【試乗の感想】新型プリウスPHVのEV走行時の加速力はどうだった?

2017年2月、トヨタの人気ハイブリッド車プリウス(Prius)から新モデルとしてプラグインハイブリッド車(PHV)が新発売されましたね。

先日、この新型プリウス(Prius PHV)を試乗してきたのですが、重厚感のある乗りご心地やエンジン音やロードノイズの静かさなど、ベースとなっているノーマルプリウスよりもすべての面において格段に良くなっているように感じました。

また、この新型モデルを試乗して驚いたのが、加速力。

今回新発売された新型プリウス(Prius PHV)は、先代のPHVやベースとなっているノーマルプリウスでは感じられなかった加速感になっていて、とても快適でした。また、パワーモードにした時の加速力の良さにも驚きました。

今回私が試乗をした時に感じた新型PHVの加速力はどのような感じだったのか?また、ノーマルプリウスとの違いを詳しく紹介していきたいと思います。

2017/3/10

Chapter
トヨタ新型プリウスPHVの試乗インプレ:加速力はどうだった?
トヨタ プリウス PHV 2017

トヨタ新型プリウスPHVの試乗インプレ:加速力はどうだった?

今回私が新型プリウス(Prius PHV)の人気グレード”Sナビパッケージ”を試乗したのですが、まず驚いたのは、EV走行で発進した時の加速力の良さ。

今回私は東京のお台場にあるメガウェブ(MEGA WEB)では信号が用意されているのですが、青信号に変わった瞬間に、アクセルをグッと軽く踏み込んだら予想以上のチカラ強さで、そして、スムーズ&滑らかに発進をしていきます。

そして、そのままアクセルを踏み込んでいくと、”キュイーーーン”と言った感じのモーター音とともに気持ちよく加速をしていってくれます。

この発進時の加速は、日産の電気自動車リーフ(LEAF)に近い感じ。

モーター駆動は、クルマが停車した状態からでも一気に最大のトルクを発揮する事ができるのが特徴の一つですが、この新型プリウス(Prius PHV)ではこのモーター駆動の特徴が良く分かる発進加速になっていました。

トヨタ プリウス PHV 2017

また、このクルマはノーマルモデルよりも車体重量が重たいので、発進時はもっさり感があるのかなと思ったのですが、全くそんな事はありませんでした。むしろ「こんなにチカラ強く発進していくの?」と、驚いちゃいました。

このチカラ強く、静か&スムーズに加速していく感じは、先代モデルやノーマルプリウスでは味わう事のできないこの新型PHVの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

中速域からの加速も好印象

トヨタ プリウス PHV 2017

今回新発売された新型プリウス(Prius PHV)は、中速域から加速もかなり良い感じ。

普通のハイブリッド車のノーマルプリウスでは、時速30km/h~40km/hで走行中にアクセルをグッと踏み込むと、最初にエンジンの音だけが”ブ~~ン”と大きくなり、その後に加速感が追いついてくる”ラバーバンドフィール”を感じます。

先代モデルのプリウスと比較するとだいぶ良くなりましたが、やはり運転をしていると気になります。

一方、EV走行がメインのプラグインハイブリッド車の新型プリウス(Prius PHV)では、エンジン音がする事無く、アクセルを踏み込んだ瞬間に、レスポンス良く前に押し出されれるようにスッと、しかも、無音で加速をしていきます。

このEV走行ならではスムーズな加速感は、本当に快適です。

このレスポンスの良さもモーター走行の距離が長いこの新型PHVの良さの一つかなと思いました。

新型プリウスPHVの加速感が優れている理由とは?

トヨタ プリウス PHV 2017

先日、いつもお世話になっているディーラーさんに教えて貰ったのですが、
今回新発売された新型プリウス(Prius PHV)のエンジンや駆動用モーターの性能は、ノーマルプリウスと同じになっているようです。

それにも関わらずこの新型プリウス(Prius PHV)のの加速感が優れている理由は、デュアルモーターシステムを採用しているから。

このデュアルモーターシステムとは、カンタンに言うと駆動用モーターに加えて、必要に応じて発電用のモーターを駆動に使用する機能の事。

詳しい作動条件はディーラーさんの方でも把握していないようなのですが、普段は駆動用のモーターのみで走っている状態なのですが、アクセルを踏み込むと、必要に応じて発電用モーターが駆動用のモーターをアシストして、気持ちよい加速を実現してくれているようです。

トヨタ プリウス PHV 2017

なので、今回の試乗では確かめる事ができなかったのですが、山道の登板車線を運転していても、モーターのみのEV走行からスグにエンジンが作動するハイブリッド走行に移行する事はないようです。

また、このデュアルモーターシステムのおかげで、今回新発売された新型プリウス(Prius PHV)は、モーターのみのEV走行で最大で時速135km/hまで出すことが可能のようです。

実際に試乗をしていて、いつ発電用のモーターが作動したかは分らなかったのですが、ノーマルプリウス以上の加速感を味わえるこの新型PHVは、大満足でした。

ちなみに、新型プリウス(Prius PHV)に用意されているパワーモードにすると、強制的に2つのモーター駆動させるようです。

■パワーモードにした時のメーターの様子

トヨタ プリウス PHV 2017

私も実際にこのクルマを試乗した時にパワーモードを確かめてみたのですが、ノーマルモードよりもさらに加速力がアップします。アクセルを踏み込むとアッと言う間に時速50km/hオーバー。

ノーマルプリウスでもパワーモード(Power MODE)は用意されていましたが、個人的な感覚では、パワーモードの加速力やパワーもノーマルモデルよりも新型PHVの方が良いように感じました。

トヨタ プリウス PHV 2017

今回、新型プリウス(Prius PHV)を試乗してきたところ、加速力はこのようになっていました。

電気自動車のように静かに&スムーズに加速していく感じは良かったです。また、アクセルを踏んだ時の反応がリニアでストレスなく発進&加速していく感じは好印象でした。

初めてこの新型プリウス(Prius PHV)に乗る人は、スムーズ&静かな加速感に驚くと思います。そのくらいこのクルマの加速感は、良かったです。

もしこのクルマが気になっているのなら、ぜひともノーマルプリウスと異なるこの新型PHVの加速感を体験してみてください。
初めてこのクルマに乗ったら、きっとビックリすると思いますよ。

画像 試乗レビュー速報