【マイチェン後も少ない?】新型エクストレイルの収納スペースを徹底チェック

安定した人気を誇る日産のミドルサイズSUVの新型エクストレイル(X-TRAIL)が、
2017年6月、マイナーチェンジを行いました。

今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の内装・インテリアは、
若干デザインが変わり高級感・上質感がアップしたものの、収納スペース・
小物入れに関しては、大きな変更は無し。

実際に見てみると、マイナーチェンジ前のモデルと同様に収納スペース・
小物入れは、ちょっと少ない感じがしました。

そんな新型エクストレイル(X-TRAIL)の収納スペースは、どこに設置されているのか?
また、収納スペース・小物入れのサイズ、使い勝手はどうだったのか?

実車画像を使って、この新型モデルの収納スペースを徹底的にレビュー
していきたいと思います。2017/6/17

Chapter
新型エクストレイルの収納スペース:運転席編
その1:センターコンソールトレイ
その2:オーバーヘッドコンソール
その3:センターコンソールボックス
その4:ドリンクホルダー(センターコンソール内)
その5:グローブボックス
その6:ドアポケット(フロントシート用)
新型エクストレイルの収納スペース:後部座席編
その1:シートバックポケット
その2:ドアポケット(後部座席用)
日産 新型 エクストレイル 2017

新型エクストレイルの収納スペース:運転席編

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
内装・インパネは、このようなデザインをしています。

日産 新型 エクストレイル 2017

このインパネの画像をみるだけでも、それほど収納スペースが多く無いのが
分りますよね。

このクルマをファミリーカーとして使用するには、ちょっと収納スペースが
少なく、不満を感じるかもしれません。

そんな新型エクストレイル(X-TRAIL)の運転席まわりの収納スペース・
小物入れを確認してきたので、紹介したいと思います。

その1:センターコンソールトレイ

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)では、
センターコンソールの前方にこのようなデザインの浅型のトレイを装備しています。

日産 新型 エクストレイル 2017
日産 新型 エクストレイル 2017

大きさはそれ程大きくないのですが、USBソケットもこのトレイの近くに
設置されてるため、スマホやiPhoneを置くのにピッタリ。

また、このトレイの底の部分はゴム製になっており、置いたスマホやiPhoneが
ガタガタと動かないように工夫されているのも好印象でした。


その2:オーバーヘッドコンソール

サングラスや運転用のメガネを収納しておくのに便利なオーバーヘッドコンソールを用意。

日産 新型 エクストレイル 2017
日産 新型 エクストレイル 2017

高さ&横幅はしっかりと確保しているのですが、奥行きがないため
今トレンドの大きめのサングラスやメガネは、収納できない可能性が…

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)は収納スペースが少ないので、
メガネやサングラス以外にも、ポケットティッシュやウェットティッシュを
このオーバーヘッドコンソールに置いておくのも良いのかなと思いました。

その3:センターコンソールボックス

新型エクストレイル(X-TRAIL)に装備されているセンターコンソールボックスは、
このようなデザインになっています。

日産 新型 エクストレイル 2017
日産 新型 エクストレイル 2017

深さが約200mm以上もあり、このように500mmのペットボトルもスッポリと
収納できるサイズになっているのは、嬉しいですよね。


日産 新型 エクストレイル 2017

ただ、このセンターコンソールボックスは中に仕切りなどないので、
使い勝手はそれほど良く無い印象が…。

個人的には、小物を置くことができる浅いトレーをセンターコンソール
ボックス内に設置するなど、もう少し使い勝手を考慮したデザインにして貰いたかったです。


その4:ドリンクホルダー(センターコンソール内)

新型エクストレイル(X-TRAIL)では、センターコンソール内にこのように
ドリンクホルダーを2個用意しています。

日産 新型 エクストレイル 2017

このクルマのセンターコンソール内のドリンクホルダーは仕切りを
取り外す事ができるので、スマホやiPhoneなどを置ける小物入れに早変わり。

日産 新型 エクストレイル 2017

運転席からも手が届きやすいため、ドリンクホルダーとしてだけではなく、
小物入れとしても重宝する収納スペースなのかなと思いました。

その5:グローブボックス

今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)のグローブボックスは、
このようなデザインになっています。

日産 新型 エクストレイル 2017

ダンパー付きで開け閉めがしやすいデザインになっているのは
とても良いと思いましたが、思ったよりもサイズは小さい印象が…。

個人的には横幅がもう一回り大きい方が使い勝手が良いのかなと思いました。

その6:ドアポケット(フロントシート用)

今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)のフロントシート横の
ドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

日産 新型 エクストレイル 2017

ドアパネルの下部には、このようにドリンクホルダーやA4サイズの雑誌などを
収納できるドアポケットを用意。

日産 新型 エクストレイル 2017

ただ、新型エクストレイル(X-TRAIL)のフロントシート横のドア内側パネルでは、
アームレスト部分に小物が収納できる小型ポケットが用意されていないのが少々残念でした。

新型エクストレイルの収納スペース:後部座席編

日産 新型 エクストレイル 2017

運転席まわりの収納スペースの数や使い勝手に若干の不満が残った日産の
新型エクストレイル(X-TRAIL)ですが、後部座席まわりの収納の収納スペース・
小物入れは、どうだったのでしょうか?

後部座席まわりの収納スペースも確認したので、紹介したいと思います。


その1:シートバックポケット

日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)では、このようなデザインの
シートバックポケットが運転席・助手席両方に設置されています。

日産 新型 エクストレイル 2017

このクルマはシートサイズが大きいので、その後ろにあるシートバック
ポケットのサイズにも余裕が…。A4サイズなど大きなサイズの雑誌や
地図などもラクラク収納する事ができます。

また、このクルマのシートバックポケットはSUVらしいネット状のデザインに
なっているのも、車内の雰囲気にマッチしているのも好印象でした。

その2:ドアポケット(後部座席用)

今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の後部座席横にある
ドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

日産 新型 エクストレイル 2017

ドア内側パネルの下部には、このようにペットボトルが収納できるドリンクホルダーを用意。

日産 新型 エクストレイル 2017

また、フロントシート横のドア内側パネルには用意されていませんでしたが、
後部座席のドアアームレスト部分には、このように小型ポケットを用意。

日産 新型 エクストレイル 2017
日産 新型 エクストレイル 2017

サイズはそれ程大きくないので収納力はそれ程ありませんが、スマホや
iPhoneを立てかけておくのに良いのかなと思いました。

日産 新型 エクストレイル 2017

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
収納スペースを確認したところ、このようになっていました。

新発売されたこの新型モデルの収納スペースをしっかりと確認してみたのですが、
マイナーチェンジ前のモデルと同様に収納スペースの数が少ない印象が…。

なので、ミニバンなど収納スペースが多いクルマから乗り換えると、
若干不満を感じるかもしれません。

小さいお子さんがいるご家庭などクルマに乗せる荷物が多い方は、
この新型モデルの収納スペースの数や使い勝手を、購入前にしっかりと
確認をしてみてくださいね。

画像 試乗レビュー速報