まずは警察に連絡しましょう。許可なく撤去してはいけません。

放置車両の所有者を調べる方法①警察

いくらこちらが迷惑を被っているとしても、車の所有権は持ち主にあるため、正しい手順を踏んで処理をする必要があります。"不動車"と言いますが、不動車は保有しているだけでどんどん損をしてしまいます!

まずは、警察に連絡をして持ち主を調べてもらいましょう。警察は放置車両の撤去はできませんが、所有者が判明すれば連絡をしてくれます。警察からの連絡で持ち主が自動車を引き取りにくれば、問題はすべて解決です。

また、放置されていた車両が犯罪と関係していた場合には、状況証拠の保管として放置車両を撤去してもらえる可能性もあります。

放置車両の所有者を調べる方法②ナンバープレート・車体番号

また、持ち主を調べる方法として、ナンバープレートや車体番号を調べる方法もあります。

1.放置車両が普通自動車の場合
ボンネット内のエンジンルームの奥に車体番号が打刻されているはずです。車体番号をナンバープレートや自分の身分証明書とともに陸運支局に提示することで、「登録事項証明書」を発行してもらい、持ち主の氏名や住所を特定できる場合があります。

2.放置車両が軽自動車の場合
近くの軽自動車協会の窓口に行き、放置車両の写真2枚(前後のナンバープレートがそれぞれ確認できるもの)と車両が放置されている土地の地図を、土地の所有者の登記簿謄本・自分の身分証明書のコピーとともに提出すれば、軽自動車検査ファイルから情報を閲覧することができます。

所有権を移転し廃車買取業者に依頼しよう

放置車両の持ち主が分かった場合は内容証明郵便を送付し、持ち主に撤去を要求しましょう。それでも応じない場合には、競売手続きに関する簡易訴訟を起こします。勝訴することができれば、自動車の所有権を自分に転移することができ、撤去などの手続きを自分の意志で決められます。放置車両の処分に掛かる値段は一般的に1~2万円が相場だと言われていますが、車両の状態によっては5万円を超えてしまう場合もあります。一方で廃車買取であれば、運転可能な自動車であれば転売したり、使用できるパーツはリサイクルしたりするため、思っていた以上の価格で買い取ってもらえることがあります。

持ち主不明の自動車について

自動車を放置する人の中には、撤去に関する請求が来ないようにナンバープレートを取り外し、車台番号を削り取っている方がいます。このような場合は、放置車両の持ち主を見つけ出すことはできません。また、車両の持ち主を見つけ出すことができたとしても、具体的な所在が不明で連絡がつかないこともあります。

このような場合、放置車両の前後の窓ガラスに「この車は○日から無断駐車をしており、○日までに撤去しなければ、放置車両とみなし処分します。」という貼り紙をしておき、期日までに連絡が無かった場合、上の段落と同様に、廃車買取業者を呼んで処分してもらいましょう。後日訴えられる可能性もあるので、経緯などをすべて記録に残すようにしてください。

車の処分、お困りですか?
廃車、過走行車、不動車、水没車どんな車でも買取ります! 処分予定の車が、0円以上で買取保証!日本全国、365日対応だから安心。

廃車の処分をお考えの方は一度ご相談ください!

最短10分で買取価格をお知らせします。

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様情報の入力

お名前
電話番号
都道府県
メール
任意

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

CareMe車処分の流れ

「CarMe車処分」なら45秒程度の簡単な情報入力で、申し込み完了!最短10分で廃車買取価格をお知らせします!
車の処分に関して不明点相談などがある場合も専門オペレーターが対応してくれるので安心!査定から廃車手続き完了までしっかりサポートします。

1.ネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取り。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。