インプレッサとの僅かな違いが…|スバル新型XVのメーター画像インプレ

2017年4月、フルモデルチェンジをした新型XVの発売が遂に発表されましたね。

発売は2017年5月24日となっており、もう少し先なのですが、もうすでにディーラーさんなどで展示は開始。発売前からかなり注目を集めているそうです。

そんな新型XVを、早速私も見に行ってきたのですが、思ったよりも良い感じ!このクルマのベースとなっているインプレッサぽさはありつつ、しっかりとSUVデザインに仕上げているように感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVで印象的だったのが、運転席の目の前にあるメーターのデザイン。

外装や内装のデザインと同様にメーターも、インプレッサ(IMPREZA)をベースにしているのですが、若干異なる部分が…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVのメーターは、どのようなデザインなのか?また、インプレッサのメーターの違いは、何なのか?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型SUVのメーターのデザインなどを徹底的レビューしたいと思います。

2017/4/20

Chapter
新型XVのメーター&MFDなど実車画像で徹底チェック

新型XVのメーター&MFDなど実車画像で徹底チェック

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして、新発売されたスバルの新型XVのメーターは、このようなデザインになっています。

スバル XV 2017

この新型モデルのメーターは、中央にマルチインフォメーションディスプレイを配し、左側にタコメーター、そして、右側にスピードメーターを備えている2眼式を採用。

そして、エンジンを立ち上げると、このようなデザインのメーターに…。

スバル XV 2017

メーターの文字も針もホワイトを採用していて、スタイリッシュなデザインに…。スバルのクルマらしくシンプルなデザインになっていましたが、スッキリとしていてとても見やすいメーターになっているのかなと思いました。

スピードメーター

スバル インプレッサ

タコメーター

スバル XV 2017

マルチインフォメーションディスプレイ

スバル XV 2017

ウェルカム演出の豪華さにも注目

スバル XV 2017

そして、このクルマのメーターで注目なのが、エンジンを立ち上げた時のウェルカム演出。

このクルマのハンドルの右側にあるエンジンのスタータースイッチを押すと、メーターの中央にあるマルチインフォメーションディスプレイに新型XVのシルエットが出現。

また、水平0指針を採用しているこの新型モデルのメーターの針が白く点灯し、針が振れる演出をしてくれます。

この華やかなオープニングムービーは、運転手を歓迎しているような感じがして、とても良いと思いました。

Xモードが表示されるマルチインフォメーションディスプレイにも注目

今回フルモデルチェンジをした新型XVのメーターの中央にある4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイには、次のような表示項目が用意されています。

SI-DRIVEモード (SIドライブモード)

スバル XV 2017

警告画面

スバル XV 2017

また、今回新発売された新型XVのマルチインフォメーションディスプレイを確認していて印象的だったのが、このクルマに初搭載されたXモードスイッチを押した時の表示画面。

シフトレバー部分にあるXモード(X-MODE)スイッチを押すと、このようにメーター内にあるマルチインフォメーションディスプレイに”X-MODE”と大きく表示されます。

スバル XV 2017

グリーンで大きく表示されるこの”X-MODE”は、インパクトがあって良かったです。

マルチファンクションディスプレイの表示項目は?

今回新発売された新型XVは、最下位モデルの”1.6i アイサイト”を除いた全グレードに、6.3インチの液晶パネルを採用したマルチファンクションディスプレイ(MFD)がインパネの中央上段に標準装備しています。

新型XVのマルチファンクションディスプレイ(MFD)

スバル XV 2017

そして、この新型XVのマルチファンクションディスプレイ(MFD)に表示される項目は、このようなものがあります。

サブメーター

スバル XV 2017

燃費情報

スバル XV 2017

時計&カレンダー

スバル XV 2017

車両状態情報

スバル XV 2017

安全装備類作動状況表示

スバル XV 2017

アイサイト表示画面

スバル XV 2017

空調パネル操作時の画面

スバル XV 2017

また、今回は確認する事ができなかったのですが、メーカーオプションのナビと連動してルート案内情報や規制標識なども表示してくれます。

画面サイズも大きく、また、視線の移動が少ないように奥まった位置に配置するなど視認性に優れているのが、好印象でした。

ちなみに、ハンドル・ステアリングの左側にあるステアリングスイッチで表示項目を変える事ができます。

スバル XV 2017
スバル XV 2017

これからこのスバルの新型XVを見に行く際は、ぜひともマルチファンクションディスプレイ(MFD)の表示項目や視認性もしっかりと確認してみてくださいね。

ベースとなっているインプレッサ スポーツのメーターとの違いとは?

このようなデザインになっている新型XVのメーターですが、先ほども申し上げた通り基本的なデザインは、ベースとなっているインプレッサスポーツ(IMPREZA SPORT)と同じになっています。

ただ、デザイン面で唯一違う部分が…。

それは、タコメーター&スピードメーターのサークル部分のカラー。


新型XVのメーター

スバル XV 2017
スバル XV 2017

新型インプレッサのメーター

スバル インプレッサ
スバル インプレッサ

ベースとなっているインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)の各メーターの中央部分がシンプルなシルバーカラーだったのに対し、この新型XVのメーターは、オレンジを採用。

画像ではちょっと違いは分かりづらいのですが、直接自分の目で見比べてみると、2台のモデルのメーターのデザインの違いがハッキリと分かります。

スバルの新型XVの方がやはりポップでアクティブな感じが…。また、オレンジのステッチを採用しているインパネやシフトレバー、シートとの相性もピッタリのように感じました。

個人的にはフォレスターのようにゴツゴツとしたメッキ調のメーターリングが付いているデザインの方がSUVらしくて好みなのですが、新型XVのように遊び心とシンプルさを兼ね備えたメーターもなかなか良いデザインだと思いました。

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVのメーターは、このようなデザインになっていました。

基本的なメーターのデザインは、ベースとなっているインプレッサ スポーツと同じ。なので、私のようにインプレッサ スポーツを見たことある人には、それほど新鮮さは無いと思います。

ただ、オレンジを採用していてインパクトのある内装・インテリアにマッチしたメーターデザインになっていたのは、好印象でした。また、インパクトのあるオープニング画面もとても印象的でした。

もしこの新型モデルを試乗する際は、エンジンを立ち上げた時に流れるオープニング画面にも注目をしてみてくださいね。

画像 試乗レビュー速報