じがしました。


画像 試乗レビュー速報