C27型セレナの荷室寸法【3列目収納時のラゲッジサイズが欠点?】

日産のセレナ(SERENA)がフルモデルチェンジをして、5代目に生まれ変わりました。

C27型 セレナ(SERENA)は自動運転技術“プロパイロット機能”に注目が集まっていますが、ガラスエリアのみを開閉できるデュアルバックドアを採用した荷室も注目ポイントの一つ。

デュアルバックドアを採用した事により、狭いスペースでもリアゲートを開閉できるようになったのは、とても良いように感じました。

また、今回フルモデルチェンンジをしたセレナ(SERENA)は、3列目シートが前後にスライドできるなど荷室・ラゲッジルームの使い勝手も大幅に向上。

そんな日産 セレナの荷室寸法を確認してきたので、紹介したいと思います。
2016/9/15

Chapter
C27型セレナの荷室寸法1:3列目シートを使用時
C27型セレナの荷室寸法2:3列目収納&2列目シート使用時
3列目シート収納時の張り出しの大きさが気になる
C27型セレナの荷室寸法3:3列目&2列目収納時
車内中央部分には長尺物を収納する事も可能
日産 セレナ 2016

C27型セレナの荷室寸法1:3列目シートを使用時

C27型 セレナの3列目使用時の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。


日産 セレナ 2016

そして、このように荷室・ラゲッジスペースを格納した時の荷室寸法は、このようになっていました

■セレナ 3列目シート使用時の荷室寸法
荷室長:約360mm ~ 約480mm
荷室幅:約940mm ~ 約1120mm
荷室高:約1220mm

このC27型 セレナ(SERENA)の3列目シートを使用した状態での荷室・ラゲッジスペースのメリットは、3列目シートのスライド機能が装備されている事。

荷物の量や大きさ、3列目シートの乗車人数などに応じて、荷室・ラゲッジルームの奥行きや長さを調節できるのは、嬉しいですよね。

■3列目シートを一番奥にスライドした時の様子

日産 セレナ 2016

■3列目シートを一番手前にスライドした時の様子

日産 セレナ 2016

ちなみに、競合車のホンダのステップワゴンやトヨタのヴォクシー/ノアの荷室の奥行き・長さは、それぞれこのようになっています。

■セレナの競合車の荷室長
・ノア/ヴォクシー
荷室長:約420mm
・ステップワゴン
荷室長:約400mm

3列目シートを一番手前にスライドすると、セレナの荷室長は360mmとなり、競合車・ライバル車の荷室長と比べて、格段に狭くなってしまいます。

しかし、C27型 セレナ(SERENA)の3列目シートを一番奥へスライドさせると、競合車のノアヴォク(ノア/ヴォクシー)やステップワゴンよりも荷室・ラゲッジスペースは、広くなります。

若干3列目シートのスライド用のレールは気になるものの、3列目シートを一番前にスライドすると一番広くなるC27型 セレナ(SERENA)の荷室は、とても良いと思いました。

ちなみに、このようにスライドレバーが用意されているので、3列目シートのスライドは荷室側から行う事ができます。

日産 セレナ 2016

この操作性の良さも好印象でした。

C27型セレナの荷室寸法2:3列目収納&2列目シート使用時

C27型 セレナ(SERENA)の3列目を収納し、2列目シートを左右にスライドした状態での荷室・ラゲッジルームは、このようになっています。

日産 セレナ 2016
日産 セレナ 2016

3列目シートの収納部分での張り出し部分の大きさが気になるものの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、格段に広くなりましたね。

そんな2列目シートに同乗者が座れる状態でのC27型 セレナの荷室・ラゲッジスペースは、このようになっていました。

■3列目シート格納時&2列目シート使用時の荷室寸法
荷室長:約1,080mm
荷室幅:約750mm ~ 約1,120mm
荷室高:約1,220mm
※2列目シートは左右にスライドした状態での最後端に設置

日産 セレナ(SERENA)の3列目シート格納&2列目シート使用時の荷室長は若干ヴォクシーに及ばなかったものの、十分に満足できるサイズを確保。

家族4人で荷物が多くなりがちな遠出やキャンプのアウトドアなどに出かけても困る心配は無いのかなと思いました。

3列目シート収納時の張り出しの大きさが気になる

荷室・ラゲッジスペースの奥行きには大満足だったのですが、ディーラーさんに荷室寸法を聞いて「狭い!」と感じたのは、3列目シートを収納した時に荷室幅。

日産 セレナ 2016

なんとセレナ(SERENA)の3列目シートを収納した時の荷室の横幅は、約750mm。

3列目シート収納時は、使用時よりも横幅が約200mmも小さくなる事に…。また、セレナ(SERENA)は、同じ3列目シート跳ね上げ式のヴォクシーの横幅よりも約250mmも小さくなっています。

■セレナ 3列目シート使用時の荷室の様子

日産 セレナ 2016

セレナ 3列目シート収納時の荷室の様子

日産 セレナ 2016

■トヨタ ヴォクシー 3列目シート収納時の様子

日産 セレナ 2016

このように見比べると、横幅の違いは一目瞭然ですよね。

実車をみた時に3列目シート格納時の荷室・ラゲッジスペースの横幅の狭さに気付いていましたが、このように数値で比較して余計にサイズの違いを実感…。

この横幅の狭さは、改めて日産 セレナ(SERENA)の欠点・デメリットの一つだなと思いました。

C27型セレナの荷室寸法3:3列目&2列目収納時

セレナの2列目シートを一番前にスライドさせると、荷室・ラゲッジスペースが一番広い状態になります。


日産 セレナ 2016

ちなみに、この時に2列目シートはこのような感じ。

日産 セレナ 2016

2列目シートの座面を跳ね上げる事はできませんが、スライド幅が大きいので十分に広い荷室・ラゲッジスペースになっているように感じました。

この時の荷室寸法をディーラーさんに確認してみたところ、このようになっていました。

■3列目シート格納時&2列目シート使用時の荷室寸法
荷室長:約1,660mm
荷室幅:約750mm ~ 約1,120mm
荷室高:約1,220mm

セレナ(SERENA)の2列目シートも収納した時の荷室・ラゲッジルームの奥行きは、約1,660mm。

超ロングスライド機能を装備しているトヨタのヴォクシーやノアよりは若干荷室長も狭いですが、実際にみてみると十分な広さがあるように感じました。

車内中央部分には長尺物を収納する事も可能

また、センターコンソールとしても2列目の中央シートとしても使用する事ができるスマートマルチセンターシートを一番前にスライドすると、約2,070mmの巨大は収納スペースが登場します。

日産 セレナ 2016

スキーの板やサーフィンボードなど長尺物を積み込むには、とても良い収納スペースなのかなと思いました。

日産 セレナ 2016

セレナ(SERENA)の荷室寸法は、このようになっていました。

荷室・ラゲッジスペースの大きさやサイズには概ね満足なのですが、やはり気になるのは、3列目シート格納時の荷室幅…。トヨタのミニバン”ノアヴォク”よりも格段に狭いのが気になってしまいました。

荷室・ラゲッジスぺースの広さや使い勝手は、車種によってまったく異なります。また、セレナ、ヴォクシー/ノア、ステップワゴンの特徴の違いが分かりやすい部分でもあります。

5ナンバーサイズのミニバンでどのモデルを購入しようか迷っている方は、荷室・ラゲッジスペースに注目をしてみても良いかもしれませんね。

画像 試乗レビュー速報