普通車を処分するときには、必要な書類をそろえて所定の手続きをしなければなりません。このような手続きは、専門の業者が行ってくれることもあります。ただ、自分でもある程度の予備知識があったほうが安心です。今回は、普通車の処分方法や必要書類、書類を再発行してもらいたいときの手続き方法などを紹介していきます。

目次

車の処分方法別に解説!

車の処分方法別に解説!

車の処分、解体を同時にするときに行うのが、永久抹消登録という手続きです。手続きを自分で行うときに用意しておく必要があるのが、自動車検査証です。地方の運輸支局などが発行している自動車検査証は、車を運転するときに必ず手元に置いておかなければならないアイテムですよね。この自動車検査証は、ダッシュボードのなかなどに入れている人が多いようです。紛失などをしていなければ、比較的すぐに用意ができるでしょう。車を所有している人の実印や印鑑証明書も、忘れずにそろえておきたいアイテムです。このほか、車から取り外したナンバープレートやリサイクル券なども必要です。

車を盗まれたり、何らかの理由で車の使用を中断したいときには、一時抹消登録の手続きを行います。一時抹消登録でも、自動車検査証は準備しておかなければなりません。また、印鑑証明書と実印も必要なアイテムの1つです。このような一時抹消登録をした車を処分したくなったときには、解体抹消という手続きを行います。解体抹消では、印鑑証明書や実印、リサイクル券のほかに登録識別情報等通知書、一時抹消登録証明書などを準備する必要があります。

解体抹消に準備するもの

  • 印鑑証明書
  • 実印
  • リサイクル券
  • 登録識別情報等通知書

普通車の処分手続きを自分でする場合は、運転免許証などの本人確認書類を始め、以上のような書類の準備も基本的に自分自身で行わなければなりません。車の廃車手続きが面倒な人は、行政書士などに代行を頼むのも1つの方法になるでしょう。

普通車の車検証を紛失したとき

自動車検査証(車検証)などはA4版の紙であるため、ファイルなどに入れておかないと失くしてしまう可能性もあります。もし車検証を失くしたときは、書類を再発行してもらうことができます。

普通車の車検証を紛失したときの窓口は、都道府県の運輸支局、もしくは検査登録事務所です。窓口に行く場合、運転免許証などの本人確認書類や印鑑を用意しておけば、ほぼ手続きはできます。理由書や申請書、手数料を納める納付書などの書類は、すべて窓口に置いてあるため、事前に自分で用意しておく必要はありません。ちなみに、車検証の再発行にかかる手数料は300円です。窓口で提出した書類が受理されれば、当日中に自動車検査証が発行されます。

ナンバープレートが破損していたり、盗まれてしまったりしたとき

ナンバープレートが破損していたり、盗まれてしまったりしたとき

また、車の一時抹消登録をする際にナンバープレートが破損していたり、盗まれてしまったりしたときは、ナンバープレートも再交付してもらうことが可能です。実のところ、普通車の処分手続きに必要なものは、ほとんどが再発行をしてもらえます。家や車のなかを探しても見つからないときは、再発行という方法でピンチを乗り切りましょう。

ナンバープレートが破損して使えなくなったり、盗まれてしまったりした場合も、運輸支局や検査登録事務所に行くと再交付をしてもらうことができます。ナンバープレートを再交付してもらうときに必要になるのが、自動車検査証や印鑑です。ナンバープレートを再交付してもらう場合、同じ番号にするか、それとも番号を変更するかで迷ってしまうかもしれませんね。同一番号での再交付と、番号変更での再交付のどちらがよいかは、ケースバイケースです。ナンバープレートを盗まれたり、修復できないほど傷ついていたりするときは、番号変更をして再交付してもらったほうがよいかもしれませんね。再交付の料金や必要書類、手続きの流れはいずれの場合もだいたい同じです。

ちなみに、ナンバープレートの料金は自治体によっても少し変わることが多いです。また、製品のタイプによっても料金が前後します。安いタイプのナンバープレートは、2枚で1,000円台。高いタイプになると、2枚で8,000円以上することもあります。

登録識別情報等通知書をなくしたとき

解体抹消に必要な登録識別情報等通知書をなくしたときには、少し手続きが複雑です。この書類を紛失した場合は、車をあらためて登録しなければなりません。手続きの際に必要になるのが、新規検査や登録を希望する申立書です。

申立書には、登録識別情報等通知書を失くした事情を記載する欄が設けられています。遺失物届を出した警察署の名前や届出をした日付、受理番号なども記入する欄があります。新規登録の際には、こういった書類のほかにも印鑑証明書などのさまざまな書類が必要です。スムーズに手続きをするためにも、必要書類は抜けがないようにしっかりとそろえておきましょう。

リサイクル券をなくしたとき

リサイクル券をなくしたとき

リサイクル券をなくしたときは、とくに面倒な手続きは必要ありません。自動車リサイクルシステムのサイトでは、リサイクル券と同じ内容を記載した書類が無料で印刷できます。窓口に出向く前にこのような書類をプリントアウトしておけば、問題なく処分の手続きができるでしょう。

この記事で解決しない方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っているCarMe車処分の窓口へお問い合わせ下さい。
面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。廃車予定だった古い車や事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

まとめ

  • 普通車の処分には3つの抹消登録のスタイルがある
  • 必要書類には再発行してもらえるものもある
  • 車検証やナンバープレート、リサイクル券は運輸支局や検査登録事務所、自動車リサイクルシステムから入手が可能

この記事のポイントは、「普通車の処分には3つの抹消登録のスタイルがある」、「必要書類には再発行してもらえるものもある」、「車検証やナンバープレート、リサイクル券は運輸支局や検査登録事務所、自動車リサイクルシステムから入手が可能」の3つです。必要な準備をして、スムーズに処分の手続きを進めていきましょう。

廃車の処分をお考えの方は一度ご相談ください!

最短10分で買取価格をお知らせします。

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様情報の入力

お名前
電話番号
都道府県
メール
任意

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

CareMe車処分の流れ

「CarMe車処分」なら45秒程度の簡単な情報入力で、申し込み完了!最短10分で廃車買取価格をお知らせします!
車の処分に関して不明点相談などがある場合も専門オペレーターが対応してくれるので安心!査定から廃車手続き完了までしっかりサポートします。

1.ネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取り。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。