新型ステップワゴンスパーダ外装画像比較!ハイブリッド車とガソリン車の違いは?

新型ステップワゴンスパーダハイブリッド、基本的な見た目は、ガソリンモデルのスパーダと同じです。しかし、ノーマルのタイプとは違い、大型なグリルが装備されるなどガソリン車よりもいかつい表情のフロントマスクになります。※画像は新型ステップワゴンスパーダハイブリッドです。

2017/11/3

Chapter
ガソリン車よりいかついフロントマスク
ホイール、ドアハンドル 、エンブレムに変化が…
リアコンビランプがクリアに

ガソリン車よりいかついフロントマスク

ホンダ ステップワゴン

ガソリンモデルは、ノーマルとスパーダ両モデルありますが、ハイブリッドに関しては、スパーダモデルだけです。必然的に、ハイブリッドモデルはいかついフロントマスクのみとなります。ステップワゴンスパーダは、インラインタイプのLEDライトが標準装備され、精悍な表情になっています。

ホンダ ステップワゴンスパーダ

LEDライトにはLEDアクティブコーナーリングライトも標準装備され、進行方向の内側を照らし、視認性を向上させる役割があります。

ノーマルモデルと違い、フロントバンパーの作りも違い、ノーマルが丸っぽく、穏やかな表情をしているのとは違い、より精悍な作りとなっていますバンパー下部には、これもノーマルモデルには用意されない、フロントスポイラーが標準で装備されるのも異なる点です。

ホイール、ドアハンドル 、エンブレムに変化が…

ホンダ ステップワゴン

スパーダハイブリッドには、全グレードでアルミホイールが標準装備されます。アルミホイールはスパーダハイブリッド専用のデザインになり、ガソリンモデルのスパーダとはまた違ったアルミホイールとなります。

ホンダ ステップワゴンスパーダ

スパーダハイブリッドのアルミホイールはグレードに関わらず、全て16インチとなります。ドアハンドルについては、ノーマルモデルではボディ同色となるところ、スパーダハイブリッドではクロームメッキ仕上げのドアハンドルとなります。このドアハンドルがクロームメッキされることによって、より高級感が増します。

リアコンビランプがクリアに

ホンダ ステップワゴンスパーダ

リアコンビランプは、スパーダ専用デザインとなります。ノーマルモデルとは違い、クリアタイプのリアコンビランプが標準装備されます。これにより、スパーダハイブリッドの後姿をよりクールな印象に仕上げることが出来ました。

リアバンパーについては、ノーマルモデルがプレーンな印象でまとめられるのに対し、スパーダハイブリッドは、シャープで、スポイラー的なデザインでまとめられています。

ホンダ ステップワゴンスパーダ

ノーマルモデルのリアバンパーが丸い感じのデザインならば、スパーダハイブリッドはスクエアな感じのデザインといったところでしょうか。ノーマルモデルには装備されない、トランクスポイラーが、スパーダハイブリッドには標準装備されます。

トランクスポイラーはかなり大型なデザインで、後方にかなりスポーティーな印象を与えます。

スパーダハイブリッドには専用エンブレムも装備されます。

リアゲート右側にスパーダのエンブレム、その下に、ハイブリッドのエンブレムが装着されます。ハイブリッドエンブレムは若干控えめに装着され、これみよがしとなってないところに好感が持てますね。

ステップワゴンお馴染みの装備である、わくわくゲートは、スパーダハイブリッドにも、もちろん装備されます。

ホンダ ステップワゴンスパーダ

このわくわくゲートは、横にも縦にも開けることが出来るリアハッチで、狭いところでも、荷物の出し入れに重宝します。

ホンダ ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンスパーダハイブリッド、基本的な見た目に関しては、ガソリンモデルのスパーダと同じで、アルミホイールがハイブリッド専用デザインとなります。

ガソリンモデルでも売り上げの大半はスパーダモデルとなっているようですので、ハイブリッドモデルをスパーダ専用としたのは間違いないような気もします。スパーダハイブリッドを選択すると、低燃費とカッコよさが両立できそうなそんな気がしないでもないです。

画像 試乗レビュー速報