【マイチェンでよりSUVらしく!】 SX4 S-CROSSの外装の実車画像レビュー

2017年にマイナーチェンジした、スズキSX4 S-CROSS、マイナーチェンジ前のモデルと比べると、主に、ヘッドライト、グリルを含む、顔が変わりました。

2017/10/19

Chapter
SX4 S-CROSSの画像レビュー
特徴1:フロントマスク
特徴2:確かな走りを実現したタイヤ
特徴3:ヘッドランプとリアコンビランプ

SX4 S-CROSSの画像レビュー

スズキ SX4 S-CROSS

ヘッドライトにはポジションランプ含め、LEDが用いられ、よりきらびやかに、独立したフロントグリルはメッキの効果もあり、より豪華に力強い表情に変化しました。

スズキ SX4 S-CROSS

フロントフォグランプ周りも、メッキベゼルで縁取られ、ボディ下半分に、ブラックのモールが装着されることで、オフロードのイメージをより濃くします。サイド、リアにはシルバーアンダーガーニッシュが装着され、ボディのアクセントにもなっております。

ボディーカラーは、新色含む4色が用意されます。スフィアブルーパール、エナジェティックレッドパールは新色となり、クールホワイトパール、コスミックブラックパールメタリックと、4色ともパールを含む豪華な塗装となります。スフィアブルーパールは、シックな落ち着いた佇まいを演出し、エナジェティックレッドパールは、ブラックのモールとの色の相性も良く、豪華でなおかつ、スポーティーな外観になります。

どのボディーカラーを選んでも、SX4 S-CROSSのキャラクターと相まって、豪華でしかし、落ち着いた見た目になることは間違いないです。

特徴1:フロントマスク

今回のマイナーチェンジは、表情の変化が大きな違いです。フロントマスクの一番の変化であるフロントグリルは、一段浮きだした立体感のあるフロントグリルになり、メッキで彩られ力強さと迫力が増しました。

スズキ SX4 S-CROSS

ヘッドランプの改良も、フロントマスクの変化に一役買っています。若干大きめのサイズでプレーンなデザインであったヘッドランプは、LEDでまとめられ、ポジションランプについても、LEDで表情が豊かになり、夕暮れ後の見た目も一段と精悍になりました。

フロントバンパーについですが、マイナーチェンジ前のモデルと比べると、より立体感が増し、アンダーモールの造形も複雑になり、オフロード走行するイメージがより抱きやすくなり、SUVらしさが増したと感じました。アンダーモールは樹脂パーツで出来てますので、多少の傷は目立たなく、むしろ格好よく見えるのではないでしょうかフロントバンパー含む、フロントマスクについては、プレーンな表情から一転して、ワイルドでゴージャスなイメージを受けました。

今回のマイナーチェンジでは、フロントボンネットにも変更がされており、マイナーチェンジ前のモデルと比べると、プレスラインが増え、力強いコブが演出されるようになりました。よりSUVらしくなってきたなというのが印象です。

全体的に、プレーンで没個性だったマイナーチェンジ前モデルに比べると、かなりイケメン度が増している印象を受けました。

特徴2:確かな走りを実現したタイヤ

SX4 S-CROSSは側面から見ても、かなり迫力があります。その迫力に一役買っているのが、主にタイヤではないでしょうか。

スズキ SX4 S-CROSS

SX4 S-CROSSは17インチアルミホイールが純正で早着されます。17インチホイールは切削加工&ブラックで塗装され、大径タイヤとともにしまったデザインの印象を与えます。

タイヤや17インチホイール以外にも、黒の樹脂加工されたフェンダーアーチモールやサイドアンダーモール、シルバーアンダーガーニッシュが、より迫力を増すアイテムとなっております。やはり、黒樹脂加工された、モール類は、SUVモデルには、欠かせないアイテムなのではと感じます。

ルーフレールが標準で設定されているのも、アウトドアユースを想定しているようで、好感が持てます。このルーフレールはシルバー塗装されていますので、ボディ上部のアクセントポイントともなります。シルバーアンダーガーニッシュとセットで装着されていることによる見た目の相乗効果も期待できます。

最低地上高は185mmありますので、通常使用で役立つことはあっても、困ることはないでしょう。多少の積雪や、未舗装の林道などでも、SX4 S-CROSSの本領を発揮できると感じます。最低地上高の高さと、ホイールハウスクリアランスがSUVらしさをさらに演出していると感じるスタイリングです。

特徴3:ヘッドランプとリアコンビランプ

今回のマイナーチェンジで、ヘッドランプとリアコンビランプについても変更を受けました。

ヘッドランプに関しては前述に通り、より精悍なイメージとなりLEDポジションランプの造形も豊かになった気がしますが、リアコンビランプに関しても、ヘッドランプほどではないにしろ、変更がありました。

少しなだらかで、笑った感じのしたリアコンビランプは、直線基調となり、幅広感が増した感じがします。もちろんリアコンビランプに関しても、LEDが使用され、悪天候などでも、後続車にはっきりと存在をアピールでき、安全に一役買ってます。

スズキ SX4-CROSS

リアシルバーアンダーガーニッシュの造形については、マイナーチェンジ前と比べ、さほど変化はないですが、黒の樹脂加工されたバンパーモールとともに、SUVらしさと迫力をうまく演出していると思います。

4WDモデルに関しては、バックドアに、ALLGRIPのエンブレムが装着され、只者ではない感じを、後続車のドライバーにアピールします。

画像 試乗レビュー速報