車を処分したいと考えたとき、処分にはさまざまなパターンがありますが、「廃車する」というのも1つの方法です。廃車するためには、必要書類などの準備や手続きが必要になります。そこでこの記事では、車を廃車処分にする際の準備から処分まで、手続きの流れを解説します。車の処分を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

車の処分をする大まかな流れは?

車の処分をする大まかな流れは?

車を処分するには、さまざまな方法があります。車がまだ使用可能なら、買取店やオークションを利用して売却したり、誰かに譲る方法が手っ取り早いでしょう。使用不能状態であれば、解体して「永久抹消登録」という手続きを行い、廃車する方法があります。ちなみに、車は解体せずナンバーだけ外して登録を削除する「一時抹消登録」という手続きもありますが、ここでは永久抹消登録について解説します。

永久抹消登録の手続きは、車の所有者本人が行うほか、業者など第三者に依頼して行うこともできます。

所有者が自分で行う場合

所有者が自分で行う場合、手間や時間はかかりますが、誰かに委任するより、必要書類は少なくなります。また、車検証の内容によっては、住民票や戸籍など、より個人情報の度合いが高い書類を用意する必要もあるので、自分で手続きをすませたいと思う方もいるでしょう。

業者など第三者に頼む場合

業者など第三者に頼む場合は、準備も実際の手続きもすべて任せられるため楽ですが、別途手数料がかかる可能性があります。また、必要書類もやや多くなります。どちらの方法で手続きするか、自分にとって利便の良い方法を選びましょう。永久抹消登録は、車を先に解体した上で、必要書類をそろえ、使用の本書である現住所の運輸支局で手続きをするという流れになります。書類の不足や不備で手続きが滞らないよう、準備をしっかりして手続きにのぞみましょう。

準備は何をしたらいいの?必要書類や確認事項をチェック

準備は何をしたらいいの?必要書類や確認事項をチェック

それでは、手続きの流れを確認する前に、処分に必要な書類をチェックしましょう。まず大切なのが、解体する車の車検証とナンバープレートを保管しておくことです。車と一緒にスクラップしてしまわないよう、注意が必要です。ナンバープレートは車の前と後ろ2枚とも必要です。

次に、所有者の印鑑登録証明書も用意します。印鑑登録証明書は発行日から3か月以内のものしか使用できません。もし、すでにもっている証明書を使う場合は、必ず発行日を確認してください。なお、車検証と印鑑登録証明書を突き合わせたとき、所有者の住所や姓が合致しない場合は追加書類も必要です。転居などにより住所が合致しない場合は、転居の経緯がわかる住民票を用意します。姓が合致しない場合は、姓の変更経緯がわかる戸籍謄本を用意します。

車を解体したことに関する情報として、「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」も必要です。移動報告番号は、車の解体の際にもらえるリサイクル券に記載されています。解体報告記録がなされた日は、解体済みの連絡を業者から受けたときに確認が可能です。どちらの情報もメモなどに控えて手続きに持っていきましょう。

そのほか、「手数料納付書」「永久抹消登録申請書」「自動車税・自動車取得税申告書」が必要ですが、手続き当日窓口でもらって記載すれば良いので、事前に準備しなくても大丈夫です。ただし、用紙の購入に40円かかるので、少し現金を持って行った方が良いでしょう。

事前に準備が必要な書類
  • 車の車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 所有者の印鑑登録証明書
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ
事前に準備が必要な書類
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

いざ永久抹消登録の申請!窓口に行ったらどんな流れ?

いざ永久抹消登録の申請!窓口に行ったらどんな流れ?

必要書類がそろったらいよいよ永久抹消登録の手続きです。実際の手続きの流れを説明します。

まず、運輸支局の窓口で、申請書や納付書など、当日準備する書類の用紙をもらい、記入します。記載例などが備え付けられているので、参考にしながら記入するとスムーズです。書類を書き終えたら、必要書類がすべてそろったことを今一度確認してみましょう。次にナンバープレートの返却窓口で、ナンバープレートを返却します。その後、書類提出窓口に、自動車税の申告書以外の必要書類をすべて提出します。不足や不備がなければ、運輸支局分の手続きは完了です。

次に、運輸支局の近くにある自動車税事務所に向かいます。事務所内の窓口に、自動車税の申告書を提出しましょう。窓口担当者が中身を確認し、不足や不備がなければ自動車税の申告も完了、車の処分に関する手続きはすべて終わりです。自動車税が還付される場合は、手続きが完了してから数ヶ月の間に自動的に還付の通知が送られてきます。特に還付用の手続きを別途行う必要はありません。

なお、自動車重量税の還付や自賠責の返金がある場合は、別途手続きしなければならないため、注意が必要です。また、3月の決算期、週明けの月曜日、受付終了間際など、時期や曜日、時間帯によって窓口が混雑する場合があります。スムーズに手続きを進めるためには、混雑しそうなタイミングは避けることをおすすめします。

この記事で解決しない方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っているCarMe車処分の窓口へお問い合わせ下さい。
面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。廃車予定だった古い車や事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

まとめ

  • 使用不能の車の処分は永久抹消登録手続きで廃車にするのがおすすめ
  • 運輸支局・自動車税事務所などの窓口で手続きを行う

使用不能で売却もできない車は、永久抹消登録手続きで廃車にするのがおすすめです。あらかじめ準備しておかなければならない書類や、手続き当日に準備できる書類など、書類に種類があるため事前の確認は必須です。手続き自体はそこまで難しいものではないので、個人でも可能です。スムーズに手続きを進めて、車をすっきり処分しましょう。

廃車の処分をお考えの方は一度ご相談ください!

最短10分で買取価格をお知らせします。

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様情報の入力

お名前
電話番号
都道府県
メール
任意

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

CareMe車処分の流れ

「CarMe車処分」なら45秒程度の簡単な情報入力で、申し込み完了!最短10分で廃車買取価格をお知らせします!
車の処分に関して不明点相談などがある場合も専門オペレーターが対応してくれるので安心!査定から廃車手続き完了までしっかりサポートします。

1.ネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取り。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。