引っ越しに伴って車が必要なくなってしまえば、維持費のことも考えると処分してしまうのが一番よいかもしれません。では、車を処分するときは引っ越しの前と後どちらの方がお得なのでしょうか。この記事では引っ越しの前と後でそれぞれに発生するメリットデメリットや処分する際に必要となる書類や手続きについて解説します。

目次

車の処分は引っ越し前と後どちらはいいのか?

車の処分は引っ越し前と後どちらはいいのか?

引っ越し前に手放すメリットと注意する点

車の買取価格に注目すると、全国展開をしている買い取り業者であればどの地域で売却を行ってもそれほど査定額に差が出るわけではありません。しかし、車の処分の目的によってどちらがお得になるかが異なります。もし、引っ越し先で絶対に車が必要ないと分かっており処分したいのであれば引っ越し前に手放したほうがお得です。

引っ越し前に手放すメリットは、必要な書類が少なくて済む、住所変更の届出の手間が省ける、輸送費がかからないという点が挙げられます。しかし注意する点として、売却を急いでいることを知られないほうがよいという点が挙げられます。業者によっては早めに手放したいと分かれば査定額を相場より低く見積もっても売却するだろうと予測し、安く買い取られることがあるかるからです。

引っ越し後に手放した方がいいことも

中には引っ越してから売却をするほうがよい場合もあります。引っ越し前に処分をし、せっかく新しい車を購入したのに引っ越し先の駐車場や環境に合わないという場合です。住所変更の手続きや駐車場の確保が必要となり、手間やお金がかかってしまう事も考えられます。住所変更をせずに走行している車もありますが、処分を考えているのであれば住所変更は必ず必要となります。手続きが遅くなってしまうと必要な書類が増えてしまいますので、引っ越したばかりで忙しい時期であったとしても期間内に変更届を出しましょう。

引っ越し前に車を処分する場合(通常の手続き)

引っ越し前に車を処分する場合(通常の手続き)

必要な書類と確認しておくこと

引っ越し前に車を処分する場合は、通常車を処分する方法と変わりません。普通自動車の売却には実印と発行から1か月以内の印鑑証明書が2通、車検証、自賠責保険証、譲渡証明書、委任状が必ず必要になります。軽自動車の売却には認印などの印鑑、車検証、自賠責保険証が必ず必要です。少しでもお得に売却するためには、まず売りたい車の現在の買取相場を確認しておくことが大切です。明らかなキズや事故歴、修復歴がないのにもかかわらず、相場よりもはるかに低い買取値を提示されたら別の買い取り業者に向かうというのもよいでしょう。

買取価格を高くするには

もし車を手放す時期を選ぶことができるのであれば、1月から3月、もしくは9月から10月が高く買い取られる傾向にあります。特に3月は進学や就職など引っ越しシーズンでもあり、車を購入する人も多くなるため高く買い取っても業者が損をしないためです。また、少しでも車をきれいにしておいた方が高く売れる傾向にあります。可能な限り掃除をしたり消臭したりといった車内の美化や、小さなへこみなどは修復しておくといった車外の美化で買取価格が上がりやすくなります。

売買契約から入金までの流れ

買い取ってもらうお店が決まって交渉が始まれば必要な書類を準備します。提示された額に納得できれば売却契約を行います。書類を渡せばそれ以降の手続きは買取業者が代行してくれますので買い取られる日を待ちましょう。いよいよ手放す日が来れば、最後に私物を忘れていないかを確認します。ダッシュボードはもちろん、CDやDVD、その他自分で取り付けた設備などがあれば忘れずに取り外しておきましょう。すべて終われば入金されるのを待ちます。

引っ越し後に車を処分する場合

引っ越し後に車を処分する場合

車とともに引っ越しをした場合は、新たな住所を15日以内に普通自動車であれば陸運局に、軽自動車の場合は軽自動車検査協会に届け出る必要があります。間に合わない場合、積極的に取り締まられることはありませんが、法律で届け出ることが定められているため、可能な限り早めに届け出が必要です。では処分について場合に分けて解説します。

車検証の住所変更が済んでいる場合

車検証の住所変更が済んでいるのであれば、通常通り売却処分をすることが可能です。引っ越し前に売却する方法を参考にしましょう。ただし、引っ越し後は印鑑証明書が以前のものでは使用不可となっているため、現住所であらたに印鑑証明をする必要があります。

車検証の住所変更が済んでいない場合

車検証の住所変更をしておらず、現住所と車検証の住所が違う場合は必要な書類が増えます。通常の書類に加えて住民票を添えて業者に渡す必要があります。この住民票によって車検証に記載されている以前の住所から現在の住所に転居したということが証明され、売却手続きを行うことができます。

複数回の転居をしている場合

2回以上の転居をしてから売却している場合は、住民票では足りません。住民票に記載されているのは現住所と1つ前の住所のみです。車検証に記載されている住所が2つ以上前のものであれば住民票では確認できないため、転居歴がすべて記載されている住民票の附票が必要になります。住民票と違い住民票の附票は本籍地が管理していますので、取り寄せる場合は時間がかかることがあります。

この記事で解決しない方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っているCarMe車処分の窓口へお問い合わせ下さい。
面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。廃車予定だった古い車や事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

まとめ

  • 引っ越し前の方が処分お手続きは簡単
  • 引っ越し後は車検証の住所変更が必要

引っ越しに伴って車を処分する場合は、引っ越し前と後で手続きと必要な書類が異なります。処分をするだけであれば引っ越し前の方が簡単で、通常の売却手続きをとることができます。引っ越し後に処分をするのであれば、車検証の住所変更が必要ですが、届け出をしていない場合は住民票あるいは住民票の附票が必要となります。

廃車の処分をお考えの方は一度ご相談ください!

最短10分で買取価格をお知らせします。

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様情報の入力

お名前
電話番号
都道府県
メール
任意

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

CareMe車処分の流れ

「CarMe車処分」なら45秒程度の簡単な情報入力で、申し込み完了!最短10分で廃車買取価格をお知らせします!
車の処分に関して不明点相談などがある場合も専門オペレーターが対応してくれるので安心!査定から廃車手続き完了までしっかりサポートします。

1.ネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取り。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。