車を保有している人にとって重要なのが車検です。車に乗り続けるためには、定期的に車検に出す必要があります。しかし、ついうっかり車検切れを起こしてしまい、車をどうしようか悩んでいる人もいるかもしれません。車検切れを起こした車に乗っても問題はないのか、処分したい時はどうすればよいかなど役立つ情報をお届けします。

目次

車検切れの車を運転したらどんな罰則があるの

車検切れの車を運転したらどんな罰則があるの

車検は2年に1回(初回は3年に1回)

一般的に車検と言われていますが、正式名称は自動車検査登録制度です。特定の自動車やバイクに対して行われる検査で、定期的に保安基準に適合しているかどうかをチェックしなければなりません。新車を購入した初回は3年に1回、通常は2年に1回車検を行い車に問題がないかチェックする決まりがあります。自動車の点検を整備を行うこと、自賠責保険に加入していることなど、車検を受けるためにはいくつかルールがあるので注意しましょう。

満了日をすぎると無車検運行に

車検には有効期間があり、満了日を過ぎた車を運転すると無車検運行になってしまいます。自分の車の車検がいつ切れるかは、車検証を確認すれば分かります。車検証の左下には満了日が記載されており、その日を過ぎると有効期間が終了してしまいます。車検切れに気づかず運転を続けると、罰則を受けてしまうのでしっかりチェックしておきましょう。

前歴がない場合は違反点数!?

車検が切れた車を運転した時の罰則ですが様々なものがあります。前歴がない場合は違反点数6点、30日間の免許停止、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金などが科せられます。車検が切れてしまった車は、新たに車検に出す必要があります。もし今後乗るつもりがないなら、処分することも考えたほうがよいでしょう。車検は車を安全に乗るために、必ず行わなければならないものです。車検切れを起こして罰則を受けることがないように注意しましょう。

車検切れの車を処分する方法は?

車検切れの車を処分する方法は?

車検が切れたタイミングで、新しい車に買い替える人も多いですが、元々の車をどう処分するか悩むこともあるでしょう。車検切れの車を処分する方法は色々あります。

解体業者に引き取ってもらう

まず自動車を廃車にする方法の1つが、解体業者に処分を依頼する方法です。自動車を廃車にするためには、ボディーを解体しなければなりません。解体は認可を受けた工場でしかすることができません。売るつもりがなく解体を希望するなら、専門の業者に持ち込んで解体を依頼しましょう。

廃車買取の専門店に出す

廃車になってしまった車はどうせ売れないと考えている人もいるかもしれませんが、廃車でも買取に出すことは可能です。買取業者の中には、廃車の買取にも対応しているところがあります。そういう業者に依頼すれば、使えなくなった車を売ることができます。値段がつかないと思うような車でも、実は高値で売れることもあります。車がボロボロでそのままでは使えなかったとしても、分解してパーツだけを再利用することも多いです。パーツを買い取りして海外に売っているような業者もあるので、依頼してみる価値は十分あります。

一括査定で買取店に売却する

買取を依頼する時は、一括査定サービスを利用するとよいでしょう。一度に複数の業者に査定の依頼ができ、簡単に査定額を比較できるので便利です。車を高く売るためには、なるべく多くの業者を比較することが大切なので、一括査定サービスを利用して業者を探してみましょう。

車検切れの車をまだ乗る場合は?

車検切れの車をまだ乗る場合は?

レッカー移動をして車検を受ける

まだ車に乗り続けるつもりだったのに、ついうっかり車検に出すのを忘れて有効期限が過ぎてしまった場合、どうすればよいのでしょうか。車検が切れたとしても、再度車検に出すことは可能です。しかし、そこで問題になるのがどうやって車検に出すかです。無車検運行すると罰則を受けることになるので、そのままでは自分で車に乗って工場まで持っていくことはできません。そういう時は、レッカー移動で車を工場まで持っていく必要があります。車検を請け負っている業者の中には、自宅からレッカー移動してくれるところもあるので、自分でレッカーを手配できないならそういった業者に依頼しましょう。

仮ナンバーの取得する

もし車検切れの車を自分で運転したいなら、仮ナンバーを取得する方法もあります。仮ナンバーは、車検切れの車につけるためのナンバーです。自分が住んでいる地域の役場で手続きすれば取得できます。運転免許証や認め印、自賠責保険の原本など必要な書類を揃えて手続をしてください。

ただし、仮ナンバーはあくまで一時的なものなので、3日から5日程度の有効期限があります。有効期限を過ぎた後は、仮ナンバーを返却しなければなりません。返却が遅れると、罰金が課せられるので注意しましょう。仮ナンバーを取得すれば、有効期限内なら車検切れの車でも公道を走ることができます。車検が切れてしまった車を処分せず、まだ乗り続けるつもりならこのような方法で再度車検に出しましょう。

この記事で解決しない方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っているCarMe車処分の窓口へお問い合わせ下さい。
面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。廃車予定だった古い車や事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

まとめ

  • 車検切れの車は公道を走れません
  • 乗り続ける場合は仮ナンバーを取得して再度車検を
  • 処分する場合は買取や解体を

車検が切れてしまった車は、公道を走ることができなくなります。もし走ってしまうと無車検運行になり、重たい罰則が科せられます。車検切れの車は、買取りに出したり解体したりと色々な方法で処分できます。もし車検切れの車を乗り続けるなら、仮ナンバーを取得するなどして再度車検を受ける必要があります。車検のルールをしっかり把握して、罰則を受けないように注意してください。

廃車の処分をお考えの方は一度ご相談ください!

最短10分で買取価格をお知らせします。

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様情報の入力

お名前
電話番号
都道府県
メール
任意

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

CareMe車処分の流れ

「CarMe車処分」なら45秒程度の簡単な情報入力で、申し込み完了!最短10分で廃車買取価格をお知らせします!
車の処分に関して不明点相談などがある場合も専門オペレーターが対応してくれるので安心!査定から廃車手続き完了までしっかりサポートします。

1.ネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取り。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。