乗っていない車をそろそろ処分しようと思うけど、処分にはお金も時間もかかって何かと手間がかかるイメージがありますよね。処分にはどのくらいの費用がかかるのかを知り、価格を抑える方法がないのかをお伝えします。できる限り費用を抑えて、上手に車を処分する方法についても触れていますので、車の処分を検討している方は必見です。

目次

車の処分方法とは?どんな方法があるのかを知ろう

車の処分方法とは?どんな方法があるのかを知ろう

自動車を新車・もしくは中古車として購入した場合や、誰かに譲り受けた場合、その車が自分の所有物である事を運輸管理局に登録する必要があります。その情報を元に車検や自動車税のお知らせが届くのです。車を処分する時には、まずそれらの登録を抹消する事を忘れてはいけません。そうでなければ、毎年乗ってもいない車の税金を支払うハメになってしまいます。

車の登録抹消には、3つのパターンがあります。まずはその違いを理解しましょう。

永久抹消登録

車を既に解体して、完全に処分しきった場合に行うのが「永久抹消登録」です。自分自身で解体屋に持ち込んで解体した時などに必要な手続きですね。

一時抹消登録

解体はまだしていないけれど、もう車に乗らない場合には「一時抹消登録」を行います。車の原型が残っている場合の手続きと覚えておいて差支えないでしょう。車を手離す以外でも、「思い入れのある車だから乗らないけど手元に置いておきたい」「長期海外出張が決まって長い間車に乗らない」などの場合にも、一時抹消登録を行う事で自動車税を払う義務がなくなります。費用に関してもそこまで高額にならず、350円程の手数料だけで行う事ができます。

解体届出

解体業者に依頼したり、自分で車の解体を行う場合の手続きが「解体届出」です。これは一時抹消登録した車を解体する際に必要な届出です。廃車に関する手続きとしてはこれらの届出が必要ですが、処分方法によって必要な手続きも変わってきます。まずは、この3つの手続きの内容を理解して、必要な届出を把握しましょう。

廃車手続きの費用は1~2万円。費用のその中身とは?

廃車手続きの費用は1~2万円。費用のその中身とは?

廃車として車を処分する場合には、車そのものを解体して登録を抹消するため「永久抹消登録」が必要になります。永久抹消登録自体は手数無料で行う事ができますがそこに至るまでに様々な費用がかかってくるものです。実際、業者に廃車を依頼すると1~2万円を請求されることが多いですね。それは、車の解体費用や自走できない場合のレッカー費用などを含んでくるからです。

その内訳を見てみましょう。

解体業者によるスクラップ費用として約1万5千円、さらに自走不能の場合には移動費(運搬費)がかかり約2万円ほどです。更に、業者によっては解体作業を行うにあたっての手数料として約3千円程度を請求する場合もあるようですね。手数料に至っては、業者ごとにシステムが全く違うので、手数料無しで解体を引き受けてくれる業者を探すのが良いでしょう。

  • スクラップ費用:約1万5千円
  • 移動費(運搬費):約2万円
  • 解体作業の手数料:約3千円

つまり車を廃車にするにあたっての費用の平均は自走できる場合で約1万5千円前後、自走できない場合は3万5千円程度という事になります。また、車種などによっても金額は前後します。車を解体後の各種手続きにおいては、一時抹消登録以外は手数料がかかりませんので無料で行う事ができます。ただし、必要書類が多く手間のかかりやすい手続きでもあるため業者や司法書士に代行を依頼する事ができますが、そうするとさらに代行手数料がかかってくる事が多いので注意が必要ですね。

  • 自走できる場合:約1万5千円
  • 自走できない場合:約3万5千円

処分費用を安く抑えるポイントは?タイミングはいつがいいの?

処分費用を安く抑えるポイントは?タイミングはいつがいいの?

処分費用を抑えるためのポイント

処分費用をできる限り安く抑えるには、まず自己判断しない事です。事故などで大きな傷がついている、故障で自走が難しいなどの場合でも、業者によっては買い取りをしてくれたり、無料で車体を引き取ってくれる場合があります。ディーラーによっては、今後新車を自社で購入してもらうために全ての廃車作業を無料で引き受けてくれることもありますので、「これは売れないだろう」と自分で判断せずに、まずはディーラーや中古車販売店・廃車専門業者などの査定を受けるのがおすすめです。

処分費用を抑えるためのタイミング

また、廃車にするにはタイミングも大切です。自動車税は、4月1日の時点で所持している車に対して翌3月までの1年分の税金を納税します。そのため、年度内に永久抹消登録、もしくは一時抹消登録をおこなった場合は還付金として払い過ぎた自動車税がかえってきます。ただし、軽自動車だけは、この制度に当てはまらず自動車税の還付金を受けられないので注意しましょう。その他にも、重量税や自賠責保険なども条件を満たしていれば還付を受けられる場合があります。

廃車を業者などに依頼した場合、これらの還付金によって収入になるからという理由で無料で車を引き取る事も少なくありません。解体業者に引き渡した後に、還付金の存在を知ってトラブルになる事もあるそうです。自分の車を廃車にする事で、どんな還付金をどれ位受ける事ができるのか?など事前にしっかりと調べておく事も損しないために必要ですね。

この記事で解決しない方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っているCarMe車処分の窓口へお問い合わせ下さい。
面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。廃車予定だった古い車や事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

まとめ

  • 廃車として車を処分するのは「永久抹消登録」を行うこと
  • 自走できる場合は1万5千円、できない場合は3万5千円ほどかかる
  • 処分費用を抑えるために自己判断しない

車を処分する際の手続きや費用平均について紹介してきました。事故車や自走の難しい車は、廃車や事故車の買取専門店へ相談してみて、まだ乗れる車であればオークションや下取りを検討してみてはどうでしょうか?面倒な査定なども、一括でおこなえるサービスがあります。車を処分する際にはお得に手離し、収入があれば新車購入の費用に充てたいものですね。

廃車の処分をお考えの方は一度ご相談ください!

最短10分で買取価格をお知らせします。

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様情報の入力

お名前
電話番号
都道府県
メール
任意

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

CareMe車処分の流れ

「CarMe車処分」なら45秒程度の簡単な情報入力で、申し込み完了!最短10分で廃車買取価格をお知らせします!
車の処分に関して不明点相談などがある場合も専門オペレーターが対応してくれるので安心!査定から廃車手続き完了までしっかりサポートします。

1.ネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取り。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。