インパネもステップワゴンっぽい!?【フリードの内装画像インプレ】

“ちょうどいい”をコンセプトに作られたホンダのコンパクトミニバン、フリード(Freed)が2016年9月にフルモデルチェンジをして、発売されましたね。

先代モデルの内装・インテリアはシンプルなイメージがあったのですが、今回フルモデルチェンジをしたモデルの内装は、デザイン性が大幅にアップ!競合車のトヨタのシエンタ”SIENTA”に優るとも劣らないオシャレなデザインになっているように感じました。

そんなフリード(Freed)の内装・インパネの中で特に印象的だったのが、インパネ。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリード(Freed)のインパネは、温度調整によってカラー変化するエアコンの操作パネルや赤く輝くエンジン、スタータースイッチなどカラフルなデザインになっているのは、好印象でした。

ただ、外装のデザインと同様に内装・インパネもホンダから発売されているステップワゴンにソックリなのは、ちょっと残念でしたが…。

そんなホンダ フリード(Freed)のを試乗した際、内装・インパネのデザインの写真を撮らせてもらったので、紹介したいと思います。また、ステップワゴンと内装・インパネの様子を比較してみたいと思います。

2016/9/19

Chapter
フリードのインパネ画像レビュー
フリードの内装・インパネ 注目の機能&装備

フリードのインパネ画像レビュー

ホンダ フリード 2016

今回フルモデルチェンジをしたホンダ フリード(Freed)の内装・インパネは、このようになっています。

ホンダ フリード 2016

新しく発売されたこのモデルも先代と同様にインパネは、レイヤーが積み重なっているようなレイヤードデザインを採用。しかし、このモデルは、先代と異なり横に伸びやかなデザインになっている水平基調を採用。

また、メーターも先代モデルと異なり、横の広いワイドなデザインに…。

ホンダ フリード 2016

先代モデルよりもバイザーの高さが抑えられ、メーターが前方視界の妨げにならないデザインになっているのは、好印象でした。

そして、このインパネに搭載されている機能や装備は、このようになっていました。

■ハンドル

ホンダ フリード 2016

■オーディオコントロールスイッチ

ホンダ フリード 2016

■クルーズコントロール

ホンダ フリード 2016

■シフトレバー

ホンダ フリード 2016

■センターテーブル

ホンダ フリード 2016

■ドリンクホルダー

ホンダ フリード 2016

■インパネ中央ドリンクホルダー

ホンダ フリード 2016

デザイン性も大幅にアップ

ホンダ フリード(Freed)のインパネを実際に見て良いと思ったのは、デザイン。

ホンダ フリード 2016

先代モデルのインパネはグレーカラーでシンプルなデザインだったのに対し、今回発売されたフリード(Freed)の7人乗りモデルは、インパネに白木目調のパネルを中央部分に採用。(※メーカーオプションの”Sパッケージ”を注文すると、黒木目調のパネルになります。)

ホンダ フリード 2016

白木目調パネルを使用したおかげで、インパネ全体が明るくなり、開放感のあるデザインになっているように感じました。パネル自体の質感はそれ程高くないのですが、先代モデルよりも明るくオシャレになったインパネのデザインには、大満足でした。

インパネもステップワゴンのデザインに似ている!?

このようにオシャレになったホンダ フリード(Freed)の内装・インパネですが、私の第一印象は、「ステップワゴンにソックリ」でした。

実際にフリード(Freed)とボックス型のミニバン”ステップワゴン”の内装・インパネを比較してみると、このような感じ。

■フリードのインパネ

ホンダ フリード 2016

■ステップワゴンのインパネ

ホンダ フリード 2016

ハンドルやシフトレバー、助手席側のインパネのデザインは若干異なるものの、助手席側のインパネ中央部分の大きなトレーや横に広いワイドなデザインになったメーターなど基本的なデザインは似ていますよね。

また、インパネ中央に装備されている引き出して使えるセンターテーブルやドリンクホルダーまでソックリでした。

■フリード インパネ中央部分のドリンクホルダー&テーブル

ホンダ フリード 2016

■ステップワゴン インパネ中央部分のドリンクホルダー&テーブル

ホンダ ステップワゴン 2016

このように見比べてみると、そのまんまですよね^^;;

ホンダ フリード(Freed)の外装・エクスエリアを見た時も感じましたが、内装・インパネのデザインも新鮮さに掛けたのは、少々残念でした。

フリードの内装・インパネ 注目の機能&装備

今回フルモデルチェンジをしたホンダ フリードの内装・インパネは、ステップワゴンのものにソックリで少しガッカリした部分もあたのですが、実際にこのクルマを見て、魅力的に感じた機能や装備もありました。

そんなモデルの内装・インパネに装備されている機能で良いと思った部分を紹介したいと思います。

注目の装備1:エンジンスタタースイッチ

ホンダ フリード(Freed)の内装・インパネを見て目を奪われたのは、ハンドルの右側にあるエンジンスタータースイッチのデザイン。

フィット3やステップワゴンなど最近のホンダのクルマに採用されているエンジンスタータースイッチは、このようにガソリン車はブラック、そして、ハイブリッド車は赤いデザインのものが多いです。

■ホンダのガソリン車のエンジンスタータースイッチ

ホンダ フリード 2016

■ホンダのハイブリッド車のエンジンスタータースイッチ

ホンダ フリード 2016

しかし、今回フルモデルチェンジをして発売されたホンダのコンパクトミニバン”新型フリード(Freed)”のエンジンスタータースイッチは、電源を入れると、このように赤く点灯するデザインを採用。

■エンジン停止時

ホンダ フリード 2016

■エンジン作動時

ホンダ フリード 2016

赤く発行するので、見た目もオシャレ!

洗練されたデザインになったフリード(Freed)のエンジンスタータースイッチは、とても良いと思いました。

注目の装備3:エアコンのコントロールパネル

フルモデルチェンジをしたホンダ フリード(Freed)の内装・インパネを見て印象的だったのは、センタークラスターに装備されているエアコンのコントロールパネル。

ホンダ フリード 2016

一見すると何の変哲もないエアコンのコントロールパネルなのですが、温度調節によってダイヤルなどパネル部分のカラーが変化します。

例えばエアコンのコントロールパネル中央にある温度調節ダイヤルを左側に回して温度を下げると、パネル部分のカラーがブルーに変化します。

ホンダ フリード 2016

一方、温度調節ダイヤルを右側に回すと、エアコンパネルのカラーがレッドに変化します。

ホンダ フリード 2016

このように温度設定によってカラーが変化するエアコンのカラーパネルのデザインは、見た目のインパクトがあって良いと思いました。

ただ、空調パネルの使い勝手で気になる部分が…

このようにカラフルになったホンダ 新型フリード(Freed)のエアコンのコントロールパネルですが、操作性や使い勝手で気になった部分が…。

このモデルのエアコンのコントトロールパネルは、シフトレバーの隣に用意されており、運転席から若干遠めに設置されています。

運転席から操作をするには、若干温度調整ダイヤルや風量を調整するスイッチが小さい感じが…。個人的にはダイヤルなどをもう一回り大きく操作しやすいデザインの方が嬉しかったです。

ホンダ フリード 2016

個人的にはエアコンのコントロールパネルの使い勝手は、競合車・ライバル車のトヨタのシエンタのエアコンのコントロールパネルの方が使い勝手が良いように感じました。

ホンダ フリード 2016

今回フルモデルチェンジをして発売されたホンダ フリード(Freed)の内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

外装・エクステリア同様にインパネのデザインもホンダの5ナンバーサイズのミニバン”ステップワゴン”に似ているのが少々気になりましたが、新しいデザインを採用したエンジンスタータースイッチなどは、好印象でした。

また、カラーでお知らせしてくれるエアコンのコントロールパネルもなかなか面白い試みだと思いました。

もしこれからこのフリード(Freed)を試乗される際は、インパネに装備されている各スイッチや機能の使い勝手や操作性もしっかりと確認してみてくださいね。

また、質感の高くなったシートや薄型デジタルメーターも注目ですよ。

画像 試乗レビュー速報