新型エクストレイルの外装のハイブリッドとガソリンの違いは!?実車画像で比較

日産が誇る本格派SUVの新型エクストレイル(X-TRAIL)が、2017年6月、
ビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回のマイナーチェンジのタイミングでディーゼル車の追加もあるのでは
ないか!?と言う噂もありましたが、残念ながらディーゼル車の販売は無し。
ラインナップは、先代モデルと同様にハイブリッド車とガソリン車となりました。

そんな新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車とガソリン車の
外装・エクステリアには、どのような違いがあるのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の
外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。2017/6/30

Chapter
新型エクステリアの外装【ハイブリッド車とガソリン車の違いを徹底検証】
違い1:エンブレム
違い2:ボディサイドのデザイン
違い3:タイヤサイズ
日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

新型エクステリアの外装【ハイブリッド車とガソリン車の違いを徹底検証】

2017年にマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。


日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

■新型エクストレイルのハイブリッド車の外装画像

日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017
日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017
日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

一方、こちらはガソリン車の外装・エクステリア。

■新型エクストレイルのガソリン車の外装画像

日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017
日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017
日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

同じ日産から発売された人気コンパクトカーの”ノート”のハイブリッドモデル
“e-POWER(eパワー)”では、Vモーショングリルにブルーのアクセントラインを採用。

なので、ノート(NOTE)のフロントマスクを確認すれば、ハイブリッド車の
e-POWER(eパワー)かガソリン車かカンタンに見分けがつきます。


■ノートe-POWERのフロントマスク

日産  ノート e-POWER 2017
日産  ノート e-POWER 2017

しかし、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイルの
フロントグリルには、日産のノートe-POWERに採用されていたようなブルーの
アクセントラインがされていません。

なので、フロントマスクをパッと見ただけでは、ハイブリッド車のガソリン車の
違いを見分ける事ができませんでした。

ただ、ハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアは、若干の違いがありました。

そんな日産 新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車とガソリン車の
外装・エクステリアですが、主に次のような違いがありました。


違い1:エンブレム

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車とガソリン車の大きな違いの一つが、エンブレム。

ハイブリッド車では、ボディのサイドとリヤの右側部分にハイブリッド車専用の
エンブレムが装備されています。

日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

■サイドに装備されているハイブリッド車専用エンブレム

日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

■リヤに装備されているハイブリッド車専用エンブレム

このようなエンブレムが装備されているのは、ハイブリッド車だけです。

なので、ボディのサイドやリヤを確認すれば、カンタンにハイブリッド車か
ガソリン車かの見分けは、つくのかなと思いました。


違い2:ボディサイドのデザイン

また、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイルの
ハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアの違いの一つが、横からのデザイン。
この2台のモデルのサイドのデザインは、それぞれこのような感じ。


日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

■ハイブリッド車のサイドからのデザイン

日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

■ガソリン車のサイドからのデザイン

注目してもらいたいのは、ボディ下部のデザイン。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車のボディ下部には、光沢感のあるドアロアクロームを全グレード
標準装備しています。

日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

■ハイブリッド車のドアロアクロームモール

一方、ガソリン車では、このような光沢感のあるドアロアクロームの装備は、
ありません。

実際にこの2台のモデルの外装・エクステリアを見比べると、雰囲気が異なります。
ドアロアクロームを装備しているハイブリッド車の方が高級感&上質感がある感じが…。

このサイドのデザインは、日産 新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車と
ガソリン車の外装・エクステリアの大きな違いの一つなので、実車を見る際は、
ぜひとも注目をしてみてくださいね。


違い3:タイヤサイズ

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車とガソリン車では、
タイヤサイズも異なります。

ハイブリッド車では、全グレード通じて17インチタイヤを装備しているのですが、
ガソリン車の最上位モデル”20Xグレード”では、18インチタイヤを装備しています。


■ハイブリッド車の17インチタイヤ

タイヤサイズ:225/65R17

日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017
日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

■ガソリン車の18インチタイヤ

タイヤサイズ:225/60R18

日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017
日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

このタイヤサイズの違いは、新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車と
ガソリン車の乗り心地の違いにも、大きな影響を与えています。

私は実際にハイブリッド車とガソリン車を同じコースで試乗をさせて貰ったのですが、
タイヤに厚みがあるハイブリッド車の方がよりしなかやで柔らかい乗り心地に…。

ハイブリッド車よりも硬めの乗り心地になっている18インチタイヤを装備した
ガソリン車でも不快な突き上げ感やコツコツ感は全く感じないため、十分に
満足できる乗り心地になっています。

ただ、女性など柔らかい乗り心地のクルマを好む人にとっては、18インチタイヤを
装備したガソリン車よりも、ハイブリッド車の方が運転がしやすいのかなと、
試乗をしていて思いました。

日産 新型 エクストレイル ハイブリッド 2017

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車とガソリン車の外装・エクステリアを比較してみたところ、
このような違いがありました。

この2台のモデルの外装・エクステリアに、大きな違いはありません。
ただ、エンブレムやドアロアクロームモールなど若干の違いがありました。

また、それ以上に注目なのは、乗り心地の違い。

ハイブリッド車とガソリン車の上位モデル”20Xグレード”では、タイヤサイズが
異なるため、乗り心地が明らかに異なります。

日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車とガソリン車では、
乗り味が全く異なるので、この乗り心地の違いで、購入するモデルを決めるのも
良い方法なのかなと思いました。


画像 試乗レビュー速報