新型レガシィ アウトバック外装レビュー【 ライトが動いて夜道の見やすさがアップ!】

2017年9月にマイナーチェンジが発表された、レガシィ アウトバック。今回の記事では、見た目や機能の変化について、お伝え致します。
※画像はすべてアウトバックリミテッドです。2017/12/12

Chapter
フロントマスクの変更はほとんどない
ヘッドライトに変更点が…
ステアリング連動ヘッドランプを装備
ドアミラーが暗闇でも目立つ新デザインに変化
リアのデザインはほぼ変更点なし
まとめ

フロントマスクの変更はほとんどない

スバル レガシィ アウトバック

今回のマイナーチェンジでは、グリル、バンパーを含めたフロントマスクについては、ほとんど変更ありません。それだけ完成されたデザインだということでしょう。

ヘッドライトに変更点が…

スバル レガシィ アウトバック

変更されたのはヘッドランプです。安全性に重点を置いた変更が行われました。太陽光に近い白色光のLEDハイ&ロービームランプを標準装備し、夜間やアウトドアでも明るく照らすことが可能です。
このLEDハイ&ロービームランプは、アダプティブドライビングビームを採用し、ヘッドランプに内蔵されたシェードによって、前方車両に当たる部分を遮光し、そのほかの部分はハイビームで照射することが出来ます。

ステアリング連動ヘッドランプを装備

またステアリング連動ヘッドランプも装備されています。ステアリング操作に連動しヘッドランプの光軸を動かすので、カーブや交差点など見通しの悪い場所で、車両や歩行者を素早く認識することができます。
上記以外に、ポップアップ式ヘッドランプウォッシャーが標準装備され、ヘッドランプの汚れを瞬時に取り除くことが出来ます。

スバル レガシィ アウトバック

フォグランプ周りはブラックの樹脂で覆われて、SUVらしい見た目となります。

アンダーカバーも装備され、アウトバックはブラックの樹脂、アウトバックリミテッドはシルバーが施されます。

ドアミラーが暗闇でも目立つ新デザインに変化

スバル レガシィ アウトバック

レガシィアウトバックには暗闇でも目立つLEDサイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ターンインジケーター付)が標準装備されます。

ホイールについてですが、標準グレードには17インチ、リミテッドには18インチのダークメタリック塗装+切削加工ホイールが標準装備されます。

スバル レガシィ アウトバック

サイドスカートは、アウトドア使用を想定された、ブラック塗装の樹脂製となります。

スバル レガシィ アウトバック

そのためか、アウトバックのサイドの外観はかなりワイルドです。

サイドスカートの上部に配置されるクラッディングですが、アウトバックはブラックの樹脂製、アウトバックリミテッドはメタル調のガーニッシュとなります。

ドアハンドルは、アウトバック、アウトバックリミテッドともに、ボディ同色のドアハンドルとなり、アウトバックリミテッドのドアハンドルに関しては、照明付きとなります。

リアのデザインはほぼ変更点なし

リアのデザインに関しては、マイナーチェンジでの変更はほぼありません。
LEDリアコンビネーションランプを標準装備し、LEDの光により悪天候でも後続車に自車の存在をアピールすることが出来ます。

スバル レガシィ アウトバック

なお、濃霧の際に役に立つリアフォグランプについても、標準装備されます。
マフラーに関してですが、マフラー自体が存在を主張することはなく、控えめに下方向に向いた形状となります。

リアのクラッディングについてですが、アウトバックはブラックの樹脂で出来ており、アウトバックリミテッドに関しては、メタル調のガーニッシュとなります。
ルーフスポイラーも標準装備され、キャリアに載せた荷物が当たっても傷が目立ちにくく実用性を高めた作りとなっています。

まとめ

今回のマイナーチェンジは、安全装備を中心に変更が行われたため、フロント、サイド、リアともに、見た目の変更はほとんどありません。それだけに完成されたデザインだと言えるでしょう。

SUVとして、アウトドアがとても似合う力強いデザインですが、それでいて街中でも違和感ないようなモデルだと思います。
スバルのフラッグシップモデルとして高級感も抜群で、見た目の満足感もかなりのものでしょう。

画像 試乗レビュー速報