新型レガシィアウトバックの安全性能レビュー【改良されたアイサイトの性能はどう?】

新型レガシィアウトバックにはアイサイトという運転支援システムが装備されています。マイナーチェンジにより、アイサイトがver2から、ver3に進化。より安全に関して充実した装備となりました。この記事ではそのアイサイトについて、説明していきたいと思います。

2017/12/13

Chapter
カメラの視野が広がり、安全性能がアップ
左右後方の死角も解消
実際に乗ってみた感想

カメラの視野が広がり、安全性能がアップ

スバル レガシィ アウトバック

アイサイトには以下の機能が装備されています。

プリクラッシュブレーキ

衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意喚起を行います。それでも回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速、停止するシステムです。前方車両との速度差が50㎞/h以下の場合、衝突回避または被害を軽減する機能があります。

全車速追従機能付クルーズコントロール

クルーズコントロールは前のクルマとの車間距離を維持するシステムです。自動でブレーキやアクセルを操作し、車間距離を一定に保ちます。0~120㎞/hの幅広い車速域で機能するので、高速道路を走行中やノロノロ運転が続く渋滞時の疲労を軽減します。

アクティブレーンキープ

高速道路や自動車専用道路での走行時、ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識し、ステアリング操作のアシストを行います。

車線中央維持

約60㎞/h以上で走行している場合、車線中央付近を維持するようにステアリング操作のアシストを行い運転負荷を軽減します。

AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御

駐車スペースから出る時などの、シフトレバーやペダルの誤操作による急な飛び出しを抑制。発進だけでなく、後進も対応しているのが特長です。

後退時自動ブレーキシステム

後退時、車体後部に装着されたソナーセンサーが障害物を検知。衝突の可能性がある場合は、ナビゲーション画面への警告表示と警報音で段階的に注意を喚起します。回避操作が無い場合は自動的にブレーキをかけ、衝突回避または被害を軽減させます。

左右後方の死角も解消

レガシィアウトバックは前方だけの安全だけでなく、左右後方の安全にも力を入れています。以下のシステムで、左右の死角を軽減します。

スバルリヤビークルディテクション

スバル レガシィ アウトバック

車体後部に内蔵されたセンサーによって、自車の後側方から接近する車両を検知。衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドアミラー内側のLEDインジケーターや警報音でドライバーに注意を促します。

左右折時やコーナーリング時に視界の妨げにならないよう、フロントピラーの形状やサイドミラーの位置が最適化され、さらに三角窓がドアに内蔵されています。これにより死角が少なくなっています。

ステアリング連動ヘッドランプは、カーブや交差点を曲がる時、ステアリング操作に連動してヘッドランプの光軸を動かし、夜間の安全性を高めます。


実際に乗ってみた感想

スバル レガシィ アウトバック

スバルの安全性能のアイサイトは、様々な機能が装備されています。さすがに、全ての機能を試乗で試すことは出来ませんでしたが、一部の機能については確認できました。

スバルリヤビークルディテクションは、左右後方から接近する車両を認識する機能です。サイドミラーに装備されているLEDLEDインジケーターが点灯し、死角にいる車両を認識することができました。

車両が接近している状態で、車線変更しようとすると、LEDインジケーターが今度は点滅状態になりますが、それに関しては、危険なので、流石に試せなかったです。

全車速追従機能付クルーズコントロールはについても試してみました。速度を40㎞/hに設定してみましたが、前車との距離を一定に保つことで、快適に安全に運転することが出来ました。もちろんアクセルブレーキなしでの運転です。それ以外の機能に関しては、試せなかったですが、万が一のことを考えると安心ですね。

スバルの安全運転支援システムは一度味わってしまうと、装着していない車には戻れないかもしれません。特に全車速追従機能付クルーズコントロールなどはあると渋滞時の走行が楽です。もちろんアイサイトなどを過信しての運転は危険ですが、運転時の軽減を軽減してくれるシステムは素晴らしいと思います。