乗らない車を放置しておくと、ガソリン代がかからないものの維持費は出費を避けられません。無駄な出費を避けるため、乗らない車を処分するか売却するか迷った場合には、まず売却の方向性を模索してみることをおすすめします。車の種類によっても処分方法は異なりますので、注意点を挙げながら乗らない車を上手く処分する方法について解説します。

目次

車の維持費ってどのくらいかかっているのか?

車の維持費ってどのくらいかかっているのか?

たとえ乗らない車であったとしても処分せずに維持するとしたら、維持費はどれくらいかかるものなのでしょうか?

車検代

まず車検代としてディーラーに頼めば、自賠責保険と経年劣化による修理代を含めて2年おきに20万円ほどかかります。ディーラーに頼まず民間の車検請負工場に依頼する場合も7万円から10万円程度かかります。特に不具合が無ければ自分で車検を通して数万円で済ますこともできますが、点検を素人が行うので運転上不安が残ります。

自賠責保険と任意保険

車検を通すには自賠責保険に加入することが義務付けられています。自賠責保険は保険金が小額なうえ対人賠償しかないので重大な事故に対応できません。そこで任意保険に加入する必要があります。任意保険はほとんど対人・対物無制限で、あらゆる事故に対応できるように設定されているものが多いですが、保険料は年間3万円から10万円くらいと幅があります。この差は加入者の保険使用回数や違反歴によるものです。たとえば無事故無違反で免許証がゴールドの場合は、ノンフリート等級が最高の20等級になって一番保険料が安くなります。

自動車税

また自動車税は排気量によって異なりますが、毎年春に3万円から5万円を納めなければなりません。

駐車場代

そして自宅に駐車場がない場合は、外部で駐車場を借りなければなりません。駐車場代は場所によって差がありますが、地方でも毎月5千円程度の利用料金が設定されており、都心部では3万円から5万円程度かかります。これは年間で6万円から60万円もの出費になり、上記の保険料や税金に比べても最も大きい負担になります。

車の維持費まとめ

  • 車検代:2年おきに数万円程度〜20万円程度(点検を依頼する場所による)
  • 保険料:年間3万円から10万円くらい(保険使用回数や違反歴による)
  • 自動車税:年間3万円から5万円(排気量による)
  • 駐車場代:年間6万円から60万円(地域による)

乗らない車の長期放置のリスクは?

乗らない車の長期放置のリスクは?

自然放電によるバッテリー上がり

乗らない車を処分せずに長期放置しておくと、車全体が次第に劣化していきます。まず自然放電によってバッテリーが上がり、エンジンがかからないという事態が生じます。特に高温の夏場は放電量が多く、日向に駐車した車はバッテリーが上がりやすくなります。こまめにエンジンを回して充電し直すことが必要なのです。

エンジンの故障

また野山に近い駐車場などはエンジンルームに野生動物が住み着くリスクもあります。エンジンルームに動物がいる状態でエンジンをかけると、ファンに絡まってベルトが切れてしまう危険性があります。エンジンオイルも劣化してエンジンの故障の原因になります。さらにエンジンにも錆が出て円滑に稼動しなくなってしまいます。またタイヤを回さないので地面に接した部分に負担がかかり、歪んで変形していきます。タイヤとアスファルトが接触していると樹脂部分が移動して劣化が進むのです。

タイヤの劣化とボディのサビや色落ち

その結果タイヤのひび割れがひどくなり、パンクの原因になります。ボディも風雨に曝したまま長期放置されると、鳥の糞が付着した部分などから錆が出始めます。日光に長期間曝しておくと、ボディのくすみもひどくなり色褪せていきます。まめな洗車をしないと汚れがこびりついて落ちなくなり、汚れの部分から錆び始めます。ガソリンタンクも満タンにしておかないと、内部で結露して発生した水分によって錆が広がり脆弱になってしまいます。

乗らない車は売却するべき

乗らない車は売却するべき

買取一括査定で売却する

乗らない車を処分する際には、まだ動く車であれば廃車を考える前に一括査定に出して売却する方法を一考しても良いでしょう。一括査定に出すには、ネットで自分の車の車種・年式・連絡先を入力して査定を申請するだけで十分です。電話番号を登録しておけば、複数の業者から連絡が入ります。自分の都合の良いときに業者に車を持ち込めば、隅々まで点検して査定額の見積もりを出してくれます。

自分で持ち込めないときは駐車場の場所を業者に伝えれば、業者が見に来て外観から判断できるおおよその査定額を提示してくれます。複数の業者の出した見積もりのうちで、最も高い価格を提示した業者と取引すればよいということになります。業者も買取したい以上、交渉次第で値段を上げてきます。そもそも中古車の買い取り価格に公式な基準のようなものは存在しないので、売り手と買い手の駆け引きで決まるのです。

廃車買取で売却する

廃車買取も同様で、古い型の車や故障で動かなくなった車でもパーツを外して使える部分があれば、買い取ってくれる可能性があります。

車検切れの場合

車検切れで動かせない車も業者が駐車場に来て査定してくれるし、買取可能ならレッカーで移動して引き取ってくれます。

車検切れの場合

他人名義の車はどうしても盗難車の疑惑が生じてしまうので、正式な手続きにより自己名義に変える必要があります。

金融車の場合

金融車とは車を担保にして借金をする際の対象物ですが、担保が実行されて所有権が移っていれば問題なく売却できます。しかし元の所有者が借金を返済し終えていなくても、まだ取り戻す意思があるにも関わらず売却されてしまったケースは厄介です。後に所有権をめぐってトラブルになる可能性もあります。

金融車の場

車のローンが終わっていない車でも売却は可能です。ただし車の名義が買主のものになっていることが必要です。さらに車を売る前に残りのローンを全て返すことが求められます。車の所有者が死亡している場合にも、相続人の名義に変更しないと売却することはできません。

この記事で解決しない方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っているCarMe車処分の窓口へお問い合わせ下さい。
面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。廃車予定だった古い車や事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

まとめ

  • 乗らない車放置しておくと車が劣化する
  • 修理費がかさみ無駄な出費が増える可能性も
  • 長期間乗る必要がないなら車が傷む前に売却を考えた方が賢明

乗らない車を動かさずに放置しておくと、どんどん車の劣化が進みます。それだけでなく相当の維持費もかかります。車を動かさないと修理費がかさむので無駄に出費が増えることになります。長期間乗る必要がないことが明らかなら、車が傷む前に売却する方法を考えた方が賢明です。車の名義やローンの残額には配慮が必要ですが、所有者が明確であれば一定の手続きで容易に売却できます。

廃車の処分をお考えの方は一度ご相談ください!

最短10分で買取価格をお知らせします。

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様情報の入力

お名前
電話番号
都道府県
メール
任意

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

CareMe車処分の流れ

「CarMe車処分」なら45秒程度の簡単な情報入力で、申し込み完了!最短10分で廃車買取価格をお知らせします!
車の処分に関して不明点相談などがある場合も専門オペレーターが対応してくれるので安心!査定から廃車手続き完了までしっかりサポートします。

1.ネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取り。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。