テーブルなど注目装備が満載!セレナ後部座席の収納スペースレビュー

質感が高くなったC27型 セレナ(SERENA)の内装・インテリアですが、収納方法が分かりやすく、使い勝手が良い収納スペースが充実しているのも人気の理由のようです。

実際にこのクルマの内装・インテリアを確認してみたところ、運転席まわりの収納スペースはミニバンとしては平均的なレベルなのかと思いましたが…。ただ、後部座席(2列目/3列目シート)の収納スペースに関しては、折り畳みのテーブルなどが装備されており、競合車・ライバル車よりも使い勝手が良いように感じました。2列目/3列目シートに装備されている折り畳みテーブルなどなど…そんなセレナの後部座席(2列目/3列目シート)の収納スペースについて、紹介していきたいと思います。
2016/9/8

Chapter
セレナ 2列目シートの収納スペース画像インプレ
様々なアレンジが可能なセレナの2列目シートバックテーブル
シートバックテーブルの左右にはコンビニフックを用意
シートバックポケットのデザインに感動
セレナ 3列目シートの収納スペース画像インプレ
日産 セレナ 2016

セレナ 2列目シートの収納スペース画像インプレ

C27型 セレナ(SERENA)の2列目シートは、このようなデザインになっています。


日産 セレナ 2016
日産 セレナ 2016

そして、このクルマの2列目シートまわりには、このような収納スペースが用意されています。

■ドリンクホルダー付き折り畳み式シートバックテーブル

日産 セレナ 2016

■ドリンクホルダー

日産 セレナ 2016

■シートバックポケット

日産 セレナ 2016

■マルチセンタースライドシート
※背もたれ収納時

日産 セレナ 2016
日産 セレナ 2016

フロントシートまわりの収納スペースのように大きなアイテムをドンドン気軽に置けるような収納はありませんでしたが、2列目シートに座る人が快適に過ごすには十分な収納スペースを用意していると思いました。

様々なアレンジが可能なセレナの2列目シートバックテーブル

このC27型 セレナ(SERENA)の2列目シートまわりの収納スペースで特に良いのが、ドリンクホルダー付きのシートバックテーブル。

このセレナ(SERENA)の2列目シート用のシートバックテーブルをオープンすると、このような感じ。

このモデルのシートバックテーブルには”ハサミ”のようなデザインをしたドリンクホルダーが2つ用意されていますが、2つとも展開式なので必要が無ければ持ち上げる事が可能です。

■ドリンクホルダー2個使用時

日産 セレナ 2016

■ドリンクホルダー1個使用時

日産 セレナ 2016

■ドリンクホルダー未使用時

日産 セレナ 2016

このようにC27型 セレナ(SERENA)の2列目用のシートバックテーブルは、使用用途によって様々なアレンジができるのは、良いですよね。

また、日産から発売されている軽自動車”デイズ ルークス”で採用した機能の流用ですが、タブレット端末をこのテーブルに立て掛けるための溝も用意されている事も個人的には高ポイントでした。

シートバックテーブルの左右にはコンビニフックを用意

このように使い勝手が良さそうなセレナ(SERENA)の2列目シート用の折り畳みテーブルですが、テーブルの左右には3kgのアイテムまで掛けられるコンビニフックが2つ用意されています。

日産 セレナ 2016
日産 セレナ 2016

なので、2列目シートまわりだけでも合計4つのコンビニフックが用意されている事に…。これだけ用意されているクルマはちょっと珍しいですよね。

子供がこの折り畳みテーブルを使ってお菓子を食べたり、ドリンクを飲んだりするシーンは多いと思います。空いているレジ袋をこのコンビニフック部分にかけてかけて、お菓子やドリンクのゴミ入れとして使うのも良いのかなと思いました。

シートバックポケットのデザインに感動

このC27型 セレナ(SERENA)の収納スペースで競合車・ライバル車よりも優れていると思ったのが、シートバックポケットのデザインと使い勝手の良さ。

シートバックポケットを搭載しているクルマは多いですが、ほとんどのクルマがこのように開口部がフラット(一直線)のものが多いんですよね。

日産 セレナ 2016

しかし、セレナ(SERENA)のシートバックポケットの開口部は一直線ではなく、曲線的なデザインを採用。

日産 セレナ 2016

実はこれはスマホやiPhoneを置いた時に取り出しやすくするため!実際に私のiPhoneをこのシートバックポケットに置いてみると、このような感じ。


日産 セレナ 2016

iPhoneの上部が出ているので、取り出しやす用ですね。

このように細かい点までしっかりと工夫してくれるとは…さすが日産!ってっ感じです。このシートバックポケットの上部にはUSBソケットが用意されています。充電をする時は、このスペースにスマホやiPhoneを置いておくのが、良いのかなと思いました。


セレナ 3列目シートの収納スペース画像インプレ

セレナ(SERENA)の3列目シートは、このようなデザインになっています。

日産 セレナ 2016

通常ミニバンの3列目はシートもシンプルで、イザと言う時の補助用シートと言ったイメージでしたが、このクルマの3列目シートは全く異なります。

3列目シートにもUSBソケットや様々な収納スペースが用意され、居住性・快適性を高めています。

そして、このC27型 セレナ(SERENA)3列目シートには、このような収納スペースが、用意されていました。

■ドリンクホルダー

日産 セレナ 2016

■3列目シート用シートバックテーブル

日産 セレナ 2016

3列目シートに座る人のためにシートバックテーブルが用意されているのは、珍しいですよね。3列目シートのまわりには、収納スペース自体は2つしか用意されていませんでしたが、競合車・ライバル車に比べて利便性・快適性は格段に良いように感じました。

小ぶりだけど使い勝手は良さそうなセレナの3列目用シートバックテーブル

このセレナ(SERENA)の3列目シート用の折り畳みテーブルを持ち上げてみると、このようなデザインになっています。

日産 セレナ 2016

大きさ的には、2列目シート用に折りたたみテーブルの3分の2くらいのサイズになっていて、見比べると、だいぶ小さく感じます。

また、2列目シートのものと異なりドリンクホルダーもシンプルな穴開けタイプを採用。ただ、この穴開けタイプなスターバックスやコンビニで購入できるカップの飲み物だけではなく、ペットボトルのドリンクにも対応しているようです。

実際に私はペットボルトのドリンクを置いてみたのですが、穴にカチっとはまるので、ドリンクを置いた時の安定感も思ったよりも良さそうでした。

一見すると、シンプルなデザインになっているC27型 セレナ(SERENA)の3列目シート用の折り畳みテーブルですが、見た目い以上に使い勝手は良いように感じました。

日産 セレナ 2016

セレナ(SERENA)の後部座席(2列目/3列目シート)の収納スペースは、このようなデザインになっていました。

このクルマの後部座席には大きな荷物を置けるような収納スペースは用意されていませんでしたが、シートバックテーブルなど使い勝手が良さそうなスペースが数多くあり、個人的には好印象でした。

特に3列目シートは競合車・ライバル車よりも収納スペースが多く、快適性・利便性ともに優れているのかなと思いました。

この考え尽くされた使いが手の良い後部座席の収納スペースは、セレナのメリットの一つです。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる際は、2列目&3列目シートの収納スペースも是非ともチェックしてみてくださいね。

画像 試乗レビュー速報