C27型セレナのアラウンドビューモニターを体験【先代よりも良くなった点とは?】

2016年8月に5代目となるセレナ(C27型)が発売されました。

先日、今回発売されたデルの注目の自動運転技術”プロパイロット機能”を高速道路で試乗させてもらった時、アラウンドビューモニターも体験する事ができました。

先代モデルから搭載されているこのアラウンドビューモニターですが、C27型 新型セレナ(SERENA)では、大幅に改良され、見やすさも使い勝手も格段に良くなっていました。

先代モデルとの変更点・改良点は何なのか?

今回のC27型セレナ(SERENA)に搭載されたアラウンドビューモニターを実際に使ってみた感想、先代モデルよりも良いと感じた点についてお話したいと思います。

2016/9/9

Chapter
セレナ アラウンドビューモニターを使った感想

セレナ アラウンドビューモニターを使った感想

セレナ(SERENA)にも搭載されているアラウンドビューモニターとは、ボディの前後左右に搭載されたカメラの映像を合成して、クルマの真上から見たような映像を表示してくれるパーキングアシスト機能の事です。

縦列駐車や車庫入れが苦手な人には、大助かりな機能ですよね。

今回セレナに搭載されているアラウンドビューモニターを体験するのは、日産の軽自動車”デイズルークス”を試乗した時以来2度目だったのですが、実際に使用してみると、やっぱり便利!

パーキングに駐車する時、「クルマがきちんと真っすぐに停車されている?」「左側に寄り過ぎていない?」など不安になる時ってありますよね。

しかし、アラウンドビューモニターでは、鳥が見下ろしているような俯瞰(ふかん)の視点でクルマの位置やパーキングスペースの白線の位置を表示してくれるので、バックモニターガイドよりも全体像が把握しやすいです。

また、バックをしている時は上からのアラウンドビューモニターの画面だけではなく、バックモニターの画像も同時に表示してくれます。なので、後ろの距離感もバッチリ!

「セレナ(SERENA)のような大きなクルマに初めて乗るので、バックや駐車が不安…」と、思っている人には、とても良い機能だと思いました。

画像 試乗レビュー速報