【高速試乗動画】現行型トヨタアルファードで第2世代トヨタ・セーフティ・センスを試す!

トヨタ自動車は2018年より第2世代の予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス」を導入しました。今回はミニバンの中でも大人気を誇る現行型トヨタ アルファードの2.5Lガソリンモデルに乗り高速試乗をします。トヨタブランドで初採用されたレーントレーシングアシストの使用感やニッサンプロパイロットとの比較等をお届けします。 ※2018年1月モデルについて解説しています。

Chapter
第2世代トヨタ・セーフティ・センスとは?

第2世代トヨタ・セーフティ・センスとは?

トヨタ アルファード 2018

現行型トヨタ アルファードには第2世代トヨタセーフティセンスが標準装備されています。このシステムは、トヨタセーフティセンスPに採用されていた、単眼カメラ+ミリ波レーダーの性能を向上させることで、安全性能が高められています。

プリクラッシュセーフティ(PCS)に、新たな検知対象として夜間歩行者、自転車運転者が追加されたほか、カメラが認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示して、道路標識の見落としを防ぎ、安全運転をサポートするロードサインアシスト(RSA)が導入されました。

さらに、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)を備えているほか、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線中央を走行できるようハンドル操作をアシストするレーントレーシングアシスト(LTA)を採用。 ドライバーの負担軽減を図ると同時に、レーンディパーチャーアラートの機能も備えています。

この機能は、先行車両に追従したり、道路端の境界を認識することにより、白線のない道路でも警報とハンドル支援を実施します。 第2世代トヨタセーフティセンスは、これらの安全装備が標準装備されており、トヨタセーフティセンスPと比べ安全面が強化されています。今回は高速道路試乗を通じて第2世代トヨタセーフティセンスの魅力に迫りたいと思います。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報