乗らなくなった車を廃車にする際、パーツによっては外して個別に売却できる場合もあります。それを知らずに処分してしまうと損をするかもしれません。ただし、中には外してしまうと違法行為につながることもあるため、注意が必要です。そこで、車を処分する際に外しておいた方がいいパーツと外してはいけないパーツについて解説していきます。

目次

廃車にして処分した車から取り外せるパーツ

廃車にして処分した車から取り外せるパーツ

車から外しておいた方がいいパーツとは

廃車として処分する場合に車から外しておいた方がいいパーツとは、基本的に自分で後から購入して取り付けたパーツのことです。例えば、運転のしやすさを目的に高価なハンドルに交換したりレース仕様のシートに換えたりしている場合は、処分する前に外しておかないともったいない場合があります。カーナビやバックカメラ、カーステレオやテレビ、ETC車載機なども同様です。

タイヤのホイールなども純正品と交換している人は多いでしょう。車自体が古く、これ以上は乗れない場合でも、後付けしたパーツが高価でまだ使いたい場合や売却できそうなときには付けっ放しで処分せず、外しておく方が賢明です。

外す判断基準は次に乗る車でも使えるものかどうか

ただし、自分で付けたパーツであっても、何でも外せばいいということでもありません。外したところで使い道がなければ置き場所に困りますし、結局処分することもあるでしょう。行政が不燃ゴミや粗大ゴミとして回収してくれるようなパーツであればいいですが、車のパーツはリサイクル料がかかるものが多いため注意が必要です。

購入したときは高価なものであっても、現在の価格や需要について調べてからにしないと失敗につながります。または、次に乗る車でも使えるものかどうかを、しっかり判断しましょう。そのうえでパーツを取り外しておくべきか、それとも車に付けたまま処分するかどうかを決めることが大切なのです。

廃車した車から取り外せないパーツ

廃車した車から取り外せないパーツ

「解体」にあたる取り外しに注意

自分で購入して付けたパーツであればどれでも全部外していいとは限りません。純正品と交換しているパーツは要注意です。タイヤやホイール、シートなどはそもそも車になくてはならないパーツであり、廃車する際にこれらが外されたままだと「解体」とみなされる心配が出てきます。

車を解体するには「解体業」としての許可を必要とするため、自分の車であっても個人のパーツ取りは違法行為として罰金を課せられることになります。自分で購入したパーツであっても、外したら必ず純正品に戻しておきましょう。もしも純正品をすでに処分している場合は、パーツ取りはあきらめなければならない場合もあります。

そもそも純正品しかないパーツは、もちろん車から外してはいけません。車に本来あるはずのパーツが欠けている場合は「解体」になると考えておけばいいでしょう。

また、故人が所有していた車でパーツが変更されている車だと、純正品が残っているかどうか不明な場合もあります。所有者がいないと何をどう交換しているかわからないことも多く、勝手な判断でパーツを外すと面倒な問題にもなりかねません。

解体業者や買取業者などに相談を

例えパーツだけ欲しいという人がいても、解体業者や買取業者などに相談する方が安全です。パーツは外さずにそのまま廃車として処分してもらうのもいいでしょう。仮に車ごと買いたいという人がいても、違法改造になっている場合もあるため素人が判断するのは危険です。

パーツ取り外しサービスとは?価格と送料の目安はいくら?

パーツ取り外しサービスとは?価格と送料の目安はいくら?

取り外しても問題のないパーツや、純正品に戻しておけるパーツであっても、解体業者以外の人が自分で取り外したり交換したりするのは難しいものです。例え自分で外せても傷がついてしまう場合もあります。せっかくのパーツを破損させては意味がありません。また、配線が絡んでくることになると、よほど詳しい人でなければスムーズにいかないことも出てきます。そういった失敗を防ぐために、車を廃車する前にパーツを外しておきたいときはパーツの取り外しを専門に行う業者に依頼しましょう。廃車として預けてから必要なパーツだけ外して返送してくれるサービスもあるので、利用すると便利です。

取り外し費用と送料の目安はパーツによって異なります。ETCなら5000円程度で送料は1000円前後、CDやMDデッキなどのオーディオ類も5000円程度で、送料の目安は1000円ほどです。カーナビは種類にもよりますが取り外しは9800円前後、送料は1500円程度と考えておけばいいでしょう。バックカメラは1万円ほで取り外し可能で送料は1000円程度、タイヤやホイールを取り外す場合は1本当たり500円ほどですが、送料は1本につき1000円前後が目安です。返送してくれる際は梱包もしてもらえるので、特に希少なパーツなど大切なものは相談するといいかもしれません。専門業者を利用すれば、車を処分するついでに必要なパーツを伝えておくだけで外してくれますし、何より大切なパーツを法に抵触することなく安全に外せるのは大きなメリットになります。

  • ETC・・・取り外し5000円、送料1000円
  • CDやMDデッキなど・・・取り外し5000円、送料1000円
  • カーナビ・・・取り外し9800円、送料1500円
  • バックカメラ・・・取り外し10000円、送料1000円
  • タイヤやホイール・・・取り外し1本当たり500円ほど、送料1本につき1000円

この記事で解決しない方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っているCarMe車処分の窓口へお問い合わせ下さい。
面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。廃車予定だった古い車や事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

まとめ

  • 自分で購入して付けたパーツは外しても特に問題はない
  • 純正品が付いていたパーツを外したままにすると「解体」
  • パーツ取りを行ってくれる専門業者に依頼しよう

車を購入した後に自分で購入して付けたパーツは外しても特に問題はないパーツです。ただし、純正品が付いていたパーツを外したままにすると「解体」とみなされ、違法になるので注意しましょう。車のパーツの取り外しには、本来解体業者として許可を持っていなければなりません。パーツを安全に外すためにも、車の処分と併せてパーツ取りを行ってくれる専門業者に依頼することが一番です。

廃車の処分をお考えの方は一度ご相談ください!

最短10分で買取価格をお知らせします。

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様情報の入力

お名前
電話番号
都道府県
メール
任意

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

CareMe車処分の流れ

「CarMe車処分」なら45秒程度の簡単な情報入力で、申し込み完了!最短10分で廃車買取価格をお知らせします!
車の処分に関して不明点相談などがある場合も専門オペレーターが対応してくれるので安心!査定から廃車手続き完了までしっかりサポートします。

1.ネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取り。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。